家族

みんなの感想/評価
家族
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
6
ポジティブ指数100
公開日
1970/10/24
原題
Where Spring Comes Late
配給
松竹
上映時間
106分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • gk21nika
    18209『家族』あー、いいですねえ。厳しいけど、良い時代ですね。「故郷」という作品もそうでしたが、なんてゆーか、こう、「足るを知る」と言うかね、そんな事を気付かせてくれますね。素晴らしいキャスト!何より倍賞さんが美しいね!
    いいね

    良い
  • wantmoat
    当時伊王島はこんなだったか、日本を縦断する列車の旅はこんなに大変だったのかと。たくましく、健気な民子を演じる倍賞さんが美しい。
    いいね

    良い
  • ZEROtatsuya
    『家族』民子三部作の第一作。長崎の伊王島から北海道の中標津へ、開拓民として移住する家族の道中の話。時代も時代だし、相当過酷な旅だし、中標津の自然も厳しいけど、描き方がユーモラス。倍賞千恵子が美しい。1800円満点で1800円。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『家族』笠智衆さんは一人で公園の隅で出番を待ってた。サインをくださいってお願いしたらノートの切れ端にわたくしがランドセルから出した鉛筆できちんと真面目な字で「家族」笠智衆って書いてくれた。母が「普通はこんなものに書いたりしないんだよ」。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『家族』1970年、万博に沸く高度成長末期。それに取り残されたような家族の日本縦断ロードムービー。当時の社会の光と闇や、家族の苦難と再生が描かれる。エピソードやラストが短絡的すぎるが、ドキュメンタリーのような味わいもある意欲作。
    いいね
  • xxtonchiki
    『家族』最初の結婚式のシーンの教会のある島にわたくしは住んでいたのさ。
    いいね