TOP >作品データベース >次郎長三国志

次郎長三国志

みんなの感想/評価
「次郎長三国志」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    3
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
5
ポジティブ指数100
公開日
2008/9/20
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
祝言を挙げたばかりの妻・お蝶(鈴木京香)を残し、三年にわたる渡世修行に出かけた駆け出し博徒の次郎長(中井貴一)。彼は、自身の右腕となる大政(岸部一徳)、悪臭を持つ坊主くずれの法印・大五郎(笹野高史)、意外な素顔を持つ森の石松(温水洋一)、伊達者の美青年・追分政五郎(北村一輝)ら子分たちと旅を重ねるうちに、次郎長の男っぷりに惚れ込んだ者が次々と仲間に加わっていく。そして、ある事がきっかけで、次郎長の名は東海道中に知れ渡る。だが、その名が知れ渡れば知れ渡るほど、敵は増えていく…。そんな中、次郎長は、お蝶が病に倒れるは、非常事態が発生するはで絶対絶命のピンチに――。次郎長、そして子分たちが選ぶ運命はいかに? デビュー作『寝ずの番』に続く、マキノ雅彦(津川雅彦)監督、第二作目となった本格大型時代劇。
© 2008「次郎長三国志」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • paranoiaquality
    『次郎長三国志』剣劇でなく人情喜劇にしたのが奏功して面白いんだけど登場人物とエピソードが多すぎてなんかダラダラ長い印象。三馬政に石松、小政、大政とキャラが立ってるからゴチャつくことはないけどメインキャラ多すぎだしラストも長い。
    いいね

    普通
  • kohjism
    『次郎長三国志』芸術性に背を向けてベタベタな娯楽に徹した結果新たな様式美が生まれたと云える。例えば竹内力の悪人の造型の笑っちゃうほどの紋切り型とか。今の時代には次郎長も石松も大政小政もイメージがないから自由に作れるのかも。
    いいね

    良い
  • coffee_pote
    『次郎長三国志』やはり渡世人の出てくる映画は面白い・・・ だけど終わり方はもう少しどうにかならなかったのか・・・w #映画 #movie
    いいね

    良い
  • croaton0
    とても爽やかな出来映えで内容、登場人物ともに時代劇固有の“傾き”が抑えられているため時代劇を敬遠している人も無理なく楽しめる内容。今後もこういった見易い時代劇作品が増えれば敬遠気味だった人も徐々に興味を持ってくれるかもしれない
    いいね

    普通
  • two_graman
    映画『次郎長三国志』☆☆☆監督:マキノ雅彦、好きだな。とてもいい塩梅。
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    624ken
    4354movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us