TOP >作品データベース >リトル・フォレスト 冬編・春編

リトル・フォレスト 冬編・春編

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
78%
  • 良い
    34
  • 普通
    12
  • 残念
    0
総ツイート数
102
ポジティブ指数97
公開日
2015/2/14
配給
松竹メディア事業部
上映時間
120分
解説/あらすじ
「海獣の子供」などで知られる漫画家・五十嵐大介の同名コミックを、「春」「夏」「秋」「冬」の4部作として実写化し、「夏・秋」(前編)、「冬・春」(後編)の2編にわけて劇場公開する「リトル・フォレス...
(C) リトル・フォレスト製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Le_long_samedi
    久しぶりに #リトル・フォレスト冬春編 を見て、来春こそ #ばっけみそ を作ろうと思う。あとは、一度チャレンジしたい #ウスターソース 作り。まずは #ホールトマト くらいからが一番かなぁ。
    いいね

    普通
  • writelefthand
    映画『リトル・フォレスト 冬編・春編』鑑賞。やはり主人公の内面へ迫った冬・春。主人公の螺旋の独白が、今ちょうどさまよっている自分を掬ってくれたように感じた。友達とのエピソードもあり前半より面白かった。食は相変わらず秀逸だが、もちが苦手な私が美味しそうと思ったのにはびっくり。
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』重きは、役者でもストーリーでもなく自然と生きる日々。
    いいね

    普通
  • tamagoooo3
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』生活はお金かけたり、飾られたりするのが素敵なんじゃなく、シンプルでも気持ちがこもってるのがいいと思いました。いい映画です。 #eiga
    いいね

    良い
  • NakanishiMasa
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』[WOWOW記]クリスマス(年忘れ)のケーキが美味しそうです。桐島かれんが作った方です。大事に自然の恵みを頂こうと思うようになる映画です。
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』観た。夏・秋編よりも食べたい!!ってなる料理は減った。いち子、結局あくまでも踏み台で、きっこの方が地に足ついてるというか好感持てる感じになったのはちょっと悲しい。あの空気のまま終わって欲しかったな。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』夏秋より主人公の内面に踏み込んだ感じ。最終的にある決断をする。その見せ方は良かったと思う。デザートを余韻と見るか、余分と見るかが微妙なとこかな。自分はやや後者よりかも?でも神楽は良かったと思う。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』美しくも峻厳な冬と生命の息吹感じる春・・・四季の移り変わりを通して自身を見つめ直すいち子の姿にほっこりし、素材を活かした料理の数々にお腹が刺激させられる。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『リトル・フォレスト冬編・春編』食物を与えてくれたことに改めて感謝の念を持たなきゃ、だ。生きるということの過酷さ、そして美しさを、痛切と感じさせられる。 生きるということはこういうことなんだろうな。
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』『夏・秋編』に続き鑑賞。生きるために食べる。 食べるために作る。 至極、当然のこと。 人が生きるために天地が与えてくれたもの。日頃、忘れかけているが生き物に対する感謝する気持ち、
    いいね

    普通
  • CineManosCafe
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』良かった\(^o^)/
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』テーマは提示されたものの、ほぼストーリーらしきものがなかった「夏編・秋編」に対して、本編は少しだけいち子の成長が綴られる。橋本愛、松岡茉優、三浦貴大、桐島かれん、みんな役柄に合っていていい感じ。
    いいね

    良い
  • oozoraotoko
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』★★★★★「日本」の映画。
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』四季を一周したいち子が周りや母と向き合い、自分と向き合う。母からの手紙で「同じ事をしていても経験を積んだのだから、円ではなく螺旋なのだ」という言葉があるが映画のあちこちで自然とそれが表現されていて素敵。とにかく飯テロってるうえ料理したくもなる!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <リトル・フォレスト 冬編・春編>夏秋編から続けて観ていると、このシリーズの主役は小森の自然の美しさ確かさのような気がしてくる。季節によって変わっていく風景に感動。季節をカレンダーの数字で認識するような生活とは雲泥の差ですね^_^;
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』夏秋編同様ほぼストーリーは無いに等しいが、今回は最後に物語が動く。小森の自然と食物の描写が美味しそうでお腹が鳴る。あんな美味しそうなもの食べたら橋本愛も太ってしまうよ。それとも逆にデニーロアプローチなのかしら。
    いいね

    良い
  • MoyKeane
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』(。-`囚´-)夏・秋・冬・春を通して大事なものがたくさん詰まった温かい作品。社会が豊かになるにつれて、心が貧しくなってる事に気づかされた。なんでだろ… ラストが近づくにつれて目頭が熱くなった…。
    いいね

    良い
  • sugi_hisa
    『リトル・フォレスト 冬編・春編』心地よい時間をありがとう。
    いいね

    良い
  • mirena_33
    森淳一監督『リトル・フォレスト 冬編・春編』鑑賞。前作同様に岩手の自然と美味しそうな食事が目と心に胃袋をも刺激する素敵な作品。失踪した母が手紙で語る「人生は円ではなく螺旋だ」に感銘を受ける。覚悟した、いち子のその後も観てみたいな… ◎
    いいね

    良い
  • Yokoteen
    夏、秋を先に観るべし『リトル・フォレスト 冬編・春編』
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...