TOP >作品データベース >ALLDAYS 二丁目の朝日

ALLDAYS 二丁目の朝日

みんなの感想/評価
ALLDAYS 二丁目の朝日
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数100
公開日
2008/2/2
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
昭和30年代初頭、まだ戦争を引きずる東京――。現在の新宿2丁目界隈に位置する赤線地域のあったこの街では、個性豊かな人たちが暮らしていた。戦時中に出会ったアイパッチの男が忘れられず、女性に興味を持てない軽演劇場の役者・真雄(三浦涼介)。そんな事を知らない真雄のターンに惚れた新人踊子・さと子(谷桃子)。下世話な性格の劇団の座長と何かと真雄に噛み付くひろし(松田祥一)は、真雄に女を知るように勧めるが、オカマで有名な八百屋の精さんと一緒にいるところを見て、真雄が男好きだと確信する。しかし、八百屋の精さんには、ヤクザの五郎との秘密の関係があったり…。そして、売春防止法が施行される昭和33年の少し前、公娼制度廃止運動が盛んになり、新宿2丁目では、入れ替わるようにオカマ・ゲイの街へと変貌を遂げるのである――。
© 2008「ALLDAYS 二丁目の朝日」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • insidethicket
    『ALLDAYS 二丁目の朝日』なんともノスタルジックで、実際にその時代を経験していなくても、何となくそう思えた。でも、この映画を観ているおじさん&おばさんがうるさかった。「まあ、あれは…」「昔は…」…静かに観てくれ、頼むから!
    いいね

    良い