TOP >作品データベース >幕が上がる

幕が上がる

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    145
  • 普通
    21
  • 残念
    14
総ツイート数
4,119
ポジティブ指数92
公開日
2015/2/28
解説/あらすじ
とある地方都市の県立富士ケ丘高校に通う、さおり(百田夏菜子)は、演劇部最後の1年を迎えようとしていた。そんなとき、東京の大学で演劇をやっていたという美人の吉岡先生(黒木華)が、学校にやって来る。さおりは、姫キャラの“ユッコ”(玉井詩織)、黙っていれば可愛い“がるる”(高城れに)、演劇強豪校からの転校生・中西さん(有安杏果)、さおりを慕う後輩の明美ちゃん(佐々木彩夏)と共と、年にたった一度の大会に挑むことに。さおりたちが目指すのは、地区大会突破。だが、新任の先生は「何だ、小っちゃいな、目標。行こうよ、全国」と言う。高校演劇は、負けたらそこで終わり。やがて、男子よりも、勉強よりも、大切な日々が幕を開ける――。
© 2015「幕が上がる」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • A22_24
    『幕が上がる』★★
    いいね

    残念
  • kamihiko
    『幕が上がる』2年ぶりに見たら良い映画だった。「未来が見えない」不安がリアルに共感できる。光の速度で世界は広がるから行き着く所もない。だから不安なんだという答えはいいなぁ。今見たら吉岡里帆も芳根京子も出てる。すごいキャストだ
    いいね

    良い
  • akeake10
    『幕が上がる』DVD鑑賞。ももクロのというより黒木華の映画。黒木華素晴らしい!あと原作が平田オリザ氏なんで、青年団や駒場アゴラ劇場が出てきてすごく懐かしかった。変にエモーショナル過ぎないおとなしめの台詞がリアルでやっぱ青年団だなあと
    いいね

    良い
  • MondMasa
    冒頭の大会終わりで、優秀校のキビキビした動きに見とれてしまうってのはかなりアルアルだったり。大会の雰囲気は抜群に近くて懐かしくなりました。高校演劇の生々しい部分をもっとやってほしかった。もっかいやりたいなぁ。
    いいね

    残念
  • MondMasa
    全国の夢を辞退しそうになる理由が黒木華ってのもおかしい。関係ないもん。そういう矛盾やご都合主義なところをアイドル映画だからの一言で割り切ってはいけないと思うんだけど止むを得ずか。
    いいね

    残念
  • MondMasa
    ナレによっていちいち説明される事で本当に邪魔。そこまで客はバカじゃない。ステレオタイプに溢れる演劇部のあり方や台詞の数々によってキツイ出来に。アイドル映画なんだと割り切らないと辛い。賞レースに当てる作劇の内容をもっと見せてほしい
    いいね

    残念
  • MondMasa
    演劇部出身なので懐かしさを感じるところがたくさん!過剰なナレーション、音楽によりうざったいところがありつつもアイドル映画としてステキな仕上がりに。桐島や私たちのハァハァとか青春映画のマスターピースがある中でのこの出来は若干キツイ
    いいね

    残念
  • naru_yobi
    『幕が上がる』たったワンカット放り込むだけで、映画を無価値にできるその手腕、彼こそが本広克行。
    いいね

    残念
  • kc_katsuyuki
    『幕が上がる』Amazonビデオ鑑賞。残念ながら作品にのれなかった。話が頭に入ってこず、見続けるのが苦痛だった、ももクロが5人なのは知ってたので、主役とその友人と転校生はわかったが、残りの二人が誰なのか観てる間中ずっと気になってた。
    いいね

    残念
  • genzanobuyuki
    『幕が上がる』 「なぜ演劇をするのか?」は「己は何者であるか」という問いに繋がる。 鬱屈を抱えた少女が、師と出会い演出の道に開花する。自分を表現できるなら、独白は不要になる。 己が何者か、答えを得たのは師の方で、それは観客の立場に近い。青春映画の感動はそこにある。
    いいね

    良い
  • from_310
    『幕が上がる』WOWOWにて鑑賞。全くノーマークだったのが恥ずかしいくらい良かった。ももクロのことも黒木華のことも、すごく好きになった。10代の一時にしか流れない時間が、確かに映画の中に流れていた。
    いいね

    良い
  • kaxtukori
    『幕が上がる』学園物って時々こちらが身悶えするような、床をごろごろ転がりたくなるような気にさせることがあるんだけれど。この物語は一切なかった。ノスタルジィよりリアリティ
    いいね

    良い
  • mnaoshi
    『幕が上がる』ももクロそれぞれの配役が現実とリンクしているよう。しかしまぁ黒木華。ハンバーグを口へ放り込み続け、すくっと立ち上がり口元を拭ってセリフを発する。あのファミレスでの一連の動き。演出なのか、自然とでたものなのか。見事なり。
    いいね

    良い
  • intheair2
    『幕が上がる』#movie 青春が眩しすぎて見ているのが辛かったです。夏休みに「時をかける少女」「天然コケッコー」と本作を3本立てで見たら立ち直れなそう。
    いいね

    良い
  • katoki
    『幕が上がる』を観た。ヘンテコなアイドル映画が多い中これは素晴らしい出来、青春映画として普通に面白い。 ★★★☆☆
    いいね

    良い
  • hii__p
    『幕が上がる』とても清々しいエンディング
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『幕が上がる』黒木華がすばらしい。
    いいね

    普通
  • milyfuji
    『幕が上がる』ももクロはよく知らないけど演劇好きとしては見逃せない映画。あの教師に黒木華さんをキャスティイングした時点で成功だな。途中の妙な演出は不必要な感あるけど恋愛の絡まない良い青春映画になってる。高校演劇が観てみたくなった。
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『幕が上がる』観た。前半の夢のシーンの演出のクドさとかうーん…と思ったり吉岡里帆の出番の少なさに悲しくなったり、よくある青春映画で終わるかなと思いつつ観てたけど、全てが最後のタイトルが出る部分までの演出で、見事にやられた…。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『幕が上がる』でも「踊る大捜査線」の人が必死に「リンダリンダリンダ」や「桐嶋」を追っかけてるようでそれはそれで悪い気はしない上に見てる間ずーっと気になってたどの子がももクロなんだって疑問がラスト晴れたんでなんかすっとしたけど。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3910movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us