TOP >作品データベース >四十九日のレシピ

四十九日のレシピ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    68
  • 普通
    4
  • 残念
    7
総ツイート数
2,077
ポジティブ指数91
公開日
2013/11/9
解説/あらすじ
ある日、熱田家の母・乙美が突然亡くなった。2週間後、生きる気力を失っていた夫・良平(石橋蓮司)の元に、派手な格好のイマドキ女子・イモ(二階堂ふみ)が訪れる。イモは乙美から頼まれていた四十九日までの細々とした家事などを引き受けに来たと言い、乙美が残したという「レシピ」の存在を伝える。そこへ夫との関係に終止符を打ったという、東京で生活を送っていた娘の百合子(永作博美)が帰ってくる。良平と百合子、それぞれ心に傷を負った親子は、最愛の妻、そして母であった乙美の人生をふり返りながら、立ち直っていくまでの四十九日を温かく描く
© 2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hrhtito
    『四十九日のレシピ』子供に恵まれなかった女性が、同じく実子のいなかった継母の人生を振り返りながら自分の人生に向き合うお葬式人情劇。今の時代に?とは思うものの、子供が産めないっていうのは、当事者にとっては深刻な問題なんだろう。
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『四十九日のレシピ』四十九日に大宴会するという発想は良かったが、諸所にツッコミどころ満載。やっぱり1番は、岡田将生はなんでブラジル人にしなきゃいけなかったのか?
    いいね

    普通
  • ShionSolt
    『四十九日のレシピ』、私の人生論の答えのひとつがあると思った。足跡。 #映画
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『四十九日のレシピ』女性の人生で子供が幸せの全てではない事を、育ての母の人生を通して見る。タナダユキ監督の子供が出来ないという問題の扱い方は相変わらず生々しい。最後の年表が出会った人によって空白が埋められる場面は良かった。ただそこにたどり着くまでが退屈、もう少しテンポが欲しい。
    いいね

    普通
  • renn6161
    『四十九日のレシピ』イモって子、誰?魅力的!と、しばらく眺めていたら、二階堂ふみ。さすがぁ。タナダユキは残酷さも容赦なく描く代わりに、それを味わった人しか味わえないものも大切に扱う。人は誰かのせいではなく、誰かのおかげで生きるのだ。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『四十九日のレシピ』二階堂ふみの程よい距離無し感が心地よい・・・自分もこんな風に見送られたい!そんなほっこりさせられる作品。おっかのコロッケパン食べたいな。
    いいね

    良い
  • rasukarupoint
    『四十九日のレシピ』 良作でした!年表が埋まるような人生を歩みたいものです
    いいね

    良い
  • ronyoritsumoko
    『四十九日のレシピ』「マディソン郡の麦子さん」よりも甘くなりそうな埋葬・再生話を、回想を極力排した語り、かなり唐突な導入、ファンタジックな登場人物でクライマックスのほっこりほろり爆弾まで巧みに引っ張る。ラストの感動が大きかった。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『四十九日のレシピ』自分の年表を作ったとしたら、どれくらい埋まるのだろう。って考えてしまう。これまで色々な人に支えられて来たこと。しっかりと覚えておかないと。
    いいね

    良い
  • junjunb2st
    『四十九日のレシピ』共感。 永作博美が演じる百合子に個人的な経験上似てて涙しました。 四十九日の意味をよくよく思い知る映画だと思います。 #映画
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『四十九日のレシピ』心に残る一作。主人公は不在だけど、常に中心にいた「桐島、部活〜」の素敵なバージョン。それは「忘れられないおくりもの」の実写版のよう。映画としてはとてもゆるやか過ぎる感はあるけど、演者みなが心地よく、清々しい。
    いいね

    良い
  • hiroirohiroiro
    『四十九日のレシピ』自分の苦手なまったり系の映画としては、そこそこ感動した。老若男女問わず、生前つながりあった人間が、あんなに沢山集まってくれるのは幸せな事だなと。。ただ、原田泰造が訳分からん奴だなと多少興醒めした☆3.5
    いいね

    良い
  • PUNKSHIGE
    自分的には、前作の「ふがいない僕は空を見た」の方が好きかなぁ。田畑智子のフルヌード、ハンパない濡れ場も込みでだけど
    いいね

    良い
  • PUNKSHIGE
    『四十九日のレシピ』タナダユキ監督作品って不妊症に悩む女性の葛藤を描く作品ばっかりのような・・・。 40近くになっても子作りを諦めない永作の適度にくたびれた感。良かった。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『四十九日のレシピ』継母の四十九日を自分達らしい手作りの法要をするまでに、それぞれが再生の道を踏み出すのです。小さくまとまってしまいましたね〜映画にする意味、あったのかな…
    いいね

    残念
  • araoji
    『四十九日のレシピ』を観る。 母親の四十九日を行うまでの物語。 母親への父と娘が思い出を辿っていく様がとてもいい。 永作さん石橋さんの演技も良いが、二階堂ふみさんの破壊力と淡路恵子さんのアクの強さにやられた。
    いいね

    良い
  • neo5R
    『四十九日のレシピ』★3.5 劇場。
    いいね

    良い
  • mirena_33
    タナダユキ監督『四十九日のレシピ』鑑賞。凄く良かった。優しさを思い出させてくれる作品。特に二階堂ふみと永作博美は最高。女の強かさと男の不器用さを描いているのだが、夫役の原田泰造のミスキャストが悔やまれる。石橋さんに免じて許すけど…◎
    いいね

    良い
  • allgreen
    『四十九日のレシピ』つづき。それゆえエピローグにはもやもやしてしまったりも。「女」の嫌な部分がやけに生き生きと描かれているのも一興。昨今の「血縁最強!家族万歳!絆!」みたいな流れに一石を投じる物語でもあるなぁ。ドラマ版も見返そうっと。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『四十九日のレシピ』鑑賞。エンドロール見るまで二階堂ふみだと分からなかったよ!その二階堂ふみに完全に喰われた感はあったものの、永作博美はなかなか好かった。石橋蓮司に至っては言わずもがな。キャスティングで7割は乗り切ったのではないかと。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    5622movies / tweets

    follow us