TOP >作品データベース >沈黙の追撃

沈黙の追撃

みんなの感想/評価
「沈黙の追撃」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    3
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
5
ポジティブ指数100
公開日
2006/1/28
原題
Submerged
配給
アートポート=GAGA
上映時間
96分
解説/あらすじ
南米のテロ組織を壊滅すべく結成された7人の戦争エキスパートが、陸・海・空を舞台に闘いを繰り広げる戦争アクション。主演は「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガール。共演に「ソードフィッシュ」のヴィニ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • paranoiaquality
    『沈黙の追撃』クライマックスでまさかのゴッドファーザー3風オペラ上演中の暗殺計画に驚かされるし、地獄の七人風チームプレイとセガール映画の新境地、なんだけどチーム戦故数少ない格闘シーンがカメラ割や編集で誤魔化してるし洗脳に何の意味が?
    いいね

    良い
  • kiruria281
    いつものセガールのスタンドプレイとは違い、多くの仲間がいるので、いつものセガールに飽きたならそれなりに面白い作品。背景のネタもアイデア的にはなかなか面白い。裏を返せばセガールの出番がそれなりに減るが。『沈黙の追撃』#movie
    いいね

    良い
  • paranoiafreaks
    『沈黙の追撃』オープニングはいつものセガール映画。が、本題に入るとなんとセガール映画唯一の地獄の七人風チームプレイ。更にクライマックスではオペラ上演中の暗殺阻止というゴッドファーザー3風展開で、’00年代セガール映画では面白い方。
    いいね

    良い
  • AZ_PUNCH2
    『沈黙の追撃』近年の作品のわりにビックリするほど作りが古臭い。そこはまあいいとしても、セガールの活躍が少ないのがセガール映画として致命的過ぎる。ちょっと小走りで戦車壊しに行くセガールしか覚えてない。
    いいね

    普通
  • croaton0
    セガールと共に戦う兵士達の顔とプロフィールを見せる演出は安っぽく古臭さを感じるが一部の人は古さ特有の魅力と懐かしさを感じるかもしれない。 酷過ぎるマインドコントロールもどきは辛うじて目を瞑れるが、セガールの格闘シーンが殆ど無いのはアウト
    いいね

    普通