しわ

みんなの感想/評価
「しわ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    31
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
810
ポジティブ指数97
公開日
2013/6/22
原題
Arrugas
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
かつて銀行に勤めていたエミリオは、認知症の症状が見られるようになり、養護老人施設へと預けられる。同室のミゲルは、お金にうるさく抜け目がない。施設には様々な行動をとり、様々な思い出を持つ老人達が、日々の暮らしを送っている。そして重症の老人は2階の部屋へと入れられることが分かる。エミリオはある日、アルツハイマーのモデストと薬を間違えられたことで、自分もアルツハイマーであることに気づいてしまう。ショックで症状が進行したエミリオは2階へ送られる日も遠くない。そんなエミリオのことを思い、ついにミゲルはある行動に出るのだった…。
© 2011 Perro VerdeFilms - Cromosoma, S.A.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yes_exclamation
    アルツハイマーが進行するエミリオ。同室の金に汚いミゲルは彼のおかけで変わっていく。“存在”が影響を与え、視点は次第にミゲルへと移る。奪う人から与える人へ。渾身的な妻ドローレスの“愛について”が、なぜ面倒を見るかの答えを導く。『しわ』
    いいね

    良い
  • rocky_monkey
    『しわ』上映されてから、既に5年近く経つ。当時の私が観たいと思ったまま、過去の記憶となりつつありました。観たかった事を思い出して本当に良かった。 誰にでもいつかは訪れる、老い。 ミゲルの様でありたい。(改心した後)
    いいね

    良い
  • tamagoooo3
    『しわ』老いと認知症の問題がテーマ。とても考えさせられた。現実は厳しいけど、同室だった男性が最後に変わっていったので救われた。
    いいね

    良い
  • mosquito3380
    『しわ』人間誰しもがいずれは経験する“老い”をテーマに、切ないけれど普遍的で、ズシリと心にくる長編アニメーション作品。日々の出来事や思い出を忘れていくのは寂しいが、それだけじゃない、まったく無関係でなんていられない問題なんだな、と。
    いいね

    良い
  • mooovie
    『しわ』を鑑賞。老いていくのには、二通りがあり、夢・過去を追いかけて生きていくのか現実を見て生きていくのか?老い・認知症など実写表現だと厳しすぎる内容がアニメとして、上手く表現されていた。そう遠くない未来をみているようで痛々しくもある。老夫婦の子供時代のエピソードがよかったなぁ。
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    『しわ』を DVD 鑑賞。認知症を一歩引いた視点で扱いつつ、患者達のイメージを描くためのアニメーション。意味があるんじゃ無いかと思う。本当に優れた作品ですが、かなり気が重くなったのが正直なところ。心身充実している時に観るべきか。
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『しわ』鑑賞。うーむ。素晴らしい作品であることを前提で述べたいが、今の自分にはまだ理解がおっつかない部分が多かった。つまり、「老いることは怖くない」というのがメッセージなのかもしれないけど、自分には正直まだ老いは怖いです。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『しわ』つづき。その、ウチの婆ちゃんは認知のもんだいから施設に入った訳だが、そんな彼女にとっても、ドローレスとモデストみたいな思い出があったのだろうなぁ。あるいはエミリオが海水浴でカメラを構えた時のような。ミゲルのキャラが肝だなぁ。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『しわ』つづき。序盤の老人あるあるが秀逸すぎて、クスクス笑っていたけれど、エミリオが2階を見てからがもうね!婆ちゃんとか爺ちゃんとか婆ちゃんを思い出してしまって。特に母方の婆ちゃんは認知のもんだいゆえ施設に預けてしまっただけに。うむ。
    いいね

    良い
  • allgreen
    スペインアニメ映画『しわ』鑑賞。原作が漫画とはいえ、こりゃ実写じゃ重い。アニメならではの表現が活きる。ラテンの民でさえも老いのもんだい映画はこうなるのか。世界が萎縮される感じ。認知が歪む感じ。老人あるあるからの、えぐられるような痛み。
    いいね

    良い
  • sogasyo
    『しわ』老いるって綺麗ごとじゃない。だけど誰のであっても思い出は本当に美しいなあ、とか「いんちき」のシーンを観ながら思った。そして泣いた。アニメーションってすごい。親がもっと歳をとったら私の感想も変わるんだろうなあ
    いいね

    良い
  • sogasyo
    『しわ』祖父がエミリオと似ている(職業・趣味や性格とかまんま)ものだからグッサリやられた。一緒に観た母はその祖父を一番近くで見送った人だから、ゆっくり感想を聞きたい。あのラストシーンがあるから心に残るが、一瞬血の気が引いた…。
    いいね

    良い
  • boundey_gx
    『しわ』「俺達はきっと大丈夫だよ」この一言に尽きる。丁寧に。そしてしっかりと老いとアルツハイマーを、そしてこれから老人になるわれわれへのメッセージをまっすぐ突きつけてくる作品だ。公開館が少ないのが本当にもったいない
    いいね

    良い
  • ka_mito
    『しわ』★★★★★ これ、6月に観てたら間違いなく上半期ベスト10に入れてたわ。認知症の進行が徐々に進行していく様やそんな自分への恐怖。逆に老いても変わらない人同士の愛や絆。アニメーションだからこそ出来る認知症描写も素晴らしい。
    いいね

    良い
  • puffcafe
    「しわ」老いた親が居る家庭には切実で胸に込み上げるものがあります。厳しい現実の中にもさりげないユーモアと温かさを感じる作品。それにしてもエピローグには意外な展開に驚き、ラストでは一瞬冷たいものが走り…すっかり騙された最初と最後でした!
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『しわ』どこの国においても避ける事の出来ない「老い」というテーマを意外なほどストレートに描き出していますな。認知症も「明日の老人」には他人事でなく恐ろしいです。なかなか答えの出ない問題を突きつけられたような映画でした。一見の価値あり。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿バルト9で『しわ』を鑑賞。認知症にはなりたくないと思うけど、どうなるかわからないから怖いなあ。親や自分の老いをどう過ごせるのか深く考えてしまう映画でした。老人たちが静かに暮らせる環境があればいいですね。おもしろかったです。
    いいね

    良い
  • aiankk03
    『しわ』誰しもが避ける事の出来ない老い、認知症がテーマのアニメーション、優しい画風から受けるほのぼの感は無く、静かに残酷な老いの現実を突き付けられる、登場人物の一つ一つのエピソードが鳥肌、親が自分がそうなったら…と改めて考えさせられた
    いいね

    良い
  • mau_5628
    『しわ』鑑賞!心打たれたのはラスト生涯独身だったミゲルの選択。老いて間近に迫る死。誰の為に、誰と一緒に過ごすのか。考えさせられた。マルティンのオチには青ざめた。ああなってしまうことも、他人事じゃない…。#映画 #movie
    いいね

    良い
  • HIP_K
    『しわ』オリエント急行に乗る気品溢れる女性ロサリオのシークエンスが素敵。驚きと喜びが詰め込まれた贈物の様なパンフレット、パコ・ロカ先生が描き下ろしたであろう演者に演出をつけるI・フェレーラス監督と映画版キャラの集合写真がお気に入り。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...