薄桜記

みんなの感想/評価
薄桜記
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数100
公開日
1959/11/23
原題
Samurai Vendetta
配給
大映
上映時間
109分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Hawkwindhawks
    『薄桜記』当時の大映2トップの共演による赤穂浪士外伝。ベタな復讐劇なので話はともかく、ラストの足を負傷したための雷蔵の寝転がりながらの殺陣が壮絶。降り落ちる雪の中に散って行く雷蔵の、美しくも男前な姿に酔う傑作。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    人形相手に突然語りかける場面での照明の美しさ。勝新が江戸娘に追い回される場面や最後の殺陣、ラストなど俯瞰の見事な挿入。特に名作と騒ぐような出来ではない、だがここには美術・撮影・衣装・照明など大映が培ってきた職人的な技の面白さがある。
    いいね

    良い
  • yakult331122
    『薄桜記』市川雷蔵と勝新太郎の競演で、赤穂浪士の仇討ちを背景にした時代劇。雷蔵主演作を初めて観たが、理屈抜きで面白い。凛とした佇まいで、武士の矜持と夫婦の絆を情感豊かに描いた。ラストの殺陣は迫力十分。さすが映画史に残る名優。45本目。
    いいね

    良い