TOP >作品データベース >ペコロスの母に会いに行く

ペコロスの母に会いに行く

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    63
  • 普通
    4
  • 残念
    1
総ツイート数
2,481
ポジティブ指数97
公開日
2013/11/16
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
ペコロスとは、小さな玉ねぎのことで、岡野の愛称。「ハゲた息子が母に会いに行く、その繰り返し」という、認知症の母との何気ない日常をベースに、原爆が落とされて間もない頃の父母、酒乱だけど本当は優しい父と過ごしたゆういちの少年時代、母の元を訪れる父の幻影といったエピソードが織り交ざっていく…。
© 2013『ペコロスの母に会いに行く』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 2Cap4
    『ペコロスの母に会いに行く』94点
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ペコロスの母に会いに行く』竹中直人のハゲネタも含めて全部想定の範囲内。悪くはないどころか役者陣の演技なんかすごくいいんだけど、長崎版この世界の片隅にな回想シーンが長くて、もう一寸現在の認知症シーンがあった方が良かったです。
    いいね

    普通
  • ytaro716
    『ペコロスの母に会いに行く』最後に一青窈の歌が流れて、切なさの嵐、いつか誰にでも訪れる時、重いテーマに笑いも混ぜて素敵な映画です。★★★★☆。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ペコロスの母に会いに行く』ほぼ完璧!完璧な作品!で、何が完璧かっつうと作中の「長崎弁」今まで九州弁の作品観てきた中で壱番!さすがは長崎出身者演技陣。痴呆介護の心労を敢て笑いに変え母の忘れ得ぬ想いが終幕の集約と共に「ボケるとも悪かことばかりじゃなかかもな」にさせてくれる優温作品。
    いいね

    良い
  • necorash
    『ペコロスの母に会いに行く』誰しも若い頃があり、苦労があり、人生がある、そんな想像を働かせたら、介護をする側の気持ちも少しは楽になるのではと感じた作品。
    いいね

    普通
  • cinemaANDtravel
    『ペコロスの母に会いに行く』認知症と介護、という重い問題がテーマですが、なんと喜劇です。認知症の母を演じる赤木さんが日本の母という佇まいですばらしかったです。 自分は何を思い出すのだろう?http://bit.ly/1U5KAoy
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ペコロスの母に会いに行く』「ボケるのも悪いことばかりじゃないかもね」という前向きなメッセージとともに、あまり深刻にせず笑いに包んで認知症介護の実態を見せる感じがいい。少しだけ介護に対する心構えができた気がする。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『ペコロスの母に会いに行く』事前に森崎東のドキュメンタリーを見ていて、本編見る前からすでに面白いと思い込んでいたが、やはり面白かった。いらないような台詞や場面も全体で見ると味になってる不思議な魅力。人間の駄目な部分を赦す寛容さも泣けた
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『ペコロスの母に会いに行く』アルツハイマーを癒しとして捉えた物語も感動的だが、何てことない平凡な市井の人が掛け替えのないドラマを背負っていることを、笑いとシリアスのバランス保ちつつ描いているのも素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『ペコロスの母に会いに行く』大崎GCソニー生命上映会。認知症をややコミカルに扱っているのだが、全力では笑えないな~。2013年の映画なのにルックは30年位前の映画のよう(いい意味で)。エンディングに一青窈が流れるだけでいい映画に感じるあたりは良選曲だと思う。
    いいね

    普通
  • renn6161
    『ペコロスの母に会いに行く』長崎弁が優しい。岩松了さんはまさに変幻自在。笑ったり泣いたりするのは観る側なんだけれど。老いることは辛い面ももちろんあるが、愛しく人を包み込むような作品に出会うと元気が出てくる。人の一生はみな素晴らしい。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ペコロスの母に会いに行く』自分の両親に祖父母に思いを馳せてしまいどうしても客観的に見られないが、随所に笑いの要素を挟み重いテーマながら過度に深刻になり過ぎるのを上手く中和させてる。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『ペコロスの母に会いに行く』将来、自分にも降りかかるかもしれないテーマを切なくもほっこりさせながら真摯に取り組んでいる構成も素晴らしい良作。竹中直人の鉄板ネタをストーリーにしっかり盛り込んでいるのはご愛嬌。
    いいね

    良い
  • ronyoritsumoko
    『ペコロスの母に会いに行く』認知症になった母と陽気な息子の話。可愛すぎない老けメイクの赤木春恵が自分の祖母と瓜二つで終始、涙腺決壊。施設入所が「乳母捨て山」ではなく、介護のスタートラインとの描き方に好感。随所のコメディシーンが面白い。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ペコロスの母に会いに行く』原作を先に読んでたのが失敗でした。話を盛りすぎ煽りすぎに引いてしまった。あと赤木春恵化粧濃すぎ、ペコロスさんがかわいくないなど、原作漫画のかわいらしさとのギャップに苦しむ。あと竹中直人はいらない。
    いいね

    残念
  • frodopyon
    <ペコロスの母に会いに行く>監督にはかなりの思い入れがあるんだな、・・・ http://t.co/PaP39Mp11I
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『ペコロスの母に会いに行く』心に沁みた。#movie
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ペコロスの母に会いに行く>主人公の描く漫画がほっこり可愛くて、ヅラネタなら竹中直人♪な不自然さが可笑しくて(引っ張り過ぎだよーw)。母親の人生の描き方が良かったなぁ。決して平坦な日々ではなかったからこその、最後の優しいつぶやき。
    いいね

    良い
  • sasayaki_verdy
    『ペコロスの母に会いに行く』社会問題だし身近になってきた親の認知症、介護をテーマをボケに片足突っ込んだチャンバー集団に混じって鑑賞。暗いテーマをハゲネタで被せる作りはいいよ!裸になるだけが自分をさらけ出す訳ではない!
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ペコロスの母に会いに行く』つづき。個人的には婆ちゃんが発症した頃をどうしても思い出してしまい、心中穏やかではなかったのだけれど、絶妙な匙加減で終始ニヤニヤさせていただけたのは嬉しいところ。あと長崎に行ってみたくなるよ!ランタン祭り!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...