TOP >作品データベース >桜並木の満開の下に

桜並木の満開の下に

みんなの感想/評価
「桜並木の満開の下に」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    3
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
281
ポジティブ指数67
公開日
2013/4/13
原題
COLD BLOOM
解説/あらすじ
大震災の後、茨木県日立市のプレス工場で働く女性・栞。平凡な日常だが、同僚であり夫である研次と幸福な日々を送っていた。しかし、ある日、作業中の事故で最愛の夫を亡くしてしまう。事故を引き起こしたのは、新入社員の工。平和な日々を奪われ、心から工を憎む栞と、赦しを乞い続ける工。決して交わるはずのない境遇に置かれた2人だったが、次第にお互いを理解する気持ちが芽生えていく…。そして季節はうつろい、桜の花が満開となる春。さまざまな葛藤をかかえ、理不尽な運命に翻弄された迷える男女の淡い恋は、一体どんな結末を迎えるのか…
© 2012『桜並木の満開の下に』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SwitchedOnLotus
    現代版『乱れ雲』。工場内の美しい照明他、浜辺での焚き火や東雲の斜光を浴びて走る臼田あさ美の姿、或いは雨に濡れ鈍く輝いた駅のホームと線路など、光の扱いは昨年の邦画でもベストだ。三浦貴大に機械の操作を習う臼田の眼差しの輝き。傑作。
    いいね

    良い
  • chakcu2
    『桜並木の満開の下に』映像や雰囲気はいいと思う。ただ展開に疑問を持つ点もあった。
    いいね

    普通
  • 624ken
    テアトル新宿で『桜並木の満開の下に』を鑑賞。事故の加害者と被害者、そして工場の危機と負の連鎖。いたたまれない話で胸が熱くなった。臼田あさ美さんの表情がせつない。せつなくてたまらなくて、大好きな映画です。ラストもいいな。
    いいね

    良い
  • harayoo
    『桜並木の満開の下に』これも震災モノ。小さな町工場の不景気話が染みる。主演2人の言動が相当に危なっかしい。後半の恋愛作品への変容は不安を感じさせたが上手く処理。拾い物。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「桜並木の満開の下に」続き。もっと面白い話を作れそうな状況設定なのに。なんだか簡単なきっかけでヒロインの気分が変わるので、いま一つ釈然としなかった。迷っていたのはヒロインよりむしろ作り手なのではなかろうか。しかし、こういうのが好きな人は好きなんだろうな。
    いいね

    残念
  • yfurui
    「桜並木の満開の下に」KBCシネマ、5/26(日)。苦手分野のメロドラマ。臼田あさ美と三浦貴大という配役が気になって観たものの結局乗り切れず。ヒロインの迷うさまの描写に結構な時間が割かれているが、観ながらずっと「いいからお前らもうくっついちゃえ」と思っていた。
    いいね

    残念
  • rei013
    『桜並木の満開の下に』工場の人間関係があまりにもギスギスしているのでビックリしたのだけど、震災直後だとこのくらいカオスでもおかしくないものなのだろうか。それだったら勿論いいんだけど。ただ後半のほうで物騒な事件が起きた際の顛末が理解できない。いくら嫌われててもまずは病院と警察では…
    いいね

    残念
  • rei013
    『桜並木の満開の下に』舩橋監督は「心理劇をやりたかった」と言ってたんだけど、その心理の部分が自分にはあまり伝わらなかったのが残念。臼田さんがポーカーフェイスに徹しすぎてるからか、彼女の葛藤が伝わりづらい。複雑な状況だけに、もう少し分かりやすく動揺させるくらいがちょうどいいのでは。
    いいね

    残念
  • rei013
    『桜並木の満開の下に』東日本大震災後の茨城県日立市のとあるプレス工場が舞台。不慮の事故で同僚でもある夫を失ってしまう妻を臼田あさ美が演じる。事故を起こした新人工員役に三浦貴大。全体的に登場人物の言動・行動が不自然に感じられるなど演出に疑問。ありきたりではない桜並木の表情は印象的。
    いいね

    残念
  • fortyguns
    『桜並木の満開の下に』暴力描写はイマイチ。やはり北野武のような殺気は誰にでも出せるものではない。クライマックスのシークエンスは桜並木といい雰囲気のある駅といい実に良いロケーションを選んでいるのだが、天気が繋がってなくてスケジュールの厳しさが透けて見えてしまっていたのが残念だった。
    いいね
  • fortyguns
    『桜並木の満開の下に』髙橋洋はどこかドラゴンズ森野を彷彿させる風貌で個人的に好感が持てた。三浦貴大は『ふがいない僕は空を見た』ほど良くない。キャラ付けなんだろうが、あの衣裳(私服)はいかがなものか。しかし何といっても工場を地味に支える柳憂怜の静かな存在感が最高に素晴らしかった。
    いいね
  • fortyguns
    『桜並木の満開の下に』町工場で働くには臼田あさ美が綺麗に撮られ過ぎてて最初は違和感を感じたが、夫を亡くして以後やつれ気味の未亡人エロスが溢れ出てきてグッと良くなる。あの寂れた工場で展開していくのにも好感が持てるが、あんな綺麗な女ばかりいる訳がない。そんな職場ならオレも働きたいよ!
    いいね
  • daikozui
    テアトル新宿で『桜並木の満開の下に』(2012)。うーん……。なぜ三浦貴大と臼田あさみという、ほぼ同年齢の二人に設定してしまったのか。『乱れ雲』の司葉子と加山雄三は、被害者/加害者というのに加え、歳上/歳下という縦の隔絶のダイナミズムも存在していた。
    いいね
  • Tenagasaru
    久しぶりにテアトル。桜並木の満開の下に、をみた。脚本とかプロットの段階ではおもしろかっただろうなぁ。小説向きな感じ。撮影編集があんまりかも。個人的に私は映画ではがちヨリカットが好きではなくて、さらにムダにカット割ってるのも好きじゃない。あと手持ちのカメラの効果が出せてなくて残念。
    いいね
  • sharuy
    『桜並木の満開の下に』、すばらしい。プレトークでは、舩橋さん、演出が未熟でとか何とか言ってたけど、いやいやいやいや!堂々たる古典的なメロドラマの粋を見せて頂きました。今、日本映画黄金時代のまだ見ぬ一本を発見したかのような高揚感に包まれております。さんざん言われてるだろうように、→
    いいね
  • mugen4454
    そういえば『桜並木の満開の下に』みたよ。重たくて切ない禁断の恋。桜並木はとても綺麗。個人的には諏訪太朗さんがよかった。
    いいね
  • ketsubetsu
    『桜並木の満開の下に』 震えた…。素晴らしい作品だ。
    いいね
  • spice_yusuke
    映画「桜並木の満開の下に」を見た。描写の丁寧さに心が震え。物語というのは人間の衝動で進んでいくことを実感。素敵な映画だった
    いいね
  • ito_shi
    あーもぉぉぉ。これはちょっと整理せねばならんな。もう一回いかなあかんがな。音楽も撮影も俳優もすべてよかった。そしてあの桜!!!!!あの桜をみるためだけでも映画館いく価値あり。いまのところ今年ベストワン作品。"桜並木の満開の下に"傑作です。
    いいね
  • Campodeldio
    映画『桜並木の満開の下に』を観た。震災後の茨城県日立市の町工場を舞台に、許されぬ恋を描く舩橋淳監督作品。今まであったようななかったような、心理の変転を丁寧に描いている、いや丁寧ということよりも自然にそうなるものだと納得できて、じわじわと夢中にさせてくれる観応えある作品である。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    3034movies / tweets

    follow us