TOP >作品データベース >フルートベール駅で

フルートベール駅で

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    103
  • 普通
    6
  • 残念
    2
総ツイート数
1,344
ポジティブ指数97
公開日
2014/3/21
解説/あらすじ
2009年元旦。新しい年を迎え歓喜に沸く人々でごった返すサンフランシスコ「フルートべール」駅のホームで、22歳の黒人青年が、警官に銃で撃たれ死亡した。丸腰の彼は、3才の娘を残しなぜこのような悲惨な死を迎えることになったのか。本作は彼が事件に巻き込まれる前の“人生最後の日”を描く――。
© 2013 OG Project, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 1000ya
    『フルートベール駅で』観た。オクタヴィア・スペンサーどこでも観るな。アメリカマジで簡単に銃抜きすぎやし黒人ほんまに不遇やなアジアンに比べたらマシなんやろけど…。と観てる時にまた黒人が射殺されたニュースでうーん…9年経ってもなんも…。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『フルートベール駅で』 ▼2/24/18鑑賞 【Netflix(スタンダード)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『フルートベール駅で』白人警官に射殺された黒人青年の最後の1日を綴った映画。前科はあるけど根っからの悪党ではない青年の人柄が垣間見えます。人種差別するような輩は、そもそもこんな映画観ようともしないかー。
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『フルートベール駅で』決して庇う訳ではないけど、撃った警官の背景もやっぱり気になるなー。 意図的なキャスティングだと思うけど、恫喝的な上司に対して、一瞬映った顔には明らかに焦り・恐怖・未熟・不慣れ、といった表情をたたえていた。
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『フルートベール駅で』ドキュメンタリックな撮り方で綴られる彼の大晦日から元日までの記録。彼の良い面悪い面両方含めて、小さなことの積み重ねで大惨事になったことが伝わる。
    いいね

    良い
  • Rider_owari
    『フルートベール駅で』冒頭から実際の事件映像が流れ、余りに衝撃的過ぎてあっという間に映像に引き込まれます。アメリカの抱える社会問題をしっかりと捉えており、見終えた後の重たさは正に人の命そのもの。
    いいね

    良い
  • YELLOTRASH
    『フルートベール駅で』('13)観了。『クリード ~』で見事に『ロッキー』を蘇らせたライアン・クーグラー監督・脚本、M.B.ジョーダン主演コンビ初作。観た誰もが不条理・義憤を感ぢる実話事件の映画化。メタスコア85(!)名作認定済。
    いいね

    良い
  • tatsumune
    『フルートベール駅で』不器用な青年に偶然に積み重なった不運が「あるきっかけ」で不幸な結果となった悲しい話。何故そんなに自分の都合だけで考えるんだ?と腹立たしく思ってしまうほど引き込まれた。
    いいね

    普通
  • rheneas7
    『フルートベール駅で』クリード流れで未見だった本作を。ライアン・クーグラー、やはり本物でした。ほんとーに小さな、細やかな積み重ねだけでここまで描ききったかっていう。んで驚きの85分!素晴らしい距離感だと思う。
    いいね

    良い
  • johnny_pay_pay
    『フルートベール駅で』 すごくジーンと来た。腹立たしいのと悲しいので。 マイケル・B・ジョーダンが不器用だけど誠実な若者を好演。それがすごく良かった。幸せになってほしいと心から思った。 なのに……。
    いいね

    良い
  • jedi_kk
    『フルートベール駅で』平凡な日常をドキュメンタリータッチで退屈なまでに淡々と描く事で終盤の非日常性がより強烈に浮かび上がる。これが衝撃の事実!22才の無抵抗な黒人男性と家族を襲った悲劇。実際の映像が痛々しい。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『フルートベール駅で』(2013)DVDで初鑑賞。新人監督の信念とテクニックを感じる。被害者の最後の1日を淡々と描くことで生まれるメッセージ性。それを自然にみせる役者の活かし方やカメラワーク。マイケル・B・ジョーダンの染まってない普通っぽさがいい。アメリカの闇の断片が突き刺さる。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『フルートベール駅で』鑑賞。まず、警官のあまりに理不尽な言動に怒りを覚える。そして、今日が自分の人生の最後の一日だったら……と考えずにはいられない。現実に起こった事件をこのように映画化したのか、とも唸らされる。非常に重い逸作。
    いいね

    良い
  • urochy
    『フルートベール駅で』シンプルなストーリー、不思議な力強さを感じた。「で?」
    いいね

    普通
  • lovilovilemon
    『フルートベール駅で』 撃たれた瞬間確かに彼は悪くないかもしれない でも騒ぎの元を作ったのは彼だと思う 日頃の行いは色々な場面で影響する 人種差別や警察の横暴だけでは語れない事実がある 母親の悲しみが胸に沁みた #movie #映画
    いいね

    良い
  • renn6161
    『フルートベール駅で』実在の事件の映画化。冒頭の映像と音にまず衝撃を受ける。結果を知って「そのとき」までを振り返るのは辛いと思ったが、失敗や間違いから気づき、立ち直ろうと家族や仲間を愛する22歳の青年の姿にただ胸打たれる。見応えあり。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『フルートベール駅で』白人警官に銃殺された黒人青年の大晦日から新年の出来事の中で描いた作品で黒人青年を取り巻く家族愛が主眼になっている感じで、もう少し問題に深く切り込んで欲しかったというのはある。ドキュメンタリー風に淡々と描いているんだが。スパイク・リーが賞賛していた映画だが。
    いいね

    普通
  • hrhtito
    『フルートベール駅で』何気ない1日が突然人生最後の日になり得るということに、今更ながら衝撃を受ける。同時期に公開されていた「それでも夜は明ける」の様な大作ではないが、現在進行形の問題を扱った点が重い。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『フルートベール駅で』22歳の黒人青年の人生最後の一日。何気ない日常の描写から、事件の起きたフルートベール駅へ向かう辺りで一気に加速する緊張感。無抵抗な黒人青年に対する発砲が、大勢の人々の見てる前で起こったということに愕然とする
    いいね

    良い
  • yoasis_katokiti
    『フルートベール駅で』実際にあった黒人青年が白人警官に無意味に殺された事件をもとにしながら、安易に人種問題に結びつけないこの映画の視点は見事で、それは殺された主人公が決して真人間ではなかったことを正直に描いていることからもわかる。淡々とした一日が突然終わってしまう悲しみ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    4988movies / tweets

    follow us