TOP >作品データベース >ヴィヴィアン・マイヤーを探して

ヴィヴィアン・マイヤーを探して

みんなの感想/評価
「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    36
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1,446
ポジティブ指数96
公開日
2015/10/10
原題
Finding VIVIAN MAIER
解説/あらすじ
2007年、シカゴ在住のある青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れた。その一部をブログにアップしたところ、熱狂的な賛辞が次から次へと寄せられた。この奇跡の大発見を世界の主要メディアが絶賛。写真集は全米売り上げNo.1 を記録、NY・パリ・ロンドンでいち早く展覧会が開かれるや人々が押し寄せた。撮影者の名前はヴィヴィアン・マイヤー。すでに故人で、職業は元ナニー(乳母)。決して素性を明かさず、15満点以上の作品を残しながら、生前1枚も公表することがなかったという。ナニーをしていた彼女がなぜこれほど優れた写真を撮ることができたのか?なぜ誰にも作品を見せなかったのか?監督は、この世紀の発見の張本人であるジョン・マルーフ。アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされた新たなアート・ドキュメンタリーの傑作。
© 2013 RAVINE PICTURES, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • adusan31
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』ー。彼女は何を考え、写真を撮り、そして残してきたのか。もう知る術のない問いに思いをはせる面白さ。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』ー。直接関わった人の印象、写真だけから受け取る印象が違って見えたりするのが面白い。映画自体の構成もすごく面白い。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』ー。彼女はどんな女性だったのか。何を考え、写真を撮り、生きてきたのか。そしてなぜそれらを残してきたのか。彼女がナニーという立ち位置から切り取った社会、すごく印象的。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』一切世に出ることがなかった謎の天才写真家に迫るドキュメンタリー。まず、写真が温かく優しさに包まれている。関係者の証言でみえてくる複雑怪奇な人物像に興味が尽きない。きっと彼女は世界の傍観者だったのだ。
    いいね

    良い
  • chicaotto
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』人によって呼び方も国籍も印象も違うマイヤー。過去を語らず途方も無く孤独な彼女の眼差しはストリートに向かい覗き見タイプのカメラでシャッターを切る。作品を発表して来なかったのも暗部がある故か。
    いいね

    良い
  • maytofive
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』…→クセのある人物だったみたいだが、そんな視点の先にあの作品が存在する。生前に認められて欲しかったが、こんな形でも発掘評価されて良かった。でもプライベートをあれこれ晒されるのは彼女の本意では無いね
    いいね

    良い
  • maytofive
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』まず彼女が撮った写真の数々に惹き付けられる。その才能と膨大な量を見せられたら「なんで一切発表しなかったんだ?」という疑問はいやがうえに盛り上がり、ミステリーとしても引込まれる。相当クセにある人物…→
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』…【フカヨミ】15万枚以上もの膨大なネガフィルム。床が凹むほど収集された新聞紙。断片的な記録が形作る彼女の人物像は、悪魔で傍観者。新聞紙の逸話であった「私のもの」の発言が覗く胸の内の本音に見えた。
    いいね

    良い
  • yoko_f
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』本人不在で周囲の証言は悪口ばかり。謎すぎる人物像はやっぱり不明だけど、厳しいほど冷静で自分の視点が揺るがない自信家なのか、自尊心が傷つくリスクを恐れる小心者か。映像が素晴らしく美しい。これ好き。◎
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』#eiga #movie 彼女の作品の中にいた人達の表情は呼応したものか、反発したものなのか・・・評価されるその時にいない自分。その自意識。う~~む。決して完ぺきではなかった彼女の硬い顔が残る。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』#eiga #movie 謎はそのままの方が・・・とか思ったり、いや、本当の孤独を知るからこそのあの写真なのかと思ったり。晩年の彼女のリアルが痛い。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』#eiga #movie 写真を撮りたがる人間は星の数ほどいるけれど、死後その作品が「天才」と評されるってことがどういうことか。映画は次第に作品から写真家本人に迫っていく。孤独の意味を考えさせられる
    いいね

    良い
  • t_yuro
    ドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』鑑賞。見やすい映画かと思いきや、結構ハードな内容。「他人との距離の取り方」について考えさせられる1本。
    いいね

    良い
  • satokkasun
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』をうつらうつらしながらレイト鑑賞。CIYで彼女の写真集ありそうだななんて思いながら。謎すぎて余計に興味深い人っていますよね。彼女に関わった方達は変人といいながらどこかしら情がありますよね。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』数えたカットは1141。初めて紐解かれた写真の見事さに思わずカウンターを持ち出した。彼女が遺した写真は素人目にも見事で、あれだけの写真が見られるのはそれだけで幸せ。彼女の遺贈品から映画に起こしたスタッフ陣もいい仕事。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』鑑賞。謎に包まれたヴィヴィアン・マイヤーという女性を追いかける展開は、ドキュメンタリーでありながら多すぎるほどの証拠品から真実に繋がる鍵を探すミステリーの様相がある。芸術の在り様も問いかける優れた作品。
    いいね

    良い
  • akiyoshi752
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』知られざる写真家の話というよりも、どこか精神的に欠落した部分を持った女性という描き方だった。社会との接触の方法がうまくいかなかった人だったのであろう。そういう面では、とてもハードな映画だった。
    いいね

    良い
  • kaxtukori
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』なんて物語性のある人物だったんだろう。彼女の過去を手繰り寄せるドキュメンタリー映画だけれども、何年後か絶対に違う形で映像化されるのでは?
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』証言には矛盾するものもあったけれど、そもそも矛盾のない人の方が少ないだろうし。それにしても素敵な写真ばかりで、こうやって陽の目を見て良かった。
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』死後発見された大量の写真を基にある女性の人生を辿るドキュメンタリー。彼女がナニーとして働いていた家庭の人々の証言から彼女の人物像が明らかになっていく。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...