TOP >作品データベース >ブレードランナー ファイナル・カット

ブレードランナー ファイナル・カット

みんなの感想/評価
「ブレードランナー ファイナル・カット」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    75
  • 普通
    6
  • 残念
    3
総ツイート数
109
ポジティブ指数96
公開日
2007/11/17
原題
Blade Runner: The Final Cut
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
117分
解説/あらすじ
日本でも未だに根強いファンを持つSF映画の金字塔「ブレードランナー」。初公開から25年を迎えた本作に、リドリー・スコット監督自らが再編集とデジタル修正を施して蘇らせたファイナル・カット版。酸性雨...
BLADE RUNNER is a trademark of Blade Runner Partnership. Blade Runner: The Final Cut (C) 2007 The Blade Runner Partnership. TM & (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ohtk4i
    『ブレードランナー ファイナル・カット』/謎に満ちたSFノワールといった印象。全体的に暗く重く冗長で、しかも哲学的内容なので観る人を選ぶように思う。ただ、公開された時代を考えると確かにビジュアルは興味深いし、与えた影響力も凄いね。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ブレードランナー ファイナル・カット』WOWOWで再鑑賞。近未来SFを刷新した大傑作。酸性雨が降り頻り、猥雑なネオンが眩い2019年のロサンゼルス…その退廃的で斬新な世界観に終始惹き込まれ、美麗な陰影冴え渡る映像に陶然とさせられた
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ブレードランナー ファイナル・カット>音が多重でまろやかで雄弁で、音を聴いてるだけで幸せ。 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=85720063
    いいね

    良い
  • winos
    『ブレードランナー ファイナル・カット』まさか再びスクリーンで観ることができるなんて。この音響で聴くサウンドトラックは神がかってるな。そしてレイチェルが髪の毛を下ろすシーンも神がかってるでゲスよ。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ブレードランナー ファイナル・カット(2)>WBCF@新文芸坐。ゴズリんが出てくる予定が若いハリソン・フォードが!(上映作品はよく確かめましょう^^;)でも、続編と繋がる部分を色々確認できて面白かった。この作品は音楽は極上だなー♪
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『ブレードランナー ファイナル・カット』 ▼2/12/18再鑑賞 【特集上映(魅惑のシネマ・クラシックスVol. 27 ワーナー・ブラザース シネマフェスティバル PART 4)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • snake954
    『ブレードランナー ファイナル・カット』みる。ワーナー・ブラザース シネマ フェスティバル PART.4です。
    いいね

    良い
  • takuwy
    『ブレードランナー ファイナル・カット』当時は色々斬新だったのかもしれんが今見るとテンポ悪いしありきたりな内容で退屈。
    いいね

    残念
  • otonateikokua
    『ブレードランナー ファイナル・カット』前半少し退屈だったけどレプリカントを撃ち殺してから一気に面白くなった。様々な映画に影響を与えたのもよく分かる
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『ブレードランナー ファイナル・カット』新作鑑賞のために数年ぶりにBDで観直した。近未来のロサンゼルスの無国籍風で雑然とした街並みの作り込みがすごい。あと光の演出が非常に印象的。ただ近年の近未来SF映画と比べてゆったりとした見せ方なので序盤はやや退屈か。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ブレードランナー ファイナル・カット』初回公開から35年にして初見。これはファイナルカット版だけど。2049の公開を前にしてリバイバルであったので観ておくかと。この世界観はゴーストシャルがぱくったのね。2019年設定と現実ギャップ
    いいね

    普通
  • kenkenj1
    『ブレードランナー ファイナル・カット』映画館で見たのは高校生くらいかな。話は全然覚えていないけどごちゃごちゃした街の雰囲気とか未来感とかはよく覚えている。レイチェルがとっても綺麗。ハリソンフォードの口のヒン曲げ方がかっこいい。
    いいね

    良い
  • boushi24
    『ブレードランナー』当時は「光と影」の演出を色々な人が始めた頃なのではないのかな。前見たときはそれが気取って入るような感じでイラっときていたんだけど、今は誰もそういう事してないんで、今見てみると、面白いなあ、、と思う
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    『ブレードランナー ファイナル・カット』1回目は「かっこ悪い」「暗い」ってイメージが強かったけど、2回目見ると「切ない」独特さが残る。そして、続編へ。気になる終わり方だったことを思い出した。
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『ブレードランナー ファイナル・カット』新作のため復習。現在でこそよくあるロボットと人間の争い、ロボット自我問題だが当時を思えばビジュアルも相まってカルト的な人気を誇ったのも頷ける。リアルな未来感や光と陰の演出がいちいちかっこいい。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ブレードランナー ファイナル・カット』昔はアクションが少ないなと思って観ていたが、観返すとあくまでも生に対しての切ないドラマがメインなので、味付け程度で調度良い。レイチェルがさりげなく涙を流すシーンが、とても良いです。
    いいね

    良い
  • boushi24
    『Blade Runner』当時のリドリー監督は、新しい世界観を作リ出す事に情熱を傾けていたのだろう。「エイリアン」しかり。セットや、照明、ファッションや音楽などなどで総合的に映画空間を作り上げる事に成功し、それが後々、色んな人に影響を与えているのだろう。尚且つ未来を予見する映画
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ブレードランナー ファイナル・カット』鑑賞。雑踏の様子やファッション、機械の様子など未来を描く様子は今観ても面白い。反面物語は、人とレプリカントの違いがはっきりせずどうして滅ぼさねばならないのかが前半ははっきりせず難しかった。クライマックスには考えさせられる。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ブレードランナー ファイナル・カット』アクションじゃない。雨の日ばかり。けぶった光と人いきれ。主役の描写が(敢えて、なのか)希薄で、レプリカントの方が、なんだか必死で哀しい。思わせぶりなラストシーンに小道具。すごいなあ、これは…。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ブレードランナー ファイナル・カット』当時は既視感があると思ったけれどターミネターよりもこちらが前だと改めて知って自分で驚いた。バージョンは他にもあるがこれはドアが閉まる方。こちらを観て今公開されているのを観るとより楽しめるはず。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...