TOP >作品データベース >ぼくらの家路

ぼくらの家路

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    45
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
729
ポジティブ指数96
公開日
2015/9/19
原題
JACK
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
10歳のジャックは、6歳になる弟のマヌエルの世話で毎日大忙し。優しいけれど、まだ若いシングルマザーの母は、恋人との時間や夜遊びを優先していた。ところが、ある事件からジャックは施設に預けられることになる。友達もできず、施設になじめないジャック。待ち続けた夏休みようやくが来るが、母から迎えが3日後になると電話が入る。がっかりしたジャックは、施設を飛び出す。夜通し歩き続けて家に着くが、母は不在でカギもない。携帯電話は留守番メッセージばかり。ジャックは母に伝言を残すと、預け先までマヌエルを迎えに行く。仕事場、ナイトクラブ、昔の恋人の事務所まで、母を捜してベルリン中を駆け回る兄弟。小さな肩を寄せ合う二人は、再び母の腕の中に帰ることが出来るのか──?そしてラストにジャックの下した意外な決断とは――?
© PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • A22_24
    『ぼくらの家路』★★★★★
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『ぼくらの家路』家路の「家」はどこなのか。母親のネグレクトで施設に入れられ、そこを逃げ出し弟を連れ母を探して街をさまよったジャックの三日間。ジャックは頑張ったよ。ラストの決断に至るジャックの手紙のエピソードは上手いし泣けた
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『ぼくらの家路』淡々と描かれてるけど、ラストの決断は涙します
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ぼくらの家路』「誰も知らない」に近い母親像。でもこの映画の子供たちには戻るべき家がない。10歳の少年が周囲にわかってもらえない中、懸命に弟を守ろうとする姿に涙する。原題は「JACK」終盤のジャックの表情の変化にはっとさせられる。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『ぼくらの家路』重いテーマを淡々と俯瞰で見せる感じ。過剰な演出や寄り添い目線がない分、冷静に見れる。頼るべき母親は愛情はあっても自覚はない。自分と弟を守るためジャックが下した決断は、辛いけど正しいと思う。イボくんが健気で泣けた💧
    いいね

    良い
  • machikolade
    『ぼくらの家路』、、、10歳の少年ジャックにあなたを重ねて観てしまいました。ジャックのラストの決断をギュッと抱きしめたい。
    いいね

    良い
  • lovilovilemon
    『ぼくらの家路』子供より自分の事を優先する母親を、ただ愛し欲し続ける子供たち。まだ無邪気な弟を、何としても守り抜こうとする兄もまだ10歳。関わる大人全てが冷たい。人を思いやるからこそ起こすジャックの行動が切ない #movie #映画
    いいね

    良い
  • 99993g
    『ぼくらの家路』子供たちの目線が切なかった・・・
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『ぼくらの家路』そんな人は子供をもっちゃ、いかんだろ。ダルデンヌ兄弟の映画を想起させる作品で、お涙頂戴ではなく、淡々と、ドキュメンタリータッチで描いていて、子供の健気さが、うっっ…、痛い。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『ぼくらの家路』『ぼくらの家路』ネグレスト、社会の無視などをテーマを描いたドイツ映画。若い未熟なシングルマザーの育児放棄。暴力を振るったりするわけぢゃないし、愛情がないわけではないが、どうしても自分が大事なのだろう。続く→
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ぼくらの家路』原題「JACK」の通り、長男ジャックの物語だった。母親もダメだが周りの大人が結構冷たい。車の窓を割ったのかと聞く前に、なぜ子供がこんな所で寝ているのかと尋ねてほしい。辛いだろうけどジャックの最後の決断には賛成。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ぼくらの家路>原題は、長男の名前JACK。  http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=79200273
    いいね

    良い
  • G31IC
    映画「ぼくらの家路」を鑑賞。少年の悲しい眼で全編を見ている。母さんが悪く見えないことが逆に.....。ひとりでいるより、いっしょにいる方が孤独を感じるときもある。彼の決断はまさにそれだった。
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『ぼくらの家路』 間違いなく愛情はあるんだろうけどこの母親に何を言っても無駄だろうなあと思わせる無邪気さやほぼ無表情な中の僅かな変化で演技する子役すごい… メモの設定が活きてくるとこもほんと上手いよな。
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『ぼくらの家路』 母をたずねて三千里的なものかと思いきややはりこれは原題通りジャックの物語なんだよな。 終盤のジャックの表情がなんとも… たった10歳で悟ってしまうとこも生真面目さも聡明さもあの母親だけに辛い…
    いいね

    良い
  • snow200
    『ぼくらの家路』@HTC有楽町。誰でも母親になれる訳ではない。母親になるための適性を整えて、母親適齢期というのもあるかもしれない。遊び足りずに母親になったツケを子どもが支払う。都会のどこにでもある『誰も知らない』子どもたちの悲劇。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ぼくらの家路』「無責任」では済まない母親の行動だが、若くて母親としての自覚がないんじゃなく、子供は自分にとって重要な存在だけれど、それと同じくらい大切な事があって、どちらのバランスも取れない人が母親になったのだ。辛い映画 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ぼくらの家路』母親は確かに子供たちを愛しているが、それは彼女にとって、どうしても必要な愛じゃない。その不確かな愛にすがるしか方法の無い子供たちはいったい何を拠り所にすれば良いのか。絶望を絶望と思いたくない長男の表情が… #映画
    いいね

    良い
  • mini_killy
    『ぼくらの家路』鑑賞。終盤、上の子の冷めた視線が印象的。ずっと信じていた母親を見切る瞬間が上手いな。とてつもなく長く思わせるが、見切るのに要した時間は、たったの3日間。子供との接し方についての痛烈なメッセージにも思える。
    いいね

    良い
  • koba84Q
    『ぼくらの家路』 「僕たちの家に帰ろう」というより「誰も知らない」だった。母親の無責任さ悪びれなさも驚きだが、周囲の大人たちの無関心ぶりはアメリカなんかじゃありえない、どちらかというと中国寄り。ドイツってこんなドライ? いたたまれん
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    3097movies / tweets

    follow us