TOP >作品データベース >それでもボクはやってない

それでもボクはやってない

みんなの感想/評価
「それでもボクはやってない」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    34
  • 普通
    2
  • 残念
    2
総ツイート数
46
ポジティブ指数95
公開日
2007/1/20
配給
東宝
上映時間
143分
解説/あらすじ
フリーターの金子徹平(加瀬亮)はIT企業の面接へ向かう途中、痴漢に間違われ、罪状の否認を続けるうちそのまま警察署に拘留されることに。罪を認めれば相手と示談の上、すぐに釈放されると聞かされるが、自分の無実を主張し続け、ついには検察から起訴されてしまう。母・豊子(もたいまさこ)、友人の斉藤(山本耕史)は、徹平の潔白を信じて右往左往した結果、新人弁護士・須藤莉子(瀬戸朝香)と裁判官出身の老練な弁護士・荒川正義(役所広司)に出会い、助力を求める。『Shall we ダンス?』の周防正行監督が最新作に選んだテーマは“裁判”。日本の刑事裁判制度の問題点を明らかにする“とことん社会派”ムービー。
© 2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ariy_opp1955
    『それでもボクはやってない』海外と違い非常に静かな法廷劇であり、内容もまた痴漢冤罪を扱った堅固な作り。いち市民をあくまで描くスタンスとそれに見合った役者の静かな演技も合致している。なかなかのやるせなさすら残る本作はリアルなのかも
    いいね

    良い
  • 2Cap4
    『それでもボクはやってない』85点
    いいね

    良い
  • zzmiko
    『それでもボクはやってない』めちゃくちゃ面白かった。そして怖い。加瀬亮良かった。アウトレイジの演技も好きだが普通の人を演じるのも上手いなぁー。被害者がか細い声で裁判で証言するシーンは痛々しかった。がそれでもボクはやってない
    いいね

    良い
  • kiku_21
    『それでもボクはやってない』冤罪怖い、しか感想が出てこない。公判など表面的には淡々とした印象になるが、被告人の根底にものすごい熱量のうねりを感じた。社会派ドラマだけどエンタメとして飽きさせないし、良い映画。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『それでもボクはやってない』濡れ衣をきせられ、無罪を証明できない理不尽さが伝わる。電車通勤されてる男性ならいつ同じ目にあうか、他人事じゃない。とりあえず白か黒か決めようってコトで、最後の判決は予想通りだが、あれが刑事裁判の現実なのね
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『それでもボクはやってない』映画としても非常に面白いし、裁判制度の問題提起としてもよく出来てる。冤罪なんてこの世にゴマンとあるんだろうな。
    いいね

    良い
  • galaxycrunch
    『それでもボクはやってない』人が人を裁くということはあってはいけないことのように思える今日この頃。裁判の傍聴にも実際に行ってみて何が真実かなんて絶対にわからないような気がしている。
    いいね

    良い
  • ytaro716
    『それでもボクはやってない』★★★☆☆。
    いいね

    普通
  • oozoraotoko
    『それでもボクはやってない』★★★★☆これほど怖い話はない。
    いいね

    良い
  • misumy3
    『それでもボクはやってない』★★★☆☆
    いいね

    良い
  • youyou1223
    『それでもボクはやってない』痴漢の冤罪を受けてしまった青年。果たして彼は無罪を勝ち取れるのか?! http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-06-01
    いいね

    良い
  • wantmoat
    『それでもボクはやってない』警察、検察の取り調べはよく描かれていた。最初の裁判官を演じていた正名がはまっていた。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『それでもボクはやってない』、DVDにて鑑賞。痴漢冤罪を描いた作品。「やっていない」を証明する困難さ。日本の刑事裁判で無罪判決がほとんど出ない背景。電車に乗る人はみんな観るべき。いつ被害者・容疑者・目撃者になってもおかしくないのだから
    いいね

    良い
  • _sanshiro346
    『それでもボクはやってない』やっていない無罪を証明するのは難しい あんな弁護士はいるのだろうか、ラストはなんともね
    いいね

    良い
  • RANJURANJO
    『それでもボクはやってない』#eiga #movie 痴漢冤罪事件を描いた映画。やってないものを示談にしろと弁護士が言う。実際今でも痴漢に間違えられたら逃げろと言われているくらい冤罪は晴らしづらいようだ。なんとも理不尽だ
    いいね

    良い
  • sorairoo
    『それでもボクはやってない』どんな立場からしても、他人事じゃない話。自分だったらどうしようと考えてしまって、でも答えは出ないし、なんていう映画を作ったんだー。加瀬亮は髪の毛がある方が素敵。
    いいね

    良い
  • yuzo_n
    『それでもボクはやってない』真実って本当にどんなところにあるのだろうかと思う。無罪の人を罰しないように裁判があるのに、真実は常に当人しか知らないという現実。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『それでもボクはやってない』怖すぎるくらいのイライラが残る。ぐいぐいと引き込まれる。終の信託と一緒に見たら一日中討論できるだろう。加瀬亮がうますぎる。
    いいね

    良い
  • 1311205
    『それでもボクはやってない』☆☆☆☆ 面白いです!加瀬君良いね=
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『それでもボクはやってない』「終の信託」を見たらこちらも確認したくなった。これを見てぞっとした男性諸氏は多いだろうなあ。ただあまりに淡々と描かれすぎてるきらいがあって登場人物の感情が透けてこない気が。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...