TOP >作品データベース >ビッグ・アイズ

ビッグ・アイズ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
78%
  • 良い
    121
  • 普通
    34
  • 残念
    1
総ツイート数
9,145
ポジティブ指数89
公開日
2015/1/23
原題
Big Eyes
配給
ギャガ
上映時間
106分
解説/あらすじ
大きな瞳を持つ“ビッグ・アイズ”シリーズの成功で、画家のウォルター・キーンは一躍時の人に! しかし、一世を風靡したその絵を描いていたのは、妻であるマーガレットだった。「このままでは自分を失ってしまう」と、真実を告白する一大決心をしたマーガレットに対し、曲者のウォルターは「妻は狂っている」と反撃。ついに事態は法廷へともつれ込む。果たして、マーガレットは自分を取り戻すことができるのか…。
© Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kamine7yasiro
    『ビッグ・アイズ』字幕。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ビッグ・アイズ』「天才作家の妻」「コレット 」と同じ系統の作品。女性がまだ力を持っていなかった頃。気弱で優しい妻は家族のために自分を犠牲にしてしまう。本当に家族の幸せを思うなら、勇気を持って自分らしく生きることが一番だなと思った
    いいね

    良い
  • mimi0x089
    『ビッグ・アイズ』ポスターが印象的で気になってた映画。モラハラ夫と自分は弱いと洗脳されてる妻の怖過ぎる実話。こんな夫絶対やだ、、。ティムバートン監督のカラフルさが見てて楽しい!
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『ビッグ・アイズ』「2人で幸せになれた可能性もあったんじゃないのかなぁ…?」と思わせる位には、ウォルターにマーガレットが“救われた”部分もある訳で… ラストも“ザマァ”感と“哀れさ”が同居し、それでいてカラッとした大人っぽい味わい。
    いいね

    良い
  • star_wars_54
    『ビッグ・アイズ』 ありえないくらい怖いけれど、最高の映画だった。観てよかった。実話だなんて信じられない。旦那さんの演技が本当に怖い。あと、母娘が手を握るシーンは素敵な演出だった。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ビッグ・アイズ』ティム・バートン監督にしてはオーソドックスな作りだけど、微妙な感じの多い最近の作品の中では、ちゃんと人が描かれている。エイミー・アダムスの抑えた演技と、対照的なクリストフ・ヴァルツの怪演がすごい。
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『ビッグ・アイズ』クリストフ・ヴァルツは素晴らしい俳優だなぁ。映画としては・・・期待を上回らず、残念。
    いいね

    普通
  • momomikan0608
    『ビッグ・アイズ』#eiga 背景には女性画家が認められづらかったことも有るだろうけど、繊細な芸術を生み出す人は純粋で世間ずれしてなくて、時に良いように扱われるのかも。結局、本当に幸せになるなら勇気を振り絞ることが必要なんだと思う。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    『ビッグ・アイズ』…【ココサン】冒頭の飛び出した家で、残された風景画が今後の警告と暗示を物語っている。「みんなコピーでも気にしない奴らだ」の後の場面でのスープ缶を手に取る下り。三人が公園で写生をしている後ろにマーガレット本人がいる。
    いいね

    良い
  • Bananachama
    『ビッグ・アイズ』なんでこんな弱々しいの?さっさとこんな旦那から逃げればいいのにとイライラもどかしくなる。ティムバートン監督なのでファンタジーと思ったら実話を基にした映画でした。有名な絵画の裏にはこんなドロドロした話があったのですね
    いいね

    普通
  • adzukiaddict
    『ビッグ・アイズ』虚言癖って怖い。エイミー・アダムスの弱々しい感じの演技は鉄板ですね。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『ビッグ・アイズ』鑑賞。自分の感覚としては、善悪の釣合いが取れた話だとは思えない。事件としても贋作というわけでもなく、社会的な反響がうまくイメージできなかった。芸術とは何か、みたいなところに切り込むわけでもないので、彼女の絵に親しみも感じない自分には、面白味がよく分からなかった。
    いいね

    普通
  • sunaimai20
    『ビッグ・アイズ』芸術の価値とは何なのか。マーガレット本人でさえ、高値で絵が売れると喜ぶし、ウォルターの秘密にも気づかない。ウォーホールのキャンベル缶アートが世間に知られていても、缶自体をデザインした人には脚光があたらない不条理。
    いいね

    普通
  • tatsumune
    『ビッグ・アイズ』DV夫に虐げられ続けた新鋭画家の半生。はじめから画商に徹していればよかったものの・・・人の敵は「欲」
    いいね

    普通
  • Mochina1984
    『ビッグ・アイズ』エイミーアダムスの抑制された姿を見ると古き良きアメリカの中で抑圧された女性の解放となりそうだが、ヴァルツの怪演のせいか、印象に残るのが後半の裁判シーンばかり。文字通り茶番劇が繰り広げられ、笑わずにはいられない。
    いいね

    良い
  • orange_sorbet
    『ビッグ・アイズ』実話だけどどこか寓話的な語り口がティム・バートンらしい。クリストフ・ヴァルツのゲスっぷりと、エイミー・アダムスの傷つきながらも描き続ける姿に惹きつけられる。面白かった。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ビッグ・アイズ』クリストフ・ヴァルツとおいう役者さん知らなかったけど法定のシーンなんてもう独壇場。もう呆れ返って笑っちゃったわ。60年代の車とか衣装とかティム・バートンの色調もこの映画に似合ってた。
    いいね

    良い
  • intheair2
    『ビッグ・アイズ』#movie 事前の期待を超えない超えない。
    いいね

    良い
  • uratora
    『ビッグ・アイズ』観ました。実話ベースだからかティムバートンっぽさは少なめ。ペテン師に出会わなければ埋もれていった才能。しかし自分を殺して描き続けた結果、美術史に名を残せた。ラストの裁判は痛快ではあったが幸せとは何か考えさせられる。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『ビッグ・アイズ』おもしろかった!金儲けと自己顕示欲の塊で低俗な男だけど、彼の存在がなければ絵は売れなかったかも?マーガレットが共犯になったのも、勇気を出せたのも時代によるものか?バートン臭は薄いがポップな色と映像がバートン❤️
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...