TOP >作品データベース >女は女である

女は女である

みんなの感想/評価
女は女である
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    7
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
10
ポジティブ指数100
公開日
1961/12/8
原題
Une Femme est une Femme
配給
新外映
解説/あらすじ
 
新外映
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • boushi24
    『Une Femme est une Femme』心に余裕がある時でないと受け入れられないような作品。ポップで装飾的、退屈といえば退屈な、余興的映画。子供を作る作らないってお話でしかないので。多分即興的に作ってるにせよ色使いとか相当美術的な素地がないと出来ない作品なのかなと思った
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『女は女である』 ▼8/5/18鑑賞 【オールナイト上映(魅惑の旋律に包まれて 陶酔!ミシェル・ルグラン ナイト)(35mm)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『女は女である』特にアズナブール「のらくらもの」んとこはもう『情事』の翌朝モニカ鼻歌級。歌詞もたまらんし聴いてるアンナカリーナの表情もたまらん。元カノの手紙いきなり見せて動揺させて撮ったとか。ゴダールさんになら抱かれてもいいと思った。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『女は女である』某書に「ゴダール作品中もっとも素朴で楽天的な映画」て書いてあったけど、まさに。色彩をも味方につけたラウル・クタールのカメラとミシェル・ルグランのスコア。ゴ氏曰く「人生が音楽つきでないことに対する未練」だとか。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『女は女である』冒頭から高らかに宣言されたアンナカリーナの身体の線賛歌としてのゴダールミュージカル風妊娠狂想曲。嫁サンプル集とはいえうすらとぼけたゴダールさんの編集の切れと小ネタで嫌味なく。私的ラブコメ部門歴代最高傑作(暫定)。
    いいね

    良い
  • intheair2
    『女は女である』#movie 「コレだから女って奴は!」って怒ってるけど顔がにやにや。 アンナカリーナがキュート過ぎっよ。
    いいね

    良い
  • croaton0
    本のタイトルを使っての無言の口喧嘩とバーテンヘの質問のシーンは好き。でも手法が奇抜(それとも実験的?)過ぎて所々で醒めてしまいノリに乗りづらい。
    いいね

    普通
  • SwitchedOnLotus
    『女は女である』ゴダールがこんなに楽しい映画を撮っていたとは驚きだ。特筆すべきは「音」に対する鋭敏さ。クタールのポップな撮影やアンナ・カリーナのコケティッシュな魅力とも相俟って個人的には最高傑作の一つと思う。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • LionGAOH
    国立映画アーカイブ開館記念 シネマ・エッセンシャル 2018 小ホール初めて入ったぜ ロビーにゴダール『女は女である』のデカいポスターあった 展示室の常設展、くるたびちょっとずつみてたやつ。ようやく最後まで到達
    いいね

    良い
  • LionGAOH
    『女は女である』 初ゴダール! 途中 腹立つんだけど結局はおもしろい ラストの軽妙 https://t.co/PLK9Gjs6Kb
    いいね

    良い