TOP >作品データベース >暗黒街のふたり

暗黒街のふたり

みんなの感想/評価
暗黒街のふたり
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    2
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数100
公開日
1974/4/27
原題
Deux Hommes Dans La Ville
配給
日本ヘラルド映画
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『暗黒街のふたり』BS録画で初鑑賞。元犯罪者と保護司との静かなドラマだが、ドロンとギャバン、この二人で見応えある映画に。叙事的な話運びに哀愁の音楽が流れ運命の終盤へ。ドロン必殺の瞳、その狂気、悲しみ。死刑宣告されたことのあるジョヴァンニ監督による再見をためらうような衝撃作だった。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『暗黒街のふたり』鑑賞。復讐を扱った文芸作。派手さには欠ける。あのアラン・ドロンが演じるくたびれ感というのは独特の感じがあるし、ギャバンも相変わらずいいんだけど、もう少しユーモアがあっても良かったとは思うな。
    いいね

    普通
  • xxtonchiki
    『暗黒街のふたり』やっぱりアランドロンの「目」だよね。監督も判ってるからラストシーンのあの「目」を撮ったんだと思う。J・ギャバンはさすがの存在感。あ、暗黒街の2人っつうてもギャング映画じゃないよ~う。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • croaton0
    【暗黒街のふたり】 偽善と先入観が誠実に生きようとする者を貶めていく様が心苦しさを抱かせ、抗うも過去ゆえに苛む主人公を演じるアラン・ドロンの端整さが悪意を前に誠実さがいかに薄弱であるかを意識させる。鑑賞後の無力感がなんとも… https://t.co/lNXrDBqrhJ
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3901movies / tweets

    follow us