悼む人

みんなの感想/評価
「悼む人」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
29%
  • 良い
    10
  • 普通
    13
  • 残念
    11
総ツイート数
3,166
ポジティブ指数74
公開日
2015/2/14
解説/あらすじ
地に跪き、右手を頭上に挙げて空中に漂う何かを捕らえるように自分の胸へ運ぶ。左手は地面すれすれに下ろして大地の息吹をすくうかのように胸へ運び、右手の上に重ねる。そのまま、目を閉じて、何かを唱えるように唇を動かす青年。週刊誌記者・蒔野抗太郎が出逢った坂築静人(高良健吾)は、そうして死者を“悼む”ために全国を放浪している男だった。だが、人の善意を信じられぬ、猜疑心の塊のような蒔野は、静人の不可解な行動(=悼み)に疑念を持ち、彼の身辺を調べ始める。
© 2015「悼む人」製作委員会/天童荒太
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • campanello9720
    『悼む人』高良健吾がこれまで殺人者の役をやってきた数が多く、この悼む人をするためだった…というコメントが印象的だった。
    いいね

    普通
  • hiroirohiroiro
    『悼む人』ひたすら気持ちが悪い映画だった。死と性と暴力を淡々と2時間見せられて、鬱な気分になっただけ。こういう映画って誰得なのかね。。☆2.0
    いいね

    残念
  • It_is_empty
    『悼む人』劇中で主人公も言っている通り、どこか病的な人間ばかりが出てくるので、物語自体にとにかく乗れない。早く帰ってお母さんの面倒を見てやれよくらいのものであるが、石田ゆり子の官能的なラブシーンがとても良かったので、オールOKです。
    いいね

    普通
  • mame_sese
    『悼む人』大竹しのぶさんが助演賞。素敵だった。主人公が母危篤なのに、あそこまで実家に急いで帰らないから、最期に間に合わなくて、主人公は他人を悼む事で家族を犠牲?にしてた事を悩むのね…ってのがあると勝手に期待してしまった笑
    いいね

    良い
  • zumizumizuuu
    『悼む人』★☆☆☆☆
    いいね

    残念
  • writelefthand
    映画『悼む人』鑑賞。原作は大分前に読んだきりだが、原作のエッセンスは忠実に再現できていると感じた。しかし、自分の人生を脇に置いて悼みを続ける姿は、実写で観るときつく感じる。自分の家族を置いておいて、と思うのは死者よりも生者を、と考えているからだろうか。
    いいね

    普通
  • eichan2014
    『悼む人』最初から最後までわけがわかりませんでした。キャストがいいのに残念。
    いいね

    残念
  • Mock_Turtle99
    『悼む人』原作の難しい人物像を高良健吾が実にうまく表現。小説ではイメージしにくい悼むという行為がよく解った。原作で、一部にスピリチュアルな話が入っていて、リアリティがなくなっていると感じた部分も、映画で見ると不思議に違和感を感じない。
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『悼む人』。堤監督もこういう映画撮るんだなぁ。役者はいいけど、天童作品だけにイマイチ。風景を挟む画作りは米国にも欧州にもない日本映画独特の手法だと思いながら鑑賞。
    いいね

    残念
  • KJ_LINE
    『悼む人』日々夥しい数の死が目の前を通り過ぎていく。その死の全てを覚えておくことは、非常に難しい。ただ忘れずに蓄積された分だけ、それを命の重みとして感じ取れる。「ただ覚えておく」それだけで救われる命もある。悼むとはそういうことだろう。
    いいね

    普通
  • yanase_saku
    『悼む人』は…、正直…微妙すぎたわ…。性的・暴力的な描写がありすぎて…、内容が入ってこなかった…。
    いいね

    残念
  • tomochan3642
    『悼む人』昔々に原作を読んだ記憶あり。映画を観ても何も思い出さない。読んだというだけしか覚えていない。う~ん、なかなか感情移入は出来なかったな。高良健吾の静の演技はよかった。
    いいね

    普通
  • takajan72
    『悼む人』妻と鑑賞、同時刻に子供達はドラえもんを鑑賞。心に響く何かを期待したのですが、なかなか掴み所がなく、感情移入は難しかったです。悼むに至った経緯を聞くと、その気持ちの理解までは可能です。皆色々な価値観で人生を生きてるもんですね。
    いいね

    普通
  • ka_mito
    『悼む人』★★☆☆☆ まあ、予告編の時点で感じてはいたが、これがある程度原作に忠実ならばそもそも映像化に向いていないわな。有名俳優が演出の被害者になってる場面も多数。そこに関しては流石堤幸彦、裏切らない(笑)というか…。
    いいね

    残念
  • yuzutsuki
    『悼む人』原作未読。個々のエピソードはいいんだけど、並べるとどこかまとまり切らない印象。何かが物足りないんだよなぁ。しかし、脇まで豪華キャスト。大竹さんはさすがの一言。後、麻生さんも良かった。高良くんはやはり『静』の役がハマるな~
    いいね

    普通
  • noobyoo
    単なる感動作を期待すると痛い目に会う「くちづけ」に続く堤幸彦監督の一筋縄では行かない枠の作品『悼む人』ブログ更新しました ➡︎ http://t.co/61VbHMMlJa 〜 
    いいね

    普通
  • SARUCO1013
    『悼む人』まずは、映画として作り上がったことに安堵。日本には四季があり、人には死期がある。「悼む」も 「恨む 」も、りっしんべん。人間の心。静人のまわりの人々の物語の流れが強すぎて、洞窟の一件まで彼はずっと死んでいたかのようだった。
    いいね

    良い
  • fwhd
    『悼む人』原作が訴えていたメッセージが、やはり映像では伝わりにくいのかもしれない。どんな作品になるのか、心配でもあったのだが、高良健吾は難しい役どころを、しっかり印象を残してくれた。
    いいね

    普通
  • kukucoo
    『悼む人』観た。想定外だった…いろんな意味で(笑)これは~悼みなのだろうか。自己満にしか感じられず共感に遠い。ロードムービーとしての映像は楽しめるけれども、歩いている土地が何処なのかサッパリ分からなくて残念 #eiga #映画
    いいね

    普通
  • maimaiglitter
    『悼む人』内容に感情移入することは出来ずに内容が重苦しい。小説の世界をこの映画の時間に収めるのは難しいのか。
    いいね

    残念
    もっと見る Loading...