TOP >作品データベース >ラスト、コーション

ラスト、コーション

みんなの感想/評価
「ラスト、コーション」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    13
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
19
ポジティブ指数92
公開日
2008/2/2
原題
Lust,Caution/色・戒
配給
ワイズポリシー
上映時間
158分
解説/あらすじ
1942年、日本占領下の上海。抗日運動に身を投じる美しき女スパイ、ワン(タン・ウェイ)は、敵対する特務機関のリーダー、イー(トニー・レオン)暗殺の命を受ける。やがてその魅力でイーを誘惑することに成功したワンは、彼と危険な逢瀬を重ねることに。死と隣り合わせの日常から逃れるように、暴力的なまでに激しく互いを求め合う二人。しかし、運命の時は刻々と迫っていた――。『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が贈る、スリリングな禁断のラブストーリー。第64回ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞受賞。
©Focus Features/WISEPOLICY
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『ラスト、コーション』日中戦時下のスパイの女と標的の男の愛憎劇。社会の状況や心情を語る説明くさいセリフがないのがよくてすべて映像で見せる。その独特の緊張感がたまらない。特に視線の映画でもあった。2013年2月鑑賞
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ラスト、コーション』アン・リー監督は感情を外に出せない人間を描くのに長けている。トニー・レオン演じるイーのキャラクター設定には唸った。同じ時代を生き、孤独を埋めるように求め合うワンも同じ。空虚な心は破滅をどこかで待ちながら燃える。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『ラスト、コーション』#movie クァンやイー夫人の描き方は弱いがイーとチアチーが中心だからしかたないのだろう。ベッド・シーンに限らず、1万人からオーディションで選ばれたというタン・ウェイの演技が秀逸。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『ラスト.コーション』誰も信じない孤独な男を演じるトニーレオンがとにかく凄い。女スパイのタンウェイもこれが初めての映画出演てのも凄い。あの激しいsexシーンが全て監督指導と言うのも凄い。二人それぞれのラストの顔に胸が締め付けられた
    いいね

    良い
  • _daisukee_
    『ラスト、コーション』官能映画と聞いて観てみたんだけど、あんな悲しい結末になるとは思わなかった…。トニーレオンがイケメンで、確かにキスシーンとかベッドシーンは刺激的。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『ラスト、コーション』話題のベッドシーンは展開上必須に感じた。 これがあるから最後のタン・ウェイの表情と決断に説得力がうまれた。 監督の詳細な演技指導によるこのベッドシーン。 よけいなボカシは冒涜としかいいようがない。
    いいね

    良い
  • maejunhara
    『ラスト、コーション』李安監督の優しい顔の下にはいろんな表情があり、この作品にもいろんな表情がありますね!とにかくあの二人、すごい!!
    いいね

    良い
  • rumia1126
    『ラスト、コーション』男性にみてほしい作品。
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『ラスト、コーション』周囲の人々に翻弄されるワンも可哀想だけど、自業自得とは言え殺伐とした日々の中でやっと得た安らぎを失うイーに同情。経緯はどうあれ、2人には確かに愛があったと思いたい。別の面で話題作ですがその件には触れません!#eiga
    いいね

    良い
  • nabecomic
    『ラスト、コーション』アン・リー監督作品は、攻撃性やら芸術性やら家族愛やらなんやら、、その幅、深さにただただ畏敬の念!救いのない最期だけど、過程に確かにあった愛情が苦し切ない。Sex描写のハゲしさには思わず膝を握る手に力が入る一本
    いいね

    良い
  • tedawin
    『ラスト、コーション』独善的な男の孤独とそれを意図しないかたちで受け止めて、かつ受け入れていく女の複雑な心の交わりを言葉ではなくsexで表現した作品。アン・リー監督の演出手腕とトニー・レオンの役者根性の素晴らしさに思いが至る。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『ラスト、コーション』処女に近い役のはずなのに、ワンの胸は経産婦のようだ。阿部定で宮下が見せた身体の意味と逆のことが起こっちゃったねえ~。
    いいね

    残念
  • SwitchedOnLotus
    『ラスト、コーション』トニー・レオンに比べてワン・リーホンの存在感が弱すぎる。映画自体は退屈せずに楽しめたが。
    いいね

    良い
  • hirowo87
    『ラスト、コーション』 禁断の愛に走る人間を丁寧に描いた秀作。二人の激しいセックスが感情の昂りを表すが、ぼかしが不快。物語上、必要な濡れ場&裸に規制が入る日本は恥さらしだ。
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    2937movies / tweets

    follow us