TOP >作品データベース >不気味なものの肌に触れる

不気味なものの肌に触れる

みんなの感想/評価
不気味なものの肌に触れる
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    2
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
618
ポジティブ指数81
公開日
2014/3/1
配給
fictive
上映時間
54分
解説/あらすじ
 
(C)LOAD SHOW, fictive
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 624ken
    オーディトリウム渋谷で濱口竜介監督『不気味なものの肌に触れる』を鑑賞。石田法嗣さんの眼光、雰囲気が男臭い。怪しいダンスの雰囲気そのまま不穏な雰囲気が漂う。染谷さんいったい何者なんだってことで続きが見たいぞ。
    いいね

    良い
  • kasuyato
    『不気味なものの肌に触れる』斗吾が橋の上で美里にした話。あの場面でなぜか涙がでた。でもこれまでの作品を超える刺激はFLOODSまでおあずけされた感じ。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • boyslife95
    濱口竜介『不気味なものの肌に触れる』は計算された上手さを超えた野放図さがあり、それが素晴らしいと思う。染谷将太と渋川清彦の追いかけっこで不意に流れるサティ。河原でフリスビーを楽しむ数人の作業員の様子、するとその中にいた村上淳がフリスビーを明後日の方向に投げる緩やかな切断の瞬間……
    いいね
  • out1film
    濱口竜介『不気味なものの肌に触れる』。2つの世界がシンクロし、変化していくメタ映画かと思いきや、いともあっけなく事件が起こり、刑事が登場し物語が動く。そのダイナミズム!最小限の設定と衣装と小道具で、河井青葉が刑事でしか見えなくな るフィクションの強度!ただただ興奮しました。
    いいね
  • out1film
    濱口竜介『不気味なものの肌に触れる』。素晴らしかった。演出が、ショットが、編集が。すべての登場人物の仕草や声に感動してしまった。つまり映画の存在そのものに感動したのです。主役脇役を隔てない役者への眼差し、そして濃密なショットに、無駄の無い編集!正に、カサヴェテス!
    いいね
  • haruchoko16
    「不気味なものの肌に触れる」おもしろかった。なんだかじっとりとしてた。続く…になっちゃったけど続きはいつ見られるんだ!
    いいね
  • e11e_nyon
    偶然にも、初観のときと同じような嵐の日に観た。あの日は夏が秋に変わる瞬間のドギマギさの中で。今日は冬が春に変わる瞬間。冷たい雨と温かい空気でゾワゾワする、そんな中で観た「不気味なものの肌に触れる」映画と現実が地続きのようで、なんかとても恐い。不気味なハラハラに呑まれ、抜け出せない
    いいね
  • IKIEV77
    「不気味なものの肌に触れる」川辺の安穏とした空気を一瞬で絶ち切るフリスビーの俯瞰シーンとか、ダンスの先生からのメールをお題に、ナオヤとチヒロがインタビューしあう、役者と役柄とが虚実ないまぜになるような瞬間とか、ゾクゾクするシーンが一杯あったな。
    いいね
  • AsanoNowmasa
    オーディトリウム渋谷で「シミラーバットディファレント」と「不気味なものの肌に触れる」観てきた どっちも楽しめた
    いいね
  • yushioz
    「不気味なものの肌に触れる」観た、身体が変質している、すさまじい余韻なんだけど、「拝啓、ヨーコちゃん」(併映)が忘れがたい。これまたすごい映画だった。
    いいね
  • tokimeki922
    染谷くん目当てで不気味なものの肌に触れるってゆう映画をみたけどめっちゃつまらなかった!!!素人映画だからしょうがないけど1000円は高い!!!でも染谷くんかっこよかったからよかった
    いいね
  • edamamekinako
    映画「不気味なものの肌に触れる」観終わった、むっちゃ面白かったけどまだ話が途中(この中編作品はあくまでまだ構想段階にある長編「FLOODS」に向けて作られたもの)でとてもきになる。映像で鏡の使い方はキーになるね。それもさりげなく使えるとポイント高い。
    いいね
  • Gayapii
    昨日は「不気味なものの肌に触れる」も観ました。水と魚は触れ合っているのか…触れられたら自由がきかない、だから触れられるのは困るけれど、触れられていないと魚ではいられない。そんな関係が理想だし、そこに色気が生まれるし、色気がない関係はつまらない。でもどちらも水であればいいんだよね…
    いいね
  • sometakasu
    「シミラーバットディファレント」 似ている、しかし、異なっている 良い恋人同士 「不気味なものの肌に触れる」 2人の関係性•ダンスが素晴らしく良い感じ 触れる、なのに、触れていない 染谷くんのプニプニお腹 どちらも染谷くんが最高過ぎる! 観に行って損はない\( ˆoˆ )/
    いいね
  • kininarukiii
    「不気味なものの肌に触れる」も「シミラー バット ディファレント」も音楽が素敵* もちろん映像も!切り取って持って帰りたいシーンがいっぱい。不気味〜で、月の逆光で輪郭だけが残るところとか、シミラーで、半熟たまごの黄身を割るところとか、好きだな。
    いいね
  • ashizawanoniwa
    不気味なものの肌に触れるを観てきました。不思議な魅力を持つ作品ですね。サティエリックの音楽がこれまた映像と良い具合に絡み合って、絶妙だなあ。そのくせ、なんだか力強い。不思議で不気味でした。
    いいね
  • leo_kitten
    「不気味なものの肌に触れる」この作品は序章みたいだけれども、これで終わってしまって欲しいぐらいによい感じでした。ただ、天才 染谷君が「続きをみたいと騒いでください」と言っているみたいだから、小さな声で「続きがみたい」と言ってみました。
    いいね
  • leo_kitten
    「不気味なものの肌に触れる」聞いていた通りのマイナスイオン。これが観たかった。委ねたくなるようなブルーグレーな霧の様なのが作品を覆っていて台詞ひとつひとつが触れそうで触れない感触をくれるから繰り返して焼き付いてく。石田法嗣君の素晴らしさに唸る。渋谷オーディトリウムで14日まで。
    いいね
  • rotta_rotta
    『不気味なものの肌に触れる』不思議な映画だった。 『FLOODS』という長編に続くんだね。 染谷くんのお腹がポチャっとしてて可愛かったけど、内容はシリアスだからギャップが(笑) あと、渋川清彦さん好きなんだよな〜。
    いいね
  • _mamimura_
    昨日『不気味なものの肌に触れる』もシネクイント以来、二回目の観賞。終始ゾクゾクしっぱなし。古代魚、殺人事件、無意識を意識化するような触れずに触れ合うダンスの艶かしさ。すべてが続編『FLOODS』となって出現するであろう、何かの予兆に充ち満ちていた。至福の54分。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mattsuanko
    2610movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us