TOP >作品データベース >新選組始末記

新選組始末記

みんなの感想/評価
新選組始末記
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    1
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数100
公開日
1963/1/3
配給
大映
上映時間
93分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Hawkwindhawks
    『新選組始末記』三隅研次監督と主演市川雷蔵以下大映時代劇オールスターによる新選組もの。時代は芹沢鴨の暗殺から池田屋事件まで。雷蔵は隊の監査役で隊士に恐れられていた山崎烝役だが、冷酷な面は全くない人間臭いキャラになっている。
    いいね

    普通
  • SwitchedOnLotus
    『新選組始末記』照明が美しいとか映像が鮮明とかそういうレベルではなく、画面構成そのものに力がある。三隅研次絶頂期の傑作。天知茂はベスト・オブ・土方歳三。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『新選組始末記』鑑賞。一本の映画として考えると、筋は通っていない。山崎の胸にある士道と近藤の行動のズレは解消されない。土方の憎そい感じは良かった。一方で若山富三郎は西郷どんにしか見えなかったな。もちろん当然ながら勝新にも見えるが。
    いいね