Playback

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    15
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
470
ポジティブ指数96
公開日
2012/11/10
上映時間
113分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『Playback』話の行き先、ジャンルも分からず進みSFやドキュメンタリーのテイストまで。役者の表情やアクション、それを捉えたショットがとにかく心地よい。彼らのバイブスやアンサンブルで時空が反復したりズレたりして魅力的な映像空間が生み出される。そんな演じ続ける人生プレイバック。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『Playback』鑑賞。映画の自由さ、いや本質に触れたような気がする面白さ。それは役者の動きをずっと見ていたくなる(村上淳が最高)楽しさであり、時空や物語、メッセージなんてものを超えて流れる映像に身をまかせて魅了される(または混乱する)時間のこと。何だか解放されたような気分だ。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『Playback』備忘録。世捨て人のような主人公が、年齢そのままの格好で高校生になって過去に入り込んでいく様子は最初内容がつかみとれなかったが、モノクロで展開されると不思議と入っていけた。過去と現在のクロスがうまく理解できていない気がするし、もう一回観たい作品。
    いいね

    良い
  • tyokokyariko
    『Playback』自堕落な雰囲気だが、何気にスケボーをカッコよく乗りこなすハジは女性にとって好きになったら離れられないタイプかも。監督自身が上映後「ダメ男萌え~な映画。余韻を味わってほしい」と評した。村上淳は高校生でも違和感なし。
    いいね

    良い
  • tmc_stm
    『Playback』差異と反復。演劇的で現実的なリアリティ。変な言い方だが。中年の姿のまま高校生を演じさせる嘘の共有や、無意味に同じな役名、説明なしの新郎の骨折等々、小説より奇な現実的事象をそのまま持ち込んで成立させる腕力がものすごい
    いいね

    良い
  • tmc_stm
    『Playback』やっと見れた。噂に違わぬ傑作。才気ばしりまくり。ただ、乗ってきた所でplaybackするため最後まで話に入り込めなかったのも確か。感動なんか求めて作ってないだろうけど。「Passion」のキャストが二人!(嬉)
    いいね

    良い
  • _oga
    『Playback』@バウス とてもよかった。ずっと観ていたい。
    いいね

    良い
  • oonoko
    『Playback』@バウス とてもよかった。ずっと観ていたい。
    いいね

    良い
  • yoursilentface7
    【Playback】今流行りの時間軸操作モノかな?なんて勘繰りは気持ち良く裏切られた。曖昧な記憶の奔流に飲み込まれていくような体験。70年代アメリカ映画のような乾いた叙情。映画的な魅力に溢れたシーンの数々。大橋トリオのED曲も絶品。
    いいね

    良い
  • ka_mito
    『Playback』★★★☆☆ 前半のまだるっこしさがなければもう少し良い作品だった。ドニーダーゴとかバタフライエフェクトみたいな記憶系の難解作品が流行っていた時期だったら、もっと評価されてたかもしれないね。世が世だったら…って作品。
    いいね

    良い
  • BellissM
    『Playback』村上淳、三浦誠己、河井青葉(美しい耳) どの役者も素晴らしい求心力。なかでも渋川清彦は凄くいい。この映画に彼がいなかったら印象はだいぶ違う筈。何時もの様に何時ものごとく”あんちゃん”としか言い様のない 愛おしい存在。
    いいね

    良い
  • BellissM
    『Playback』後に戻ったように感じる事が、実は動いた結果であって進んでいたりする。行ったり来たりしながら揺れ動き再生していく。そしてまた次の日がくる。
    いいね

    良い
  • BellissM
    『Playback』何も感じない「無」でいることが一番楽で不安もなにもかも感じずにひたすら流れる時間を無でやり過ごせばいい。そこには絶望もない代わりに希望もない。もちろん「再生」もない。
    いいね

    良い
  • BellissM
    『Playback』視界がおぼろげになる白と黒の世界。知覚のメカニズムに訴えてくる闇と光 いっぱいの余白。繊細なことを積み上げて映像でしか表現出来ないことに挑戦。映画の可能性を信じていいと確信。今も脳内再生 Playbackしてるところ。
    いいね

    良い
  • kasuyato
    『Playback』ディケイド所属の大好きな俳優ばかりでてくる映画ということで見たが、とってもおもしろい映画。モノクロな世界とストーリー構成がすごく不思議な感覚にしてくれる。もう一回みたい。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • noriko_kyoto
    「Playback」アラフォーのファンタジー。上映後にムラジュン、渡辺真起子さん、KEEさんのサイン会。 @ 京都シネマ http://t.co/Nq3dBD6VSC
    いいね

    良い
  • 624ken
    オーディトリウム渋谷で『Playback』を鑑賞。村上さん、渋川さん渋くてかっこええなあ。哀愁感たっぷりで、情緒あるモノクロ映像よかったです。
    いいね

    良い
  • shoccco
    「Playback」オーディトリウムになってやっと初の鑑賞だったけど、単館系好きとしては、村上淳、渋川清彦、三浦誠己、山本浩司、渡辺真起子と、単館系日本映画を支える俳優陣の共演は夢のよう!モノクロの映像、英語字幕、なんの違和感もない演技に大橋トリオの音楽。かなり私得な映画でした。
    いいね

    良い
  • jun7704
    映画『Playback』、もっと勇み足発言をすると、映画の発明者であるリュミエール兄弟が日本に派遣したガブリエル・ヴェール以来、約100年後にようやく日本人は三宅唱監督の手によって映画を撮ることができたわけです(小津も溝口も増村も物語の力を素晴らしく上手く利用したのであって…)。
    いいね
  • jun7704
    ものすごく勇み足な発言ですが、少なくとも男性の俳優は『Playback』を観たら、あのムラジュンのように素晴らしく撮ってもらいたくこの監督の映画に出たい!とおもうはず。いや、ムラジュンなり渋川清彦は映画俳優という職業にしかるべくかなりの映画マニアなわけですが。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    624ken
    4359movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us