TOP >作品データベース >虐殺器官

虐殺器官

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
59%
  • 良い
    38
  • 普通
    19
  • 残念
    8
総ツイート数
11,920
ポジティブ指数82
公開日
2017/2/3
解説/あらすじ
9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理体制に移行することを選択し、その恐怖を一掃。一方で後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加。世界は大きく二分されつつあった。クラヴィス・シェパード大尉率いるアメリカ情報軍特殊検索群i分遣隊は、暗殺を請け負う唯一の部隊として、紛争の首謀者暗殺ミッションに従事していた。そんな中、浮かび上がる1人の名前。ジョン・ポール。数々のミッションで暗殺対象リストに名前が掲載される謎のアメリカ人言語学者だ。彼が訪れた国では必ず混沌の兆しが見られ、そして半年も待たずに内戦、大量虐殺が始まる。そしてジョンは忽然と姿を消すという。彼が、世界各地で虐殺の種をばら撒いているのだとしたら…。母国アメリカを敵に回し、追跡を逃れ続けている「虐殺の王」ジョン・ポールの目的は一体何なのか。ついに対峙の瞬間、クラヴィスはジョンから「虐殺を引き起こす器官」の真実を聞かされることになる――。
© Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hiroopen
    『虐殺器官』@netflx。多発する虐殺事件の謎を描く。少年兵を殺す為、兵士の倫理観にマスキングする。また彼らは”仕事”で殺すと度々会話シーンが入る。凡庸な悪はジョンポールだけで無いと示す手堅い演出手腕。虐殺器官は世界自身なのでは?
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『虐殺器官』Netflix鑑賞。映像化はうまくできてると思うけど、あらすじだけをなぞったような出来栄え。尺が短すぎたか。ラストに主人公の行動とその結果を曖昧にして描かなかったのは大問題。観たあと、もう一度小説を読み返したくなる作品。
    いいね

    普通
  • hrhtito
    『虐殺器官』感情と言語の関係や命の選択を問う、かなりディープで哲学的内容。バイオレントな描写も多いが、これは実写の方がよりメッセージが伝わる気がする。ドゥニ・ビルヌーブ監督とかにリメイクしてもらえば、第1級の作品として成立しそう。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『虐殺器官』DVDで再鑑賞。伊藤計劃の長編第一作を原作とするアニメ映画。物語の根幹を"言葉"が成し、哲学的な要素を含む作品故にアニメーションとの親和性の悪さが目立つ。作画にもムラがあり改変部分も今一冴えず、どうにも歯痒いクオリティ
    いいね

    残念
  • y0sh1m3r1
    『虐殺器官』 原作を読んでなくても楽しめる作品となっているが、原作の方がもっと濃ゆい。上映時間内によくまとめられており、戦闘シーンの見応えは素晴らしい。小説を読んでから見るのをオススメする。
    いいね

    普通
  • Hetare3
    『虐殺器官』長セリフで専門用語と残虐シーンのオンパレードで、原作読んでないけど最高に楽しめた。 伊藤計劃の原作絶対読みたくなった。
    いいね

    良い
  • kenkenj1
    『虐殺器官』映画って原作と比較してあーだこーだいうもんじゃないんだよね。別物なんだから。ってわかっちゃいるけどやめられね、ってか〜。こうしてアニメにして観ると軽さというか若さというか、なんか足んないんだけど。面白くないわけじゃないけどね。
    いいね

    普通
  • WaseiG
    『虐殺器官』鑑賞。原作未読。物語の抑揚は弱く、また地の文を主人公に語らせるのもうんざり。その手法自体を完全に否定するつもりはないけど、描写を映像に落とし込む努力が見たかった。おそらく現実の延長線上にあるSF設定なのだろうが、アニメのなかだと埋もれている。
    いいね

    残念
  • LAGD6
    『虐殺器官』非常に興味深いテーマではあるが、先に公開されたハーモニーの大災禍へと繋がる物語のはずが、何も触れられずに終わっている。その為にメッセージ性も希薄になっててしまったが、制作会社の破産があった為に仕方が無かったのだろうか。
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『虐殺器官』制作会社の倒産やらで1年以上延期されていてやっとこさ公開にこぎつけたわけだが、伊藤作品としての文学性というか哲学的なところがアニメでは退屈になってしまって暗い
    いいね

    残念
  • hachimusica
    クラヴィスの罪や弱さに繋がる根底の要素をカットしたのは驚きましたが、映画としてはよくまとまっていました。軍事SFでありながらアクション的というよりも思索的な内容で、頭を使う感じが心地よいです。頓挫しかけたが完成されて本当に良かった。
    いいね

    良い
  • itikoro
    小説は途中で挫折して未読のまま。アニメにした事は意義ある事だと思う。スタバ、アマゾン、現代っ子が登場する漫画の一コマに台詞が多めの劇画風アニメ映画って印象だった。1年経ったら世界がまた変容してその時見たら「古いよw」って思うのかな。
    いいね

    普通
  • tykhobluemoon
    『虐殺器官』伊藤計劃三部作の中で一番好きな作品だったので、めちゃめちゃ期待して観に行ったのですが… うーん、原作既読の人にも未読の人にもどちらにも優しくない中途半端な仕上がりになっているような。
    いいね

    残念
  • BlueZiraffe
    『虐殺器官』は正直映画より小説の方が面白そう。 随所に専門用語が出てき過ぎで、脳内で漢字変換が間に合わなかった。そこも追いきれたらもっと楽しめただろうに。
    いいね

    良い
  • BlueZiraffe
    先日見た『虐殺器官』、個人的には結構面白かった! 人には絶対に薦められないけど。 電脳とかSF要素は減るけど攻殻機動隊が好きな人は絶対に好きそうな。
    いいね

    良い
  • 96mazyo3
    後は他の方も仰ってましたが、小説なら許される(のか?)長い会話や口語説明がアニメ版でもそっくりそのまま何の工夫も無しに詰め込まれているので結構退屈。 だったら小説で良いじゃん。アニメにするなら画で説明しなきゃダメでしょ。
    いいね

    普通
  • 96mazyo3
    『虐殺器官』 原作の力が非常に大きい作品でした。刊行当時の世界情勢を取り込んだ近未来的世界観と未だ普遍的な社会問題に対するメッセージが強烈。 アニメとしては作画がカクカクだったり、原作の弱点である説明不足さを克服出来ず残念な出来
    いいね

    普通
  • METHIE34
    『虐殺器官』もう原作を読んだのは昔だし、内容も覚えてないところが多かったが良かった。ただ少し時代遅れたと思ったのは気のせいだろうか。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】虐殺器官みてた。○。幻詩狩り×脳×911後の身近な世界を特殊部隊視点で描いた作品といったら怒られるかな。長台詞で説明させるので退屈。意図的なのか全体が暗いのでわかりづらい。「月光」をもう少し上手く使えば良かったのに。
    いいね

    普通
  • overmanendwar
    『虐殺器官』予備知識無しで鑑賞。 メタルギア+ダークナイトみたいな感じ。メタルギアのあの説明演出はやっぱゲームだから許せるんだと再確認。アニメ的な快楽はなく実写でノーランにやって欲しかったなぁと。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...