乱れる

みんなの感想/評価
乱れる
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数100
公開日
1964/1/15
原題
Yearning
配給
東宝
上映時間
98分
解説/あらすじ
 
東宝
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『乱れる』成瀬の兄嫁になると小津の嫁とは違いどうにもならない心情というのが高峰秀子の髪の乱れとして表現されている。髪を上げて戦時中から酒屋で働いてきたお上さんという姿から実家に帰る電車でのほつれ、そしてラストの乱れ髪の見事さ。
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『乱れる』観賞。鳥肌物の傑作!日常において本音が表出する瞬間の恐ろしさをこれでもかというくらい突き付けてくる。それは台詞に加え、演出の端々から感じ取れる。身体感覚に染みついた怖さ。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『乱れる』旦那が高峰秀子のために書いた脚本がきれいごとすぎて辛いなこりゃと思ってたら流石成瀬映画、後半やはりうねる。そこから銀山温泉の朝の描写がこれがもう絶品で。加山雄三の使い方も面白いし舞台商店街やし。商店街キッズとして★プラス1。
    いいね

    良い