TOP >作品データベース >スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー

みんなの感想/評価
「スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
4
ポジティブ指数50
公開日
2008/4/26
原題
A Swedish Love Story
解説/あらすじ
春の日が降り注ぐストックホルム郊外の療養所。15歳の少年・ペールは、美しい瞳とあどけない仕草が魅力的な14歳の少女・アニカに一目ぼれをする。ある日カフェで再会をした2人は急接近、初めての恋を味わうのだった。そして夏の終わり、アニカはペールの別荘に訪れる。彼らの幼い恋は確かなものへと変わっていく――。ロイ・アンダーソンが弱冠26歳で撮り下ろした長編デビュー作。14歳の少女・アニカと15歳の少年・ペールのみずみずしい恋愛模様を描いたラブストーリー。1970年ベルリン国際映画祭特別推薦作品として出品された。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tweet_eiga
    『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』なんだこりゃ。
    いいね

    残念
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • culpon
    スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー。愛おしき隣人が、愛おしい映画だったのでおなじ監督さんのこの作品を。背のびしたい年ごろの少年と少女の恋のおはなし。みているとこころがツーンとなる。ヒロインの少女は美少女でどきどきする。おとなの事情なんてかまわないくらい恋に夢中なふたりがかわいい
    いいね

    良い
  • riley0317
    『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』 序盤は方向が定まらず、中盤にやっと10代の初々しい恋模様がキレイに描かれて安定してくる。けど終盤で急激な方向転換で迷走。雰囲気は良かっただけに、勿体無い。と言うか欲張りすぎた結果なのかな。
    いいね
  • yudutarou
    『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』オートバイ(原付だけど)と美少女の登場で観た甲斐はあったけど、映画自体はさかりのついた子供を延々見せられる感じ。同時代で観てたらユースカルチャーの台頭や性の開放等とリンクして高揚感があったのかな?
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2955movies / tweets

    follow us