TOP >作品データベース >市民ケーン

市民ケーン

みんなの感想/評価
市民ケーン
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    17
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
24
ポジティブ指数100
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • LionNEXT
    『市民ケーン』 ▼2/23/19鑑賞 【特集上映(オーソン・ウェルズ特集)(BD)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • aiohazad
    私的に尊敬するエドウッド氏も感化された本作。こんな昔によくもまぁこんな作品を作れたものだとただ感服するばかり。
    いいね

    良い
  • kiku_21
    『市民ケーン』なんでも手に入れ自分の思うとおりに生きた男は、それゆえに愛を知らず一番ほしいものは結局手に入れられなかったという皮肉。名作と言われるのもわかる。
    いいね

    良い
  • xsizuku
    『市民ケーン』当時は斬新だったと思われる手法も多々使われており、芸術性と娯楽性を兼ね備えている。間違いなく歴史的価値のある作品だが、映画史上歴代一位というほどでもない。話の筋が知られすぎているということもあって、感動はしなかった。
    いいね

    良い
  • johnny_pay_pay
    『市民ケーン』10/10点。 膨れあがっていくが、中心のピースは欠けており、ゆえに全て崩れてしまった悲しき男の話。 そんな男と付き合ってしまったスーザンの哀れさよ。悲劇がそう見られないなら、それこそが本当の悲劇だろう。
    いいね

    良い
  • intheair2
    集計アンケートすると大抵オールタイムベスト1位になる『市民ケーン』#movie ポップ音楽で言えばビートルズみたいな。みんなが5位以内にはいれるから集計すると1位になる現象。
    いいね

    良い
  • momotete
    『市民ケーン』名作中の名作。映画鑑賞の基礎の基礎。 好き嫌いではなく、ベースにあるもの。優れた作り手の作品はいつ見ても色褪せないという事のお手本。 「バラのつぼみ」とは?へのラストシーンこそ、普遍的な人間の生き様を示してる。
    いいね

    良い
  • jedi_kk
    『市民ケーン』やっと見た。名作中の名作と言われたこの作品。確かに惹きつけるものはあると思う。薔薇の蕾とは何なのか。サスペンス風なのもいい。でもクラッシック作品の中では『素晴らしき哉人生』が1番好きかな。
    いいね

    良い
  • peppertochiji
    『市民ケーン』観た。大富豪ケーンの「薔薇のつぼみ」という最後の言葉の謎を追い、関係者への取材を通してケーンという男の人生を追っていく話。モノクロの画以外からはほとんど古さを感じない。名作と言われているのにも納得。
    いいね

    良い
  • vonovashi
    『市民ケーン』 初見のときは、正直そこまでハマったわけではなかったが、映画の内容や技術・演出の凄さ、オーソンウェルズのカウンター的精神を知る度に、どんどん良さが分かってくる。文句なく名作でした。
    いいね

    良い
  • vonovashi
    『市民ケーン』 (続き)手に入れられなかった」であるが、作中のキーワードとして使われている"Rosebud"という言葉が、現実ではハーストが愛人の◯◯◯を指して呼んでいた言葉だったり、こういう遊び心の部分も含めてやはり素晴らしかった
    いいね

    良い
  • vonovashi
    『市民ケーン』 (続き)形式で一人の男を様々な人物の証言に基づく視点でのフレッシュな描き方だったり、ランドルフ・ハーストという実在する人物を描くスキャンダラスな内容だったり。内容的には「すべてを手に入れたが、唯一欲しかった愛だけは
    いいね

    良い
  • vonovashi
    『市民ケーン』 世界最高の映画の一つとされている映画。パンフォーカス(被写界深度の深い撮影)を生み出し、背景にはっきりピントを合わせ画面全体を作り込んでいる。さりげない一つ一つのシーンに映像的な意味が仕込まれていたり、インタビュー
    いいね

    良い
  • akama_flash
    『市民ケーン』「バラのつぼみ」というケーン氏の最期の言の秘密を探るべく、故人の人生を取材する物語。私の好きな「ほどよい長さ」で、ターゲットの登場人物がほどよく入れ替わり、それでも主格たちがちゃんと同じなので見ていて安心。評価:良
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『市民ケーン』(オーソン・ウェルズ)鑑賞。今まで観て無くてすみません。現在の映画にも通じる技法の見本市で、一度観ただけではそのすべてを網羅しきれていない。個人的に一番重要だと思ったのは反復の使い方だった。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    パンフォーカスを駆使して前景後景に別々の運動を生起させる様、長回しにおけるクレーン、天井が映り込む仰角ショットの数々、巧みな省略、そういった諸々の用法が多大な影響を及ぼした。しかし本作は映画史上どころかウェルズの最高作ですらない。
    いいね

    良い
  • Eureka751
    『市民ケーン』凝ったシーンの繋ぎなど、技術的に現代に引き継がれている要素が満載。物語も愛情を求める心情から幼少時代の思い出へと繋がるオチに"女性"の隠喩を込めたのも文学的。確かにこれはマスターピースなのだと思った。
    いいね

    良い
  • peppertochiji
    『市民ケーン』どこで、だれが言っていたのを見たのか忘れてしまったが、「『ソーシャル・ネットワーク』は現代版『市民ケーン』」っていう言葉に納得。
    いいね
  • rumia1126
    『市民ケーン』一人の男の一代記。
    いいね
  • mokomokobakudan
    『市民ケーン』見たよ。バラのつぼみ!!いいね!物語の帰結は本や授業で知っていたので、すんなり入れたかな。意外と勢いがあるというか、グイグイ展開していくのだね。最初のマエセツとかすごい引っ張られるように感じた。台詞も印象的なモノが多い。
    いいね
    もっと見る Loading...