TOP >作品データベース >汚れなき祈り

汚れなき祈り

みんなの感想/評価
「汚れなき祈り」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    20
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
712
ポジティブ指数92
公開日
2013/3/16
原題
Beyond the Hills
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
2005年にルーマニアの修道院で実際に起きた事件を題材に、同じ孤児院で育った二人の若き娘アリーナとヴォイキツァが、信仰と愛の狭間で引き裂かれ、悪魔祓いの犠牲となる悲劇を描く。
© 2012 Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema - Mandragora Movies
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『汚れなき祈り』「4ヶ月、3週と2日」の監督作品。ルーマニアの現状を詳しく知っているとまた違う理解が得られたかも。ずしりと身体の芯に響く名作。悪魔祓いの儀式を扱ったものだが、救いや祈りはどこに届くのか。ラストのカットの後は沈黙のみ。
    いいね

    良い
  • tezurumozuru
    『汚れなき祈り』閉鎖的な修道院で、ある事件が。怖い話だなあ。戸塚ヨットスクールもこんな感じだったのかな、と思うと、他国の出来事で片づけられない。『マグダレンの祈り』といい、怖すぎるぞ祈りシリーズ(勝手にシリーズ化)。
    いいね

    良い
  • hamoyama
    『汚れなき祈り』怖いわ。鑑賞中すっかり教会目線になってた自分が一番怖いかも。 http://t.co/IrfXtN5RLT
    いいね

    良い
  • mmtubone
    『汚れなき祈り』主人公の女性2人の分岐点はどこだったんだろう?そこにとどまり、信仰に生きようとする女と、どこか別の場所を求めて、出ていこうとする女。お互いに必要な存在だったはずの関係性が壊れて、そして、悲劇へとつながっていっ多…。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『汚れなき祈り』その手の人たちで信じちゃったらこうなっちゃうんだろうな。カルトとは紙一重かもしれないけれど一方でエクソシストとの線引きも難しいし。懺悔と称して神父にやられっちゃったのかと思ったけれど、そっち方向にはいかなかったね。
    いいね

    良い
  • ohsamu
    『汚れなき祈り』わたくし2002年にルーマニア旅行したんですが,元になった実話は2005年,撮影は2-3年前?……というのを考えると,昨今の東欧ホラー映画よりも怖い気がいたしました。こんな事件が起きていて,街並みも荒んでいるとはねえ
    いいね

    良い
  • ohsamu
    『汚れなき祈り』長い!長いんだけど,あのラストシーンワンカットは素晴らしかった。けど,長い。
    いいね

    良い
  • harayoo
    『汚れなき祈り』現生からの隔離。修道院で行き場なく信仰もない者は受け入れられないのか?同性愛^^;絡めて大変興味深い題材。ハンディが描写を限定し緊張感を高める。
    いいね

    良い
  • serendi_momo
    『汚れなき祈り』045@HTC有楽町/ 信仰心がまるでないもので、所々ウトウトしたりしてるうちに終わっていました囧rz
    いいね

    残念
  • GD_momoco
    『汚れなき祈り』共に過ごした時間や絆までをも引き裂く存在は神。修道院という鶏小屋に閉じ込められた子猫が、鶏側からは恐ろしい狐に見えてしまうのか。狂気じみた大真面目な悪魔祓いも当事者はそう見えず。宗教と自分以外への依存が興味深い。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『汚れなき祈り』題材が好みでかなり面白かったな。どんな宗教も教義だけ信じて人間を見ないと、狭量で独善的で滑稽なカルトだな。いや、結末は重いんだけど、後半は大分笑った。製作者側も滑稽さを狙ってるよね。もう一度秘宝先月号読まねば。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【汚れなき祈り】修道女となったかつての恋人を取り戻したい娘の苦悩と破綻。これをどこまでも叙事的に描いているところがかえって良かった。アリーナの執拗な愛や、院長を頂点とした外からは不可侵な女修道院の歪んだ世界が生々しく窺えた。 #映画
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『汚れなき祈り』、薬のせいでうつらうつらしてしまったけれど、宗教の閉鎖性や盲信の恐ろしさについて考えさせられる作品だった。病院の対応も酷いし、この国ではあれが当然なのかしら?彼女を救う方法は絶対にあったはずなのに…と後味が悪かった。
    いいね

    良い
  • rose_chocolat
    『汚れなき祈り』信仰とカルト、救済と盲信の境はあってないようなもの。全ての現象を神懸かりで解決しようとする信心深さは、現代にありながらまるで中世の感覚。突き放した描写が秀逸。#eiga
    いいね

    良い
  • HIP_K
    『汚れなき祈り』二人の女の子。他愛無い嘘。友情以上の繋がり。限りある時間。一人の女の子に必要となる力を持つ男。「4ヶ月、3週と2日」と似通う設定だけれども、全く異なるラストシーン。素晴らしい演者となるアリーナことMs.C・フルトゥル。
    いいね

    良い
  • HIP_K
    『汚れなき祈り』人目を憚らない愛在る抱擁。強い力で正当化された暴力。入口の門を開けるのはいとも簡単だけれども、出口の門を見つける事は非常に困難になる。「信教の自由」が生む「意志の専制」。見せない部分で恐怖を増幅させるC・ムンジウ監督。
    いいね

    良い
  • kodaken
    『汚れなき祈り』、ルーマニアの修道院で実際に起きた悪魔憑き事件を基にした悲劇。物語は淡々としていますが、登場人物は皆悪意が無く信仰や愛が強いが故の戸惑いや揺れる心情が丁寧に描かれます。観終わってどっと疲れますが良い映画。 #eiga
    いいね

    良い
  • ka_mito
    『汚れなき祈り』★★★☆☆ 実際にルーマニアであった出来事を題材にした作品。宗教というものの閉塞感、他者から見た時の異常性…良作なのは認めるし、そう感じるのだが、自分の中ではどうも釈然としない。恐らく取り扱うテーマの性なんだろう。
    いいね

    良い
  • AphroditeAdamas
    これは実際に起きた事件がベースになっているとのこと、かなり眈々と話は進むのだけれどラストで頭を殴られる感じ。宗教ってほんと難しいテーマよね ★★★★★★★☆☆☆
    いいね

    良い
  • AphroditeAdamas
    Dupa Dealuri(汚れなき祈り) 先日観たMartha Marcy May Marleneがあまりに素晴らしく、ちょうど来週The Masterが公開になることもあり、信仰やカルトについて考えさせられる機会の多いこの頃。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...