少年

みんなの感想/評価
少年
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    3
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
6
ポジティブ指数100
公開日
1969/7/26
上映時間
97分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • moEXTRAblog
    『少年』カラーと白黒を上手く使い分けていて興味深かった。当時の日本を知る資料的な作品。 #当たり屋家族 #日本映画 #邦画
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【少年】大島渚特集。当たり屋で稼ぎ日本各地を転々と移りながら暮らす親子一家の不思議な浮遊感。交わす会話は凡そ団欒の体から程遠く実の親子か似非家族かと訝しげで強く惹きつける。少年の言葉の端々に彼が見ていた世界が窺われ渋い味わい。 #映画
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『少年』元軍人のバカ親父に人生を振り回される、少年とその家族を描いたロードムービー。唐突にモノクロになる演出は大島渚らしいが、それほど効果があるとはちょっと思えなかった。昭和40年代の地元の風景が出てきて懐かしい。
    いいね

    普通
  • Mochina1984
    『少年』あたり屋一家が高知から北上し、北海道へとロードムービーもかくやの見事な映画。少年の目線からズレず、ムダなところが一つもない。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『少年』大島渚監督 「当たり屋」の親子の話。走る車すれすれに飛び込む異常な稼業。監督の思想は前に出さすに客観的な視線と印象的な映像で、少年の悲痛な叫びが訴えられる。見事な表現力。ロードムービーでありシネスコにおさまる日本が美しい。こういった社会派ドラマでは古典的な風格さえ感じた。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『少年』鑑賞。実際に居た当たり屋一家をモデルにしたロードムービー。大島渚にしてはらしくないほど分かりやすく、普遍的な内容。
    いいね