TOP >作品データベース >カルメン故郷に帰る

カルメン故郷に帰る

みんなの感想/評価
カルメン故郷に帰る
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    3
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
5
ポジティブ指数100
公開日
1951/3/21
配給
松竹
上映時間
86分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • croaton0
    田舎者らとハイカラ娘二人による村を巻き込んでの珍騒動を登場人物たちの芸術に対する価値観と認識の違いを通して面白おかしく描く。終盤の父親が娘カルメンに対する想いを吐露するシーンで作品を締めることで心地いいラストを演出する
    いいね

    良い
  • johnny_pay_pay
    『カルメン故郷に帰る』 喜劇だと聞いたけどあまり笑えなかったのは、ちょっと古かったからかな。 けど、アイロニーな映画だった。 ストリップを芸術だと思い込むことも、それを見ずに否定することも。
    いいね

    普通
  • kyuku99
    田口さんが作った不穏なメロディとやけに陽気なイラストのOPは夜中にみたらゾッとするがお話はあったかめ。色がすごーくキレイ… 日本初のカラー映画だとか
    いいね

    良い
  • rumia1126
    『カルメン故郷に帰る』いかにも総天然色、その色合いだけで、大好きな作品です。きれいだよ~
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • wantmoat
    「カルメン故郷に帰る(1951 木下恵介)」。日本映画初総天然色。黒々とした山並、青い空に浮かぶ雲、緑の草原に放牧された馬。60年前の軽井沢ってこんなに美しかったの?佐野周二が弾くオルガンのメロディーがもの悲し過ぎ。カルメン高峯秀子。ストーリーにはほとんどついていけなかったなぁ。
    いいね

    良い