TOP >作品データベース >レッド・ファミリー

レッド・ファミリー

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    97
  • 普通
    6
  • 残念
    2
総ツイート数
3,470
ポジティブ指数93
公開日
2014/10/4
原題
Red Family
解説/あらすじ
誠実な夫、美しい妻、優しい祖父、愛らしい娘。人も羨む理想の家族。しかし一度家に入れば全てが一変。妻役をリーダーに、祖国の為に非情な任務を遂行する、北朝鮮のスパイチーム。隣の家からは犬も食わない家族げんかが、日々垂れ流されてくる。“資本主義の馬鹿どもが”と罵りながらも、喧嘩をしたり笑い合うお隣の自由な様に、スパイたちは淡い憧れを抱き、瞼の家族像を重ねていく。そんな中、4人に下された指令は「隣の家族の暗殺」だった。
© 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • InouePeakTime
    『レッド・ファミリー』お勧めです‼︎考えを改めさせられた。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    4本目『レッド・ファミリー』(@tenpara_tw)。コメディ要素もあるけど、最期の疑似家族による芝居が切な過ぎて・・・さらに過酷な現実を想像すると恐ろしい。ミンジみたいな工作員がいるのか?と思いつつ、パク・ソヨンには救われた。
    いいね

    良い
  • mirena_33
    イ・ジュヒョン監督『レッド・ファミリー』鑑賞。傑作。現実と、どう違うのか分からないが現在の朝鮮半島の混沌を鋭く描いていると思う。勿論、日本も他人事ではない。行き過ぎた権力への痛烈な批判と家族とはどうあるべきか重たい問題を突きつける。◎
    いいね

    良い
  • funkin4hk
    『レッド・ファミリー』思ったほどコメディじゃなかったが、家族を偽装している北朝鮮の工作員たちにもそれぞれの家族がいること、崩壊寸前の隣家の「家族を敬え!」という言葉が鍵か。展開は読めるのだけど、最後には国家ではなく人間を選ぶスパイたちが切ない。人を繋ぐ家族はまだまだ有効であるか。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『レッド・ファミリー』北朝鮮の工作員が家族に扮してスパイ活動や暗殺など企てながら隣のどうしようもない喧嘩ばかりしている家族と交流する。主題は政治よりも家族をテーマとした映画。北の工作員家族は北に家族を人質として取られ家族を喪失している中でラストに見せる家族ごっこの演技は秀逸。
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『レッド・ファミリー』☆☆☆☆-.コメディと諜報員ものとのバランスをうまく取っているとは思う.韓国映画らしい凄みは足りない気がするしリアリティラインがかなり微妙だが結構満足感がある.
    いいね

    良い
  • himaneko16
    『レッド・ファミリー』ギドク監督らしいといえばらしい。北朝鮮の諜報員を描いた作品ですが、偽装家族を演じている北の人たちの人間らしい面とその上にある国家とのギャップ、人間らしい部分を描いているところが良かった。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『レッド・ファミリー』北朝鮮の工作員たちが南の文化に触れるうちに当初の国家のいいなりから自我をもち相互理解にいたるまでをテンポよくコミカルにできるのはすばらしいと思います。特に工作員たちの最後の選択には涙せざるを得ない。良作です。
    いいね

    良い
  • Mondayriott
    『レッド・ファミリー』現代の日本人にはわからないことだろうな…。北朝鮮の人が観たらどう思うのかな…。こういった作品を観ると北朝鮮の人たち全て、ほんとに「笑顔」になれる日を願って止まない…(>_<)
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『レッド・ファミリー』戯画?否、その形を借りた、痛烈な母国への思い。同胞が国家に分断された状況を共感できるだろうか?朝鮮人のアイデンティティを理解できるだろうか?身柄拘束された工作員たちの、最後の〈芝居〉が、すべてを語る。
    いいね

    良い
  • takajan72
    『レッド・ファミリー』韓国に住んでいる北朝鮮工作員の擬似家族です。予告編はユーモアを交えていますが、開けてみるととても重く、笑うどころか一人泣きしました。このテーマが故に悲しい終わり方を覚悟はしてましたが、一筋の微かな光はありました。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『レッド・ファミリー』評判通りに楽しい作品だった。内容的には重いのにそれすらもコメディにするあたりは韓国という国家の成せるわざだろう。この家族にいろいろあったあとのラストカットは希望を感じさせる感じで非常に良かった。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    『レッド・ファミリー』キム・ギドク脚本・製作、家族の物語。大森にて50日遅れで鑑賞。期待以上の良作!家族を装う北朝鮮の工作員たちと韓国のダメ家族を通して、家族の在り方や平和について考えさせられた。北朝鮮での上映はいつの日か…
    いいね

    良い
  • snow200
    『レッド・ファミリー붉은 가족』족。北朝鮮のスパイの疑似家族(赤)と隣人の韓国人家族(青)が家族ドラマのように描かれる前半から、キム・ギドク김기덕脚本ならでは国家忠誠というシリアスなテーマ。"工作員である前に人間だ"という言葉が重い。
    いいね

    良い
  • yyykkkooosss
    『レッド・ファミリー』一年前に東京国際映画祭で観て、ボロボロ泣きいろいろ考えさせられました。
    いいね

    良い
  • kazuhiro_uraga
    『レッド・ファミリー』を観た。外ではお爺ちゃんを敬う嫁が、家に帰ると厳しい上官に変貌するのが笑った。儒教社会の韓国だからこそ成立する笑いかもしれない。個人的には、その手の笑いがもっとあっても良かったのに、とは思ったが。
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『レッド・ファミリー』家族の映画。壮絶、残虐とユーモアは紙一重である。理不尽な生き方かどうかは神のみぞ知るところ。工作員たちの生き様がフェイクでなく本物の家族に昇華し、ラストのカットに神の差配をみた。傑作とはこうあるべき。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『レッド・ファミリー』たとえニセ家族でも一緒に住んでたら何となく家族になったりするのかな…北朝鮮スパイの悲哀、どうにかならないもんかね。。。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『レッド・ファミリー』北朝鮮とはこんな怖ろしいところ、でも、家族思いなのは万国共通。隣家の会話が筒抜けならこっちの会話も筒抜けじゃ?なんて思うところもあったけど、
    いいね

    良い
  • garancear
    『レッド・ファミリー』予告のコメディの印象よりヘヴィだが、ギドクが監督だったらもっとヘヴィだったのだろう。当国の現実は「北朝鮮収容所に生まれて」なので怖いテーマだが、家族ものに仕立てウェットに笑って泣かせる韓国のエンタメ精神。最後辺りのシーンには驚かされた。 #映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...