TOP >作品データベース >さよなら、アドルフ

さよなら、アドルフ

みんなの感想/評価
さよなら、アドルフ
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    34
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
752
ポジティブ指数85
(C)2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotlandand Screen NSW.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • bintang1999
    『さよなら、アドルフ』ローレとトーマスの瑞々しい演技に魅了された。戦争と死の匂いを纏う過酷な旅なのだけれども、森は美しく太陽は明るい。
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『さよなら、アドルフ』大戦終戦直後のナチス親衛隊の子供達の逃避行を描いたもの。赤子を含んだ5人が徒歩で原野や湿地帯を徒歩で歩く姿が痛ましい。目的地に着いた後も問題を抱えたところで終了という救いの無いラスト。
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『さよなら、アドルフ』#eiga ユダヤの子供達の苦境を描いた作品は数あれど、ナチス高官の子供達の作品は初めて。信じていたものが全て崩れ一瞬見えた光も偽りだった事への落胆と苛立ち。いつか立ち直れますようにと祈りたくなるラストだった。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『さよなら、アドルフ』鑑賞。子供たちとひとくくりにするべきではなく、その中には年齢差や序列もある。だけどその繊細さを理解して愛でることが、自分にはわりに難しかった。年を取り過ぎてしまったのか、言葉やカメラの問題なのか。
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『さよなら、アドルフ』幼い兄弟を連れたナチス高官の娘の過酷な旅を通して、少女が生きてきた世界の崩壊を描く。今まで正しいと思っていたことが根本から覆るのは辛い。森の美しさと残酷な現実。そして性の目覚め。少女から大人へ。重いけど好き。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『さよなら、アドルフ』ヒトラーが自殺後のドイツ高官一家の離散。こちら側からの目線はあまり映画で描かれなかった気がする。赤ん坊を連れての子どもたちだけの厳しい逃亡生活の先にあるものは。なにもない?いや、命果てるまで旅はまた続く。
    いいね

    良い
  • chicaotto
    『さよなら、アドルフ』娘と同じ土俵の母親。自らが母親に成らざるを得ない娘。ベビーカーを押しながら歩きまくるきょうだい。敗走。姉やきょうだいの濡れた髪、服。性や自我の芽生え。間に写る自然が彼らの感受性。人種って何なのだろう。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『さよなら、アドルフ』 http://t.co/ChwVDkrKk0 ( @kukucoo )大戦後のナチスの家族を描いた作品。過酷なロードムービー。プロパガンダではなく、描かれるのは少女が信じていた世界の崩壊 #eiga #映画
    いいね

    良い
  • maytofive
    『さよなら、アドルフ』…少女はナチス高官だった父親の存在をどうやって受け止めて行くんだろうか…痛々しいことこの上ない。撮影が美しいんだけど、度々挿入される自然の繊細な映像とこのストーリーとが自分の中でしっくり来なくてちょっとモヤモヤ
    いいね

    良い
  • maytofive
    『さよなら、アドルフ』大戦直後の混沌を、迫害されたユダヤ人ではなく迫害した方の子どもを主人公に描いてるのが新鮮だった。迫害した方とは言っても子供らには関係ない話で、どんな戦争でも子供達は被害者なんだなと思った。この結末の後…
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『さよなら、アドルフ』ナチスの映画というよりも、新しい価値観の前でうろたえ葛藤しながらも受け入れてゆく成長物語なのだろう。価値観の転換した世界で生きなければならない苦労の中で大人へ成長するローレ。守るべき存在があったのが幸いか。
    いいね

    良い
  • anmupapa
    『さよなら、アドルフ』こういう歴史の裏側に視点を当てたはいろんなことを考えさせられます。
    いいね

    良い
  • ishi2n
    『さよなら、アドルフ』ドイツ高官の長女ローレの過酷な旅が描かれた作品でした。ラストシーンは14歳の少女が経てきた旅による心の叫びだったのかな〜❓
    いいね

    良い
  • mau_5628
    『さよなら、アドルフ』 鑑賞!第二次大戦後のドイツ。ナチス高官の家族の逃亡を描いた作品。良かったというか考えさせられる。ある人との出会いで変化する少女ローレ。憂いを帯びた顔が切なかった。#movie
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『さよなら、アドルフ』ナチス幹部の娘が乳児や弟を連れて親亡き後遠い祖母宅を目指す。途中少女を助けたのはユダヤ人青年。価値観やアイデンティティーが悉く覆される旅路。やっと辿り着いた先でも古い価値観を押し付けられ…少女の最後のシーンが凄い
    いいね

    良い
  • BellissM
    →いることを感じさせた。母の言い残した一言「誇りを失わないで」が皮肉に思い返される。彼女の原郷を探す旅は既に始まっているということだ。
    いいね

    良い
  • BellissM
    →白が黒へと反転していく世界の相対的なものとして映画の中に配置されていたのではないかと考えている。 ヒトラーや両親、大人達への失望、青年に対する想い などが彼女のフラストレーションと化して起す行動原理には痛く共鳴でき核心に到達して→
    いいね

    良い
  • BellissM
    不確かな存在=グレーを意味するのではないだろうか。グレーとは否定性のうちに見る一方で肯定性へと転じる可能性を示唆しており二つの両極の間、他のどんな色合いも受け入れることができる曖昧領域。少女の信じていたものから尽く裏切られ→
    いいね

    良い
  • BellissM
    →の違いを飛び越え愛を感じていたのに性行為へと踏み切る事が出来なかった事、忽然と姿を消してしまった事、そして彼はユダヤ人ですらなかったこと。~でもないもの 不確かな不安定な感じ。世の中確かな物なんてほとんど存在しないという比喩。
    いいね

    良い
  • BellissM
    =ネタバレ=考え続けたのは彼女らを救い続けた青年の存在。彼は誰だったのか?彼の存在が意味したものとは? 局面で救ってくれた青年は反目するユダヤ人であった事、警戒心を抱きながらも救世主である彼に感謝の気持ちを伝えられなかった事。人種の→
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    2500movies / tweets

    follow us