TOP >作品データベース >イヴ・サンローラン(2014)

イヴ・サンローラン(2014)

みんなの感想/評価
「イヴ・サンローラン(2014)」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    51
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
322
ポジティブ指数94
公開日
2014/9/6
原題
YVES SAINT LAURENT
配給
KADOKAWA
解説/あらすじ
1953年、パリ。21歳の新進デザイナー、イヴ・サンローランは、クリスチャン・ディオールの死後、後継者として指名され、一躍世界の注目を集める。その若き天才が手がけた初めてのコレクションは大成功に終わり、衝撃的なデビューとなった。その才能に惹かれた26歳のピエール・ベルジェは、ディナーの席でイヴに出会い、たちまち恋に落ちる。ベルジェはイヴをデザイナーとして独立させ、“イヴ・サンローラン社”を設立。やがて彼は、世界のファッションに影響を及ぼしていく…。
© WY productions – SND – Cinéfrance 1888 – Herodiade - Umedia
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『イヴ・サンローラン』映画の中のコレクションの美しさや品の良さに驚く。実在のパートナーの男性が全面協力。なるほど本物だったのか。21歳でディオールの後継者となった天才の苦悩と支え続けるパートナーの愛も丁寧に描いてあり見応えあり。
    いいね

    良い
  • beetly845
    『イヴ・サンローラン』同性愛要素が入る映画だとは思っていなかったので驚きでした。というか実際にそうだったのか。流石本物を使っているだけあって見ているだけで憧れます(笑)どれをとっても丁寧な作品でした。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『イヴ・サンローラン』鑑賞。ドレス製作・ファッションショーといった華やかな世界と、サンローランのもがきや恋模様などが対比的に感じられた。ファッションに疎くサンローランのもがきもちょっと縁遠く、全体として乗り切れなかった。しかし、描き方は丁寧で上品な作品。
    いいね

    良い
  • chakcu2
    『イヴ・サンローラン』天才とは狂気と紙一重なのだと
    いいね

    普通
  • kiku_21
    『イヴ・サンローラン』とにかく美しすぎる。ぜんぶ好き。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『イヴ・サンローラン』#eiga #movie この間観た「ファッションが教えてくれること」でも中心にいる人って結構ファッションに否定的なのが興味深かったわ。サンローランでさえ「ファッションは芸術ではない」って口走っていたりするのね~
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『イヴ・サンローラン』#eiga #movie 割と淡々と既視感のある運び方なんだけど、ラガーフェルドの若き傲慢とかルルの出現とかイブのヌード撮影とかそういうエピソードがいちいちフックがあった。あとなんといってもドレスよねえ~~。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『イヴ・サンローラン』#eiga #movie 才能ってのは時として自身をも食い尽くすって事実。サンローランよりもやっぱ支えたベルジェに目が行ったわ~。「愛しているのは彼。でも生涯の男は君」そんな言葉で納得できるはずもなく~。
    いいね

    良い
  • kaxtukori
    『イヴ・サンローラン』 美智子妃御成婚時のローブデコルテがディオールで彼の死によってサンローランが指揮、仕上げたってのを聞いて観に行った作品。才あるものに注がれる愛と時代の様式美に浸れるってことで2014年2位
    いいね

    良い
  • mimottr
    『イヴ・サンローラン』サンローランの仕事をわかりやすく紹介してるのでお洋服好きなヒトはきっと楽しい。神経質そうにメガネを上げる仕草、コレクション時の緊張してソワソワ落ち着かない様子、シャイだけど美の探求をやめず懸命に努力するイヴは最高
    いいね

    良い
  • salut0624
    『イヴ・サンローラン』ピエール・ベルジェの純愛としても惹かれた。寡黙なので同じ気持ちはもちろん言わず、繊細でわからないイヴへは孤独なまなざしだけでもうかがえる。春と秋のコレクションはお互いにとって。だが、彼こそが安らぎだったのだろう。
    いいね

    良い
  • manten1211
    『イヴ・サンローラン』若くして成功し才能溢れる、色白でか細く繊細で危なかしい彼。そんな彼と共に歩んだピエール。2人の愛の物語のなかで沢山の洋服が生まれたんだなと。ラストのショーは圧巻。服の持つエネルギーを感じた。#movie
    いいね

    良い
  • mau_5628
    『イヴ・サンローラン』夕食キャンセルして二人がデートするシーンがお気に入り。ジャリル監督素敵な作品ありがとうございます♥︎ #movie
    いいね

    良い
  • mau_5628
    『イヴ・サンローラン』フランス映画祭、チッタで二回の計3回。大好き!二回目フォロワーさんとバッタリ!ニネ氏繋がり!ニネ氏ガリエンヌ氏本当に素晴らしい。そしてルボン嬢。チラリ見えるお尻が綺麗だよ。 #movie
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <イヴ・サンローラン>人間なんだけど、それは当然なんだけど、でも、なんだか、人に懐かない稀有な種の野生動物みたいな存在 http://t.co/63Or40BshC
    いいね

    良い
  • aiankk03
    『イヴ・サンローラン』ガラスの様な美しさと脆さ、繊細なサンローランを演じたピエール・ニネが良かった、お互いを求め合うキスシーンが胸キュン、サンローランの内面が描かれていてお洒落なだけの浅い作りじゃなくて良かった、予想以上にガチホモ映画
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『イヴ・サンローラン』@角川シネマ有楽町♪きらびやかな世界の不思議な人間関係に興味津々!理解できないから興味がわくというか…側で支え続けたピエール・ベルジェの心の中はどんなだったのかスゴく気になった。この人の幸せってどんなだろ?って。
    いいね

    良い
  • ___ryoryo12
    『イヴ・サンローラン』画面の濃淡が素敵な恋愛映画。でもファッションについて高まった。 イヴはズルい男だ!!
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『イヴ・サンローラン』@新宿武蔵野館|よくある自伝物だった。栄光の光と影…伝わらない。なのに、この客の入りはなぜ?中高年のおばさま方はファッションを見に来たのだろうか…
    いいね

    残念
  • hirunekumakuma
    『イヴ・サンローラン』さすがブランド公認作品だけあって麗しい洋服を堪能できます。イヴとベルジェ氏のスーツ姿も魅力的!特に2人がセーヌ川岸を追いかけっこしながら噛み付くようなキスを繰り返す場面でイヴが着ていたコートはご馳走様でしたw
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...