TOP >作品データベース >浦島太郎の後裔

浦島太郎の後裔

みんなの感想/評価
浦島太郎の後裔
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数100
公開日
1946/3/28
配給
東宝
上映時間
82分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • allgreen
    『浦島太郎の後裔』つづき。成瀬巳喜男の戦後復帰第一作。迷いの所為か今ひとつ突き抜けぬが、国会議事堂のてっぺんから叫ぶ藤田進と、それを遠くから見守り共鳴する民衆の絵は大変好い。そうか、怪獣映画とかターザンとか、そっちチャンネルだったか!
    いいね

    良い
  • allgreen
    1945-1946年の映画@神保町シアターにて『浦島太郎の後裔』鑑賞。南方帰りの髭もじゃ復員兵がラジオで叫ぶ「はーあーおおおお!」、美人記者と怪しげな政党が絡んでの騒動…。喜劇になりそうでならないもどかしさも、高峰秀子の美貌に霧散w
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『浦島太郎の後裔』成瀬監督の戦後第一作目は民主主義の教育映画。GHQの検閲があって民主主義を奨励したとか。戦争で南洋に行った帰還兵が久しぶりに日本に帰ってきて、叫けばずにはいられない叫ぶ男になっていた。ターザンの影響かな。その男がヒーローになり与党に囲われていく。日本幸福党だ。
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    3140movies / tweets

    follow us