TOP >作品データベース >宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」

宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」

みんなの感想/評価
宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    14
  • 普通
    0
  • 残念
    2
総ツイート数
410
ポジティブ指数91
公開日
2013/8/24
配給
松竹
上映時間
100分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • flcl23
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』、TV放送の続きが待てずにイベント上映にて観賞。後日談をもっと描いてほしかった。でも大団円。
    いいね

    良い
  • m2a2katsu2
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』良かった。自然と涙がこぼれてしまいました。綿密に仕込まれたストーリーからするとデスラーの壊れっぷりには所々にヒントがありますね。なんせ尺が短かった。しかし色々と想像できるので楽しい。
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』2回目。とりあえず劇場版に別れ告げてきた。あとはテレビ放映で短縮された25話を補完したら本当に終わり。
    いいね

    良い
  • 0508tsubasa
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』今日見てきました。個人的には、良かったと思いますよ。エンディング申し越し盛り上げてくれても良かったかな?と思いますが・・・歌が良かっただけにちょっと残念。
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』 このリメイクは旧作を尊重しつつ作り直してきたのでずっと観続けたが、最後に情緒的で湿っぽい過去の悪い部分が出てしまった。古代は雪の名を叫びすぎ。雪の発見やミーゼラの遭遇は宇宙狭すぎ。
    いいね

    残念
  • ma24ta
    #映画 『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』。最後に時間切れになった感。TV放映がなければ自由にやらたろうに。でも宮川さんの音楽は最高。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』@新宿ピカデリー。多少の強引&ご都合主義な展開ながらも目頭が熱くなる見応えある完結編でした。上映後の拍手が心地良かった。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』基本的に旧作通りの展開。沖田艦長の最後の言葉には、やっぱりぐっと来た。ただ、強引にまとめた感もあったし、急にベタベタのメロドラマになったのはちょっとコレジャナイ感が...
    いいね

    良い
  • stgb25
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』http://t.co/TMAGOye9Mz 114字で書けませんでしたのでここを見てください。
    いいね

    良い
  • totiegu
    この奇跡は幾つもの命の犠牲によって成り立っている『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』紛うことなきヤマトでした。しかし、加藤も守兄さんも手が早(ry #twcn
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    新宿で『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章』。六章後半2話の崩壊っぷりからよく持ち直した。まだぎこちない箇所多かったけど。ゴタゴタした感じがイマイチではあったけれど、とりあえず完結してめでたしめでたし。しかしデスラーなんなん?
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章』正直なところ2199のデスラーは何がしたかったのか今イチわからなかった。デスラーが遷都を考えていたのはそれまでの話でわかるのだが、その動機付けが弱いというかイミフ。 #yamato2199
    いいね

    残念
  • 138_kaz
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』【ネタバレ】原作をあれだけ改変しておきながら最後は原作と同じラストに辻褄を合わせてくる力技に恐れいった。とにかく今はこのシリーズを無事完結させてくれたことが感慨深いです。
    いいね

    良い
  • dora6393
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』スターシャが波動砲を禁忌と捉えているのが印象的だった。強大な力は使い方を誤ると致命的な傷跡を残す事実を繰り返し強調し、濫用を厳しく戒めた上で人類の可能性に賭けた流れは意味深いと思う。
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』言いたいこと突っ込みたいことも多々ある。が、今は素直にありがとう!と言いたいです。スタッフ・キャスト、関係者の皆さん、ありがとうございました。
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』昨年の4月から見続けて早1年4ヶ月。ついに終わりの時を迎えました。感無量!今はそれしか言えません。劇場版をこれから見る人も、テレビで見てる人も、最終4話を楽しみにしておいてください。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • rockmanalive
    宇宙戦艦ヤマト2199。苦言いっぱい言ったがトータルでは大変面白いアニメだった。あの頃の自分が重なった。童心に帰れた。何せ映画ではささきいさおの歌うテーマソングがかかるのだしかもイントロアカペラバージョンでだ!それだけで泣ける。
    いいね

    良い
  • rockmanalive
    宇宙戦艦ヤマト2199。海水浴は要らないな。アニオタ受けを狙う必要ないしそもそもあんな程度のもので今時のオタクは喜ばない。つくづくその時間をガミラス本丸戦に使ってほしかった。あと、帰り道にも時間費やし過ぎに感じた。冗長過ぎて間延びした感があった。
    いいね

    良い
  • rockmanalive
    宇宙戦艦ヤマト2199。勧善懲悪から見事脱却してガンダム以降の「敵には敵の事情がある」内容になったのは素晴らしい。ならばなおさらガミラス星を滅ぼしてほしかった。そこで暮らす何の罪もない一般市民を巻き込んで滅んで行くガミラスを描いてほしかった。
    いいね

    良い
  • rockmanalive
    宇宙戦艦ヤマト2199。その反面と言うかそのために犠牲になったのがガミラスとの戦闘シーン。敵本丸での死闘は壮絶に描いて欲しかった。双方が総力を挙げてボロボロになる迄やりあって欲しかった。ヤマトは瀕死の状態でイスカンダルに行ってほしかった。そこで古代守と再開してほしかった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3122movies / tweets

    follow us