TOP >作品データベース >のんき大将 脱線の巻

のんき大将 脱線の巻

みんなの感想/評価
のんき大将 脱線の巻
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
5
ポジティブ指数100
公開日
1949/12/31
原題
Jour de Fete
配給
日本コロムビア
上映時間
70分
解説/あらすじ
 
(C)Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • allgreen
    『のんき大将 脱線の巻』完全版つづき。にしても、郵便配達アメリカでは!活動写真に盛られたネタのバカバカしさ!真に受けてしまう村のひとびとピュアすぎ!オレ的にはセクシー郵便配達コンテストが1番衝撃だったが、敵視はそっちじゃないのかw
    いいね

    良い
  • allgreen
    『のんき大将 脱線の巻』完全版つづき。冒頭とラストとでスキップする少年が繋がってるところとか、どたばたギャグ以上に絵づくりの巧さが目に付いた。やたらと細かい!ほぼ全員顔見知りな村にカルーセルなどがやって来ることの高揚感にうっとり。
    いいね

    良い
  • allgreen
    ジャック・タチ映画祭にて『のんき大将 脱線の巻』完全版鑑賞。同時上映のタチ初監督作「郵便配達の学校」から膨らませての初長編。郵便配達アメリカでは!に感化される村のひとびととフランソワ。家畜が自由に歩き回る景といい、ひとつの時代だなぁ。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【のんき大将 脱線の巻[完全版]】(ジャック・タチ映画祭) 短編『郵便配達の学校』を大きく膨らませて作られたモノクロ長編。面白いネタの殆どは『郵便配達の…』で見たもの。ラストシーンはコメディーの粋を超え抜群にセンス良く印象的。 #映画
    いいね

    良い