TOP >作品データベース >日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

みんなの感想/評価
日本のいちばん長い日
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    40
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
54
ポジティブ指数100
公開日
1967/8/12
原題
The Emperor and a General
配給
東宝
上映時間
157分
解説/あらすじ
 
東宝
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • onigawara_shoto
    『日本のいちばん長い日』戦争で100%勝ち続けるのは不可能でいつか必ず負ける。戦争を始めたら必ずこの日が来る恐ろしさを知った。
    いいね

    良い
  • onigawara_shoto
    『日本のいちばん長い日』国家という巨大な組織が戦争を止める事の難しさを痛感。"勝てば官軍、負ければ賊軍"戦争をした国も畑中達も、負けを認める事=自分が悪になってしまうから止められないのかな。
    いいね

    良い
  • pointerQ
    『日本のいちばん長い日』彼らの人生を賭した戦いは全くの無駄であったことを突きつけられ、戦争は終わる そして死よりも恐ろしい平和がやってくる 素晴らしい反戦映画
    いいね

    良い
  • pointerQ
    『日本のいちばん長い日』国を守らんとする気持ちは皆一緒だと鈴木総理は言っていたが、若い将校達は「今まで自分が信じてきたものを嘘にしたくない」という我儘を貫き通し、国ではなく自分を守りたかったのだろう
    いいね

    良い
  • pointerQ
    『日本のいちばん長い日』フィクション故の誇張があるとは言え原爆2発落とされてもクーデターが起こるほど抗戦派が居たことにゾッとする 行き過ぎたプロパガンダが一人歩きを始め、逆に守るべき国を滅ぼそうとするとはなんたる皮肉か
    いいね

    良い
  • jgsdf1954
    『日本のいちばん長い日』うーん、素晴らしい。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『日本のいちばん長い日』#eiga #Movie それにしても黒沢年男の終始瞳孔が開きっぱなしの演技。三船の眉間の皺。だが一番印象に残ったのは終戦ぎりぎりに飛び立つ特攻隊の青年たちの顔。これはもう現代では撮れない。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『日本のいちばん長い日』#eiga #movie 長いし、モノクロなのに、一時も退屈しなかったってのは凄い。一番思ったのが「今」の感覚で当時を考えてもそれは違うってこと。そのことに想像が追い付かない部分を映画が見事に埋める。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『日本のいちばん長い日』#eiga #movie 皇太后が玉音放送聞いたとき「何を言っているかわからなかった。でも大人たちが急に歓声をあげたりがっくりしたりで終戦かなって思った」って言っていたけど、その玉音放送にこれほどのドラマ。
    いいね

    良い
  • mittag__
    『日本のいちばん長い日』 「日本の国力の余命は僅だった」「(終戦は)日本帝国の葬式だからね」などの擬人表現が良かった。当時の精神性がよく表されていて趣があった。
    いいね

    良い
  • polo1026
    『日本のいちばん長い日』岡本喜八版。8月14日の御前会議から15日の玉音放送までの24時間。夏の暑さと終戦を迎えようと動く人々の緊迫感が迫ってくるような映像。青年将校らの反乱が未遂に終わってよかった…
    いいね

    良い
  • allgreen
    『日本のいちばん長い日』つづき。昨日観た「沖縄決戦」でも感じたけど、登場人物字幕解説は状況が飲み込み易くて助かる。決まり台詞もピシッと突き刺さるし、構成もお見事。鈴木阿南畑中、三者の心情も響くだけに、結末が分かっていてもドキドキ。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『日本のいちばん長い日』鑑賞。1967年の岡本喜八版。モノクロなのに夏の暑さがしっかりフィルムに焼き付けられている。軍服ににじむ汗。額から頬から流れる汗玉。蝉の声と陽射し。夜になっても息苦しい。そしてひとびともエモーショナル!
    いいね

    良い
  • yoko_f
    『日本のいちばん長い日』畑中のイっちゃってる目が凄かったんだが、みんなちょっとずつ狂気を含んでいる。あの日は長いだけでなく暑い日だったんだな。あの汗じみ。◯
    いいね

    良い
  • kaxtukori
    『日本のいちばん長い日』1967年版。体中にちからを入れて観ていたのか、鑑賞後ぐったり。モノクロで解りづらいが、男達の汗を見よ。夏の暑さだけでない、なにものかに追い詰められた人たちの汗。終盤の字幕で考える。あの戦争はなんだったのかと。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『日本のいちばん長い日』1967年版。生々しく緊迫感のある映像の連続にとにかく圧倒された。じっくり見せるカメラワークとカットのテンポの良さ、俳優の重厚な演技が素晴らしく157分全くダレない。特に畑中少佐役の黒沢年男の狂気すら感じる異様に暑苦しい演技は圧巻。
    いいね

    良い
  • mikitron_rid
    『日本のいちばん長い日』原田版の予習に鑑賞。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『日本のいちばん長い日』鑑賞。手順を踏ませBGMを排することで生まれるリアリティと緊張感。カメラの動きも非常に効果的で巧み。むせかえるほど男臭く暑苦しい。そしてそれぞれの俳優が見事に生き生きしている。
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『日本のいちばん長い日』太平洋戦争末期の模様を描いたノンフィクション群像劇。多くの人物の様々な思惑、様々な行動。ポツダム宣言受諾という教科書では数行の内容をこれでもかと言う程の緊迫感を持って魅せる。戦争経験のある役者たちの演技が光る。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『日本のいちばん長い日』DVD鑑賞。単なるドキュメンタリーでなく、様々な人物を(特定の立場に偏らずに)生き生きと描いていて、見応えのあるドラマだった。戦争を体験している役者達の気迫ある顔つきに国や歴史に対する尊厳さえ感じた。当時の思いが現在どうなっているか、いろいろ考えさせらる。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...