TOP >作品データベース >イントゥ・ザ・サン

イントゥ・ザ・サン

みんなの感想/評価
イントゥ・ザ・サン
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    8
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
15
ポジティブ指数100
公開日
2005/11/26
原題
Into the Sun
配給
ソニー・ピクチャーズ
上映時間
94分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • croaton0
    「セガールがやってみたかった事をやった」という感じの内容で、アジア大好きとあって洋画恒例(?)のストレンジジャパンとは一味違う日本チックさが味わえる一方平成ガメラを流し娘をさりげなく宣伝する父親(親バカ?)の一面も見せる(笑)
    いいね

    普通
  • paranoiafreaks
    『イントゥ・ザ・サン』クロダの手下が事務所で見ているビデオが「平成ガメラ」なセンスがナイスだ。最初映った時ビルが爆破してる映像だったから「何見てるんだ」と思ったもの。すっかり悪役俳優なウィリアム・アザートンが嫌な上司役なのも鉄板だ。
    いいね

    良い
  • paranoiafreaks
    『イントゥ・ザ・サン』セガール版キル・ビルなのか「叩き殺すぞ!」のセリフも勇ましいが、実際日本刀の峰の部分で叩き殺すのに度肝を抜かれるし、アウトレイジな「バカ野郎」も素敵だ。なにより一番印象に残るのが何故か長時間登場のコロッケである。
    いいね

    良い
  • paranoiafreaks
    『イントゥ・ザ・サン』さすがの大沢たかおもセガールの相手役となっては他作品の敵役と同じような演技になってしまうのは惜しいが、クロダの手下のアジトの部屋に貼ってある四面楚歌が不思議だ。お前らそれでいいのか?赤字でXしてあるから逆の意味?
    いいね

    良い
  • paranoiafreaks
    『イントゥ・ザ・サン』大沢たかおの「築地魚河岸三代目」の第2段かと思って見てると、アクションは少なめだけど久しぶりにセガールクオリティの映画が戻ってきた。東京上陸のセガール台風が暴れまわり、むしろ「イントゥ・ザ・ストーム」って趣だ。
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『イントゥ・ザ・サン』とにもかくにもセガールの日本語だけが魅力な作品なので、できれば吹き替え版よりもオリジナル音声で見てほしい。
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『イントゥ・ザ・サン』殴り込みをかけて大沢たかおの部下を殺す時の台詞>セガール「タタキコロシテヤル!」と言って刀(勿論刃の部分)で七回ほど叩いて殺す。などを大真面目にやってるだけに思わず笑ってしまう台詞のオンパレードが素敵な作品。
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『イントゥ・ザ・サン』クライマックスで大沢たかお扮する若きヤクザに殴り込みする時の台詞>セガール「(日本刀を抜いて)コレヒトキレマスヨコレ ネ、コレ、コンバンツカイマスヨ コレ ヒトキリマスヨ、オレァ」
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『イントゥ・ザ・サン』なんといってもセガールの日本語が必見。例えば、満開の桜の下で彼女(日本人)にプロポーズした後に二人で指切りげんまんをした後の台詞>彼女「~指切った(はぁと)」セガール「ハイ!ユビキッタゾー ユビキッタゾー」とか(笑)
    いいね

    良い
  • dojindo
    殴り込みのシーンのBGMがどう聴いても祭り囃子なのも珍妙なんだけど「パッキャロウ」「コレヒトキレマスヨ〜?」などニコ動風に半角で表記したくなるセガールの不思議な日本語を楽しむために約90分費やしてもいいと思える豪気な御仁は『イントゥ・ザ・サン』の世界にイントゥしてみては如何。
    いいね
  • dojindo
    『イントゥ・ザ・サン』に出演している日本の俳優陣は、大沢たかお、豊原功補、寺尾聰、伊武雅刀といったところ。我らが栗山千明様もほんのちょびっっっと出てます。一番良かったのは裏社会に生きる男の崩れた色気が感じられた豊原さんかなぁ…。
    いいね
  • dojindo
    今回は“東京の下町で刀剣屋を営む伝説のエージェント”ということで日本刀アクションが見られるよ! ストーリーもつぎはぎというかちぐはぐでイマイチのれないんだけど、同僚のオススメポイントである「セガールの珍妙な日本語」は確かに楽しめました。関西弁&敬語&ため口の混じった不思議な日本語
    いいね
  • dojindo
    スティーブン・セガールをこよなく愛する同僚から『イントゥ・ザ・サン』を借りたので見てみた。セガールが“第二の故郷”と語る日本を舞台にした作品。諜報組織の上司から裏社会の大物まで一目置かれ、女にももて、何より強い…うん、いつものセガール。セガールが無敵過ぎて、緊張感無いけど…
    いいね
  • pervert_phantom
    『イントゥ・ザ・サン』前述の大沢たかおの他、寺尾聰、豊原功補、伊武雅刀、栗山千明らが出演。栗山千明が出てる!と楽しみに見に行ったらエキストラ扱いで憤慨したなぁ(笑)あとコロッケが本人役で出演しモノマネを披露。千明様より出演長く目立ってます
    いいね
  • pervert_phantom
    『イントゥ・ザ・サン』スティーブン・セガール主演による日本を舞台にしたセガール映画。セガールの素っ頓狂な日本語が見たくて再見。酷い内容なんだけど、なんだか憎めない作品。日本の描写は、半分くらいマシに撮られています。
    いいね