TOP >作品データベース >巴里の屋根の下

巴里の屋根の下

みんなの感想/評価
巴里の屋根の下
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数100
公開日
1931/5/31
原題
Under the Roofs of Paris Sous les Toits des Paris
配給
三映社
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『巴里の屋根の下』R.クレール初トーキー作品。美しい娘に恋する親友となった2人の男の絡まる想い。動きによる演出はサイレントの趣きを充分に遺し、要所を効果音と音楽で盛り上げるバランス感。更に2つの様式を繋ぐのは歌。情感豊かな撮影法が◎
    いいね

    良い
  • yuki2025
    『巴里の屋根の下』 サイレントとトーキーの良さをいいとこ取りした感じで、その頃の映画の移り変わりを感じられるのがこの作品の良さだと思う^^映画の最初に流れる曲がいつまでたっても忘れられない!
    いいね

    良い
  • rumia1126
    『巴里の屋根の下』何気ない町のお話、昔っぽい、ほのぼの
    いいね

    良い