TOP >作品データベース >吸血鬼ゴケミドロ

吸血鬼ゴケミドロ

みんなの感想/評価
吸血鬼ゴケミドロ
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    3
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
7
ポジティブ指数100
公開日
1968/8/14
原題
Goke,Body Snatcher from Hell
配給
松竹
上映時間
84分
解説/あらすじ
 
松竹
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sasorikantoku
    『吸血鬼ゴケミドロ』登場人物の心理も行動も状況設定も意味不明な怪作。全員黒い欲望塗れでベトナム戦争反対というテーマが根底にありタランティーノに多大な影響与えてる!怖いという評判は宇宙生物ゴケミドロではなく人間のエゴや残虐性だった
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『吸血鬼ゴケミドロ』鑑賞。低予算っぽい工夫に満ちて、ゲテモノぽい魅力の作品。物語の進行を画面からも伝えて欲しかったかな。それでも「他と違う作品にしたい」って感じが良かった。
    いいね

    普通
  • tomorrowworld
    『吸血鬼ゴケミドロ』結局一番恐ろしいのは理性を捨てた人間という今のゾンビ映画全般にも当てはまる普遍的テーマ。閉鎖的環境の作り方や、生き残った人間たちの職業故のその後の行動が素晴らしい。あー面白かった!
    いいね

    良い
  • croaton0
    後半から登場人物の行動に色々と矛盾が出てくるが高英男演じる暗殺者の額が割れゴケミドロに乗っ取られる怪奇色の強いシーンはインパクトがありラストのクオリティの高さは現在でも十分通用する。
    いいね

    普通
  • jugglertubokabi
    『吸血鬼ゴケミドロ』。電気グルーヴの迷曲『スペースインベーダーのテーマ』の元ネタと思われ。テンポ良く生存者がゴミ野郎になっていく姿は見ていて微笑ましい。#eiga #movie
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • frogsplash93
    『吸血鬼ゴケミドロ』、額パックリの高英男が姿を現すたび「おおー、来た来たー!」とワクワクした☆『ノー・カントリー』のアントン・シガーもそうだったなあ。2人とも無言で追ってくるコワい人なのに、見ていたいという。それにしても、シャンソン歌手があの役を、という振り幅が強烈!
    いいね

    良い
  • tomorrowworld
    『吸血鬼ゴケミドロ』この作品が公開されたのが1968年8月で、人を襲うカニバリズムなどの現在のゾンビ映画のパターンを形成したと言われる「ナイト・オブ・ザ・リビンゲデッド」が1968年10月らしい。ほう。
    いいね