TOP >作品データベース >ボルベール<帰郷>

ボルベール<帰郷>

みんなの感想/評価
「ボルベール<帰郷>」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    16
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
25
ポジティブ指数100
公開日
2007/6/30
原題
VOLVER
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
120分
監督
 
キャスト
 
解説/あらすじ
伯母の死をきっかけに故郷を訪れたライムンダ(ペネロペ・クルス)はそこに懐かしき亡き母の匂いを感じる。母が教えてくれた「ボルベール」を歌いながら生前、分かり合うことのなかった母との関係に思いをはせる彼女だったが、ふと窓の外に死んだはずの母の面影を見る…。スペイン、ラ・マンチャを舞台に、タンゴの名曲に乗せて贈る、 哀しくも可笑しい、祖母・母・娘三世代の人生を綴った感動のドラマ。監督は、スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル。『オール・アバウト・マイ・マザー』以来のアルモドバル作品出演となるペネロペ・クルスを主演に迎えて贈る。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tweet_eiga
    『ボルベール/帰郷』ペネロペの肝っ玉母ちゃんぶりが観たくてレンタル。なかなかハマってました。
    いいね

    普通
  • yes_exclamation
    『ボルベール/帰郷』…【ココイチ】風が吹き荒れる墓地で親の墓を掃除する姉妹たち。伯母の友人アグスティナは彼女たちと久しぶりに再会し、ライムンダの娘パウラの成長に驚く。「目があなたのパパにそっくりだわ」のお世辞が二重の意味で父を示す。
    いいね

    良い
  • croaton0
    サスペンス路線と思った矢先に話の流れがコメディタッチにとどこかあべこべな展開が徐々に女達の悲喜こもごもな人生ドラマへと変わっていく。が、「“あの一件”の扱いはあの程度でよかったのか?」という疑問が…
    いいね

    普通
  • paranoiaquality
    『ボルベール帰郷』午後ローでは珍しくアルモドバルの女性映画だけど面白いからこれからも放映して。ヒューマンドラマかと思ったら容疑者Xの献身な展開かと思ったら放ったらかしで死んだ母が生きてたって話も放置で人生色々ってことなのね。
    いいね

    良い
  • yanagin24
    『ボルベール/帰郷』wowow録画で視聴。ペネロペ美しいわー強いわー。近所の娼婦のぽてっとした人もかっこよかった。女の映画だなーという感じ。好きです #eiga
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『ボルベール/帰郷』どうしようもなく暗いストーリーの筈なのに、切なさは漂うものの明るくユーモラスで微笑ましい。お互いを思い合い、美しく逞しく生きる女性達への賛歌に素直に感動。鮮やかな色彩とファッション、ペネロペの歌が印象的。#eiga
    いいね

    良い
  • InouePeakTime
    『ボルベール/帰郷』はい、ペネロペ!
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『ボルベール/帰郷』ストーリーは、父パコをパウラが殺してしまう事件を軸に展開。すべての謎が氷解するラストは秀逸。 難しい題材をうまく料理して感動ストーリーに昇華させていた。#movie
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『ボルベール帰郷』 ペネロペのタンゴに泣けた、この監督とっても好きだなぁ。重い大問題なのに明るく逞しく前向きで、悲しく優しい。母と娘、姉妹の秘密の物語。また劇中の音楽で泣かされた。ペネロペを見てると背筋を伸ばしたくなるのは何故だろう
    いいね

    良い
  • nanokiyo
    『ボルベール/帰郷』Good job! 身内のことは身内で始末をつける。社会や世間におもねることも惑わされることもない彼女達の生き様が小気味良い。独居老人を介護する幽霊の存在を許容する村や幽霊が住み込める屋敷ってちょっとうらやましい。
    いいね

    良い
  • mamga3
    『ボルベール/帰郷』圧巻!目まぐるしく次から次へと一大事が発生 でも明るく強いんだよね、ただただ圧倒されたまま最終章まで・・・
    いいね

    良い
  • Eureka751
    『ボルベール/帰郷』★×4.5 少々重い物語だけど昭和喜劇的なノリで優しく包んでいて、キツい描写も少ない。色彩豊かで飽和気味な赤が印象に残る。見終えるとその色彩に少しだけ染まった気になる。
    いいね

    良い
  • sorairoo
    『ボルベール/帰郷』ペネロペがお母さんの役か〜と思ったけれど、想像以上に板についていてたくましい。男達に翻弄される人生を、強さと美しさで乗り越えて行く女達。これからを応援したくなる気分になる。
    いいね

    良い
  • ZEROtatsuya
    『ボルベール/帰郷』母と姉妹と娘、それを取り巻く女たち。いろいろな大変な事件が起きて、それが絡み合い、複雑な展開をみせるが、人間は複雑なのだ。ペネロペクルスがいい感じでお年を召した。1800円満点で1400円。
    いいね

    良い
  • rumia1126
    『ボルベール/帰郷』女性という「リスク」の本能。女を感じずにはいられない作品。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ボルベール〈帰郷〉】DVD鑑賞。母娘、姉妹、隣人…密接に絡む女性たちの関係のパズルが次第に解かれていくと、やがてとんでもない驚愕の過去が浮かび上がる。アルモドバルならではのトンでもストーリー。“なりすまし”がこの作品でも鍵に。 #映画
    いいね

    良い
  • nabecomic
    『ボルベール/帰郷』ペネロペ・クルスという女優はアメリカではなくスペイン本国に居てこそ猛烈に輝くのだと思った。他の映画で変わった顔の女優だなくらいだった彼女が、こんなにも強烈に美しいなんて。苦しいけれど救いも笑いもある良い映画
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『ボルベール/帰郷』ペネロペ・クルスの凛とした佇まいが良い。どう転がるかわからない話の展開も終わってみれば納得。アルモドバル作品で今のところ一番好き。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • shoccco
    「ボルべール 帰郷」近親相姦はあるもののゲイやレズも出ない珍しくストレートな女だらけの映画。女は強いけど、母親の前では弱くもろい。そんな両面を演じ、タンゴもあんなに上手く歌えるとは♪ペネロペ・クルスのあふれる魅力と、アルモドバル独特のパキッとした鮮やかな色彩がキレイ! #eiga
    いいね

    良い
  • miyut8
    『ボルベール/帰郷』監督の前作「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥー・ハー」を複数の友達から薦められたけど未見で、今回が初めて観る作品。この監督は男なのに、どうしてこんな女の人ばかりの映画が撮れるんだろう?
    いいね
    もっと見る Loading...