TOP >作品データベース >ラストタンゴ・イン・パリ

ラストタンゴ・イン・パリ

みんなの感想/評価
ラストタンゴ・イン・パリ
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    6
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
14
ポジティブ指数85
公開日
1973/6/23
原題
Last tango in Paris
上映時間
129分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『ラストタンゴ・イン・パリ』4Kデジタル。恐ろしく美しい映像。お互いの存在を曖昧にするアパルトマンの一室の逢瀬が招く悲劇。ポールの底知れない妖艶さが醜悪に一変すると、これまでの情事も違った印象に。ラストタンゴだけが純粋な愛だった。
    いいね

    良い
  • ONOUEX
    『ラストタンゴ・イン・パリ』描写だけではなく言動が過激
    いいね

    普通
  • sasorikantoku
    『ラストタンゴ・イン・パリ』官能映画という言葉が似合う。孤独なマーロンブランドとマリアシュナイダーの傷の舐め合いセックス。映画監督のJPレオに共感。ラストタンゴのシーンはデカダンスの極み。冒頭のフランシスベーコンの絵と音楽に痺れる!
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』この頃のブランドは存在そのものがカルトといった俳優だったので、彼と愛らしいマリア・シュナイダーのプロモ映像として観てもいいかもしれない。主役の二人が既に故人であるということからも、伝説になった作品。
    いいね

    良い
  • yoko_f
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』若かりしマーロンブランド(でも四十男)のフェロモンは説得力あるけど、突発な始まりと経過と結末、結局オンナの直感が全てを決める。若くて綺麗な女の力にマトモに勝負しちゃダメ。◯ 細切れじゃなくも一回見たい。
    いいね

    普通
  • WaseiG
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』鑑賞。残念ながら全く作品の世界について行けなかった。世界観を優先させるなら、おっちゃんの状況をもっと早い段階で明かすべき。逆におっちゃんにスポットを当てたいなら、もっと観客に理解させる作りにして欲しい。下手だとは思わないが、好みではない。
    いいね

    残念
  • mokomokobakudan
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』オサレ過ぎて受け付けないのを覚悟して見ましたが、意外と面白かったです。アパートで見知らぬ男女が体を重ね合う話です。マーロン・ブランドの演じるオジサマは、最初は得体が知れず、なんだか怖いです。ですが後半のあるシーンから明確に彼の印象が変わっていきます。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』名前や過去を語らない関係...なんと究極。これまで観てきた情事のシーンは、すべてこの映画の影響化のような、そんな原石を見つけた感覚に。映像センスも凄い。ベルトリッチは未見が多い、大事に観ていきたいなあ。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』なんだろうなあ。今観ると当時話題を呼んだSEXシーンもそれ程のインパクトはない。そんだけ見るわたくしが視覚に対してすれたんだろうけどマリア・シュナイダーの若さだけは切なく痛い。時代が変わっても。
    いいね

    良い
  • mokomokobakudan
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』男がこうなってしまって女がああやってしまうラストもよかったんですが、この逆のパターンを描いた映画なりなんなりってあるんでしょうかねえ。大抵このパターンが多いですね。とっても切ないラストでした。あと、どこを切り取っても絵になるような映像も凄かったです。
    いいね
  • mokomokobakudan
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』体を重ね合うとかキモい言い方ですが、要するにバターをあそこに塗ったり、ケツの穴に指を入れたりします。エロいというより痛々しくて感情的に盛り上がらないです。多分これらはラブシーンじゃないんですね。ラストタンゴのシーンが唯一のラブシーンかなと思いました。
    いいね
  • jugglertubokabi
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』F・ベーコンの絵画をモチーフとし、絵画的なフレームの連続の中で、それぞれの時代を背負った二人の男と父殺しを経て成長する女を描く。とか書いとけば、まさかイタリアで即座に上映禁止になった映画とは思わないよな!
    いいね
  • ronyoritsumoko
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』爆笑問題の太田さん推薦作品。エロいエロいと事前に強調され過ぎて、実際に見るとなんともまぁ大人の性愛ですこと。いまいち受信できなかった。
    いいね
  • SwitchedOnLotus
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』説明的な台詞が多すぎるし全体的に古臭い。ただ、タンゴ大会のシーンにはさすがベルトルッチだと瞠目した。
    いいね