TOP >作品データベース >5つ数えれば君の夢

5つ数えれば君の夢

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    32
  • 普通
    0
  • 残念
    3
総ツイート数
2,550
ポジティブ指数87
公開日
2014/3/8
解説/あらすじ
文化祭を間近に控えた女子校を舞台に、東京女子流のメンバーである山邊未夢・新井ひとみ・庄司芽生・小西彩乃・中江友梨の全員が出演。山戸監督ならではの斬新な切り口で「全員が主役」となる5人分のエピソードが描かれる。
© 2014「5つ数えれば君の夢」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『5つ数えれば君の夢』久しぶりに映画館で鑑賞。やはり映画館だと映像強度が違う。そして、山戸結希の強さも映像にあると感じた。当時五名の東京女子流それぞれのこれという顔を切り取るのは山戸監督の腕だろう。登場人物の言葉を借りれば、山戸監督の眼で世界を見てみたい。
    いいね

    良い
  • yutopipi
    『5つ数えれば君の夢』ビジネス的に見ればアイドル映画なのに、内容の芸術性の高さにびっくりしたわ ストーリーはあってないようなものだけど、すごく独自な雰囲気の持った映画だった
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『5つ数えれば君の夢』あまりにも詩的過ぎる。そしてその詩的さを表現するには構成がグズクズ。終わった後は結局なんなの?と言いたくなる。もう一つ演技と音楽が気になり過ぎて話に集中が出来ない。特にずっと音楽を流しているのにイライラしたし、それが全体のまとまりのなさに繋がっていると思う。
    いいね

    残念
  • alsyandlv
    『5つ数えれば君の夢』単純な映画としてみればひどい出来だと思うけど、アイドル映画としては意外といい映画だったんじゃないかなーと思う。無駄なBGMは無くして欲しい。
    いいね

    残念
  • hrhtito
    『5つ数えれば君の夢』そこいらの安っぽいアイドル映画とは一線を画す、少女たちの瑞々しさに溢れた文学的青春映画。演出が空回りした感があって、全体のまとまりには欠けるけれど、主演の東京女子流の5人がとても魅力的に撮られていた。
    いいね

    良い
  • yuki7766
    『5つ数えれば君の夢』女子流が主演だからという興味で観たけど良かった。単純に物凄く面白かった。スプリットスクリーンがこんなにハマってるのは記憶にないし話もテンポが良くてどんどん引き込まれた。ファンタジーとしての女子校。
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『5つ数えれば君の夢』(山戸結希) この映画を見て、今使われている「恋」という言葉の定義は狭すぎるのではないかと思った。改めて定義するなら「「素敵だな」と思った人(物)に対し接触を試みたいと思う気持ち、もしくは接触時のアクション」だ。
    いいね

    良い
  • wada_taka
    『5つ数えれば君の夢』感想。5人の少女の揺れ動く感情を心地よい緊張感とエモさで描いた、新たな青春映画の金字塔。独特の台詞廻しと物語のテンポ、画面造りで圧倒的に美しい世界観が描かれている。特に、ケレンの極みのクライマックスシーンは圧巻。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『5つ数えれば君の夢』二回目。あまりに語るとこが多いけど、今回はウサミに着目。後半の階段のシーンの底意地の悪さにゾクゾク。ミスコン姿の美しさはめいてぃんまんまなんだけど、最後にベーやまに水かけられたときの女王様顔。山戸監督スゴい。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『5つ数えれば君の夢』ともかく、映画は良かったんだけど舞台挨拶にでてきた東京女子流、ほんとに人形みたいだったし、監督も何か良さげな人で、もういいイメージしかなかったりする…。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『5つ数えれば君の夢』特にクライマックス、新井ひとみの舞踏は表情も撮影も見事な美しさで、これぞアイドル映画、ていうか映画だ〜という感動。岩井俊二的と言えばそうだがアイドルグループ内役割の暗示としても深読み出来たり、独特の面白さだった。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『5つ数えれば君の夢』主人公5人全員が美少女で、素朴な演技で語る言葉は難解というアニメ作品のような雰囲気が女子高の閉じた空間をリアルと夢の両方のイメージで満たしていた。それが境界線上のキャラクターと見事に合致していて美しかった。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『5つ数えれば君の夢』女子校の文化祭前にそれぞれ5人の揺れ動く気持ちをそっと撮ったような今時珍しい真っ当な青春映画。ここぞというときの顔のドアップとメルヘンとメンヘルをごちゃまぜにしたような台詞の長回しが凄いっす。ミスコンてまだある?
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『5つ数えれば君の夢』ポエムというべきか比喩の世界か、絶えずピアノなどの音楽が流れる中、ある種お嬢様女子高異質な世界。いまどきの学園ものにしては珍しく、陰湿な悪巧みやいじめ、淫行などをほとんど封印しているのは、アイドルグループだからか
    いいね

    良い
  • BellissM
    用意されています。学校という閉鎖的空間と限られた時間それは少女の一生(少女でいられる期間)思春期への惜別と切なさ全部ひっくるめて胸にぐっとくる。何から何まで危なっかしい薄氷の上を我が者顔で行進する山戸監督、やっぱ面白いなこの人。
    いいね

    良い
  • BellissM
    『5つ数えれば君の夢』生命の根源である「水」水が腐らないのは常に流れているからで同じ場所には滞在しない水を鮮度よく活発な少女達に例えています。何度も登場する“淀んだプール”は少女の墓場を意しているのでしょう。びっくりする水との戯れも→
    いいね

    良い
  • BellissM
    『5つ数えれば君の夢』なまめかしさを根源的に観る者に感受させるし青春期心底のもやもや感やわだかまりへの無軌道ぶりと解放感。饒舌で観念的、狂気も孕んだ哲学もありその不安定な感じは切実に見てる者
の心に突き刺さる。
    いいね

    良い
  • BellissM
    →慰撫のありかたを横糸に編んでいく。その横糸が響くのだと思う。その部分は鍵のかかった日記を不当に盗み読みしているような心苦しさもちょっとあるんですけどね。
    いいね

    良い
  • BellissM
    →と呼応し集約してみせる。発話と負荷がかかる振りをフォーメーションを変えながら繰り返す独特手法。いやいやどうしてこんなにバランスが悪いのにやられてしまうんだろう。学園生活の一大イベント 学園祭を縦糸、人が人を気遣うさりげない感情の→
    いいね

    良い
  • BellissM
    →でもですね面積の大半を占める少女(漫画)的な抒情過多や青臭い演技から生成されるニュアンスこそがこの映画の魅力に他ならない。5人の少女の心理へ焦点をあわせ、物語での折々の心情(守るもの、貫くもの、信じるもの、寄り添うもの)にかっちり→
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...