TOP >作品データベース >マイヤーリング

マイヤーリング

みんなの感想/評価
「マイヤーリング」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
69%
  • 良い
    12
  • 普通
    2
  • 残念
    3
総ツイート数
1,080
ポジティブ指数79
公開日
2014/1/4
解説/あらすじ
1888年。エリザベート皇后の長男でオーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフは皇太子としての自生を悲観しながらも、その場の気晴らしをしながら毎日を過ごしていた。ある日、街中のパーティ会場に身分を隠し、出席していたルドルフは男爵令嬢で17才のマリーと偶然に出会い、激しい恋に落ちた。しかし、ルドルフは陸軍大臣フリードリヒ公爵の陰謀に巻き込まれて追いつめられる。ドイツ大使館でのパーティで、死を決意したルドルフはマリーと雪の降るウィーン郊外のマイエルリング(マイヤーリング)の別荘でお互いの愛に包まれながら、短くも華麗な愛に生きた生涯を終えるのだった――。
© 1957 Showcase Productions,Inc. © 2009 Films Around the World,Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 525600_mins
    『マイヤーリング』ただただ、オードリーが可憐。幕間があったり、ニュースを読むような解説があったり、なんだか新鮮だった。話は…そうかと思うものの、間延びしてしまい、もて余した。当時の夫婦だったという驚きとオードリー観たさならあり?☆2
    いいね

    残念
  • kamine7yasiro
    『マイヤーリング』字幕モノクロ。悲しいなぁ・・・
    いいね

    普通
  • WaseiG
    『マイヤーリング』鑑賞。これはある程度事前知識を入れておいた方が良い映画だった。物語のような現実の恋物語というのは大変珍しい。映画としての出来はあんまり良くないが、いろんな付加価値がついてるなぁ。
    いいね

    普通
  • gk21nika
    15036『マイヤーリング』を鑑賞。オードリー、美しいですねー。画像が悪いのが残念。まあしかし、それだけって感じかなあ;^_^A 仕方ない部分はあるにせよ、うーん・・・て感じですねー;^_^A
    いいね

    残念
  • campanello9720
    『マイヤーリング』WOWOWでの鑑賞。悲しい出来事を映画化。
    いいね

    良い
  • araoji
    『マイヤーリング』を観る。 既婚の皇太子と淑女の恋物語。 皇太子役のメルファーラーの実直さや苦悩、ヘップバーンの可憐さに引き込まれた
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <マイヤーリング>需要と供給だからなー、値段は。 http://t.co/QuCuHQEP81
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『マイヤーリング』今、若き日のオードリーの姿に出会えたというだけで、もう感無量。バレエ観賞のシーンで、花のワルツをバックに二人の視線が合う場面が非常に印象的。これがTVで生放送だったとは。是非、オリジナル通りのカラーで観たかった。
    いいね

    良い
  • HANAGUMORI777
    『マイヤーリング』髪型もドレスも全く合っていない。17と聞いた時は無理ありすぎて笑ってしまった。シチュエーションはロマンチックな悲恋なのに、ただそれだけでキャラクターの心理描写もストーリーもおざなりで残念だった。
    いいね

    残念
  • tyokokyariko
    『マイヤーリング』17歳の男爵令嬢を演じたO.ヘプバーンのはつらつとした輝くばかりの美しさはフィルムが粗い上、モノクロだが伝わってくる(実は27歳らしい)。ルドルフ皇太子を簡単に好きになり、行動が大胆なのは若さゆえ?ラストが悲しい。
    いいね

    良い
  • kazuhiro_uraga
    『マイヤーリング』さすがに画質は良くないが、字幕の文字は当然新作と同じように鮮明だから 観難いということはなかった。それよりもこれが生放送のテレビドラマということに驚き。実際のマイヤーリング事件にちょっと興味が湧いた。
    いいね

    良い
  • ham_s1
    『マイヤーリング』観た 改めて「オードリー・ヘプバーン」の美しさにほれぼれ ラストはチョット納得できないけど、実話が元になってるならしょうがないね #映画 #eiga
    いいね

    良い
  • saaco5909
    『マイヤーリング』ルドルフ皇太子と令嬢マリーの悲恋『マイヤーリング事件』をヘプバーンと夫のメル・ファーラーが演じた美しくも儚いラブストーリー。これ当時のテレビで生放送だったらしいですね。驚き!フィルムが粗くてザラザラでなのもレトロ感。
    いいね

    良い
  • treebranch1119
    『マイヤーリング』オードリー・ヘプバーンの未公開作品を観る事ができただけでも価値のある作品です。映像と音声の状態が残念なのは仕方がないところでしょう。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <マイヤーリング>東宝ミュージカルの基本常識エピソードを、オードリー・ヘップバーンのマリーで楽しめる、3回分テレビ映画(現在劇場公開中)。ぼやけた白黒映像(音響もイマイチ)が彼女の美しさを引き立ててます♪ あと、若いシシィの肖像画発見
    いいね

    良い
  • flowermurmur
    『マイヤーリング』 日本未公開だった、オードリー・ヘプバーンが当時の夫と共演した幻の映画。元はテレビ映画?びっくりするくらい画質が悪い。でもオードリーが映ればスクリーンはそこだけバラ色。 27歳で17歳を演じちゃうのもすごいけど、それにしてもなんなのあのストーリー(涙)
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【マイヤーリング】良く見たオードリーに会えた。『花のワルツ』のサビで盛り上がるイ〜イ場面で音ブチっが痛い。この時代の作品でも最近はもっと画質の良いデジタルリマスター版を目にしてるからTV映画と分かってても映像・音ともに残念だ。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「マイヤーリング」KBCシネマ、1/26(日)。ベッタベタのメロドラマ。オードリー・ヘップバーン出演のレアものという以外には特に価値のない作品だと思う。しかもヘップバーンの登場はやや遅い。作品のもとになった事件は知らなかったが、当時の欧米では有名な話なのかな。
    いいね

    残念
  • yas_mussa
    映画感想~。マイヤーリング。オードリー・ヘップバーン主演の未公開作品の劇場公開。ヘップバーンの魅力が卑怯。綺麗とか美しいとかじゃなくてとにかく魅了された。いやー、歴代女優ベスト1だわー。"YOU!"っていう声もかわいい。ノイズ入りの白黒フィルムもいい味出してた。屁!ブバーン!
    いいね

    良い
  • koiddon
    オードリー・ヘプバーンが主演した1957年のテレビ映画『マイヤーリング』を鑑賞。身勝手な話ではあるが、悲劇へと辿る巧妙な仕組みと堅実な演出とで意外なほど楽しめた。画質は決して良好ではないものの生放送だった番組がこうして観られるのはうれしい。ファンにとっては至宝!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3397movies / tweets

    follow us