TOP >作品データベース >サンローラン

サンローラン

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
53%
  • 良い
    12
  • 普通
    9
  • 残念
    2
総ツイート数
507
ポジティブ指数88
公開日
2015/12/4
原題
SAINT LAURENT
配給
ギャガ
上映時間
151分
解説/あらすじ
「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新 しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジ ャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは 1 枚のデザイン画も描けなくなってしまう──。
© 2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xxtonchiki
    『SAINT LAURENT サンローラン』#eiga #movie ただ評価が「残念」でないのは、ショーに登場するドレスの見事さゆえ!くすんでない。古くなっていない。見事だわ。
    いいね

    普通
  • xxtonchiki
    『SAINT LAURENT サンローラン』#eiga #movie それも人生なんて美なんて儚いものなんだってことを表現するためだったとしたら、その心意気や良しとも思うけど、でもなあ、やっぱ散漫になっちゃってるよなあ。
    いいね

    普通
  • xxtonchiki
    『SAINT LAURENT サンローラン』#eiga #movie ギャスパーが男前なもんだから観られてしまうけれど、この時間軸をあっちゃこっちゃにっていう手法は、どうなの?なんか折角なものが散漫になっちゃっているような気が。
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『SAINT LAURENT サンローラン』ピエール・ニネの方が雰囲気が近い?でもギャスパーの方が男前?レア・セドゥやルイ・ガレルなどキャストが豪華。ルイ・ガレルなんてガチホモにしか見えない。本作の方がアーティスティックな作りかな
    いいね

    普通
  • totiegu
    先に公開されたサンローラン映画とセットで観るといろいろ保管できそうな出来なさそうな『SAINT LAURENT サンローラン』 ヴィスコンティのミューズであるヘルムートバーガーが出てきて「え、イヴのお父さん役?」と思ったらイヴの最晩年姿だった(あんま似てない #twcn
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <SAINT LAURENT サンローラン>象徴的に、『サンローランは永遠です』な →  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=79469606&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • kerakuten
    『SAINT LAURENT サンローラン』ファッションは一人の天才の閃きと、それを支えるバックヤードのスタッフの汗でできてるんだな。ただ、どぎついゲイ描写はデートやファミリーで観るのはキツイかも。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『SAINT LAURENT サンローラン』ひたすら退屈だった。途中で席を立たずにラストまで観た自分に拍手(^_^;)
    いいね

    残念
  • sa9237a
    『SAINT LAURENT サンローラン』昨年観た『イヴ・サンローラン』のほうが内容も衣装もよかったな。こっちは尺が長い割に内容は薄く、酒とたばことドラックに明け暮れたどうしようもない奴に高いブランド買わされていたのかって思うと。
    いいね

    残念
  • 624ken
    TOHOシネマズシャンテで『SAINT LAURENT サンローラン』を鑑賞。イブ・サンローランかっこいいね。美しき華やかな世界が生々しい。映像美で魅せてくれます。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『SAINT LAURENT サンローラン』財団の後援がないせいかコレクションシーンは少な目。ピエールさんとの関係についても控え目。クローゼットから出てくる所は暇をもて余した神々か!と思いました。長くて疲れるわりに物足りなさを感じる
    いいね

    普通
  • kiyokiyo1222
    『SAINT LAURENT サンローラン』@シネパレス|クチュールの成功こそサンローランの喜びであること、彼の素行がどうであれ…。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <SAINT LAURENT サンローラン>時系列が入り組んだ構成で、情景の断片を覗き見気分。彼のことを知らないと、目の前で何が起きたのか分からないけど、それでも彼の手が美しさを生み出す瞬間に目を奪われる。『記憶に残る』という永遠。
    いいね

    良い
  • asanishi_masa
    『SAINT LAURENT サンローラン』時間を織る、編集の妙。未来と過去、記憶と夢想は複雑に脈絡しているものだから。時間はできごとを冷徹に物語るだけだ。ヘルムート・バーガーと ドミニク・サンダがひとつの映画にいるだけで高揚した。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『SAINT LAURENT サンローラン』ピエール・ニネ版がランウェイなら、こちらは限りなくバックステージ!取り憑かれたような独自の拘りや嗜好が伺える内容。モンドリアンをイメージした分割画面も面白い。生活そのものがオピウムだった!
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『SAINT LAURENT サンローラン』@シャンテ♪去年のイヴ・サンローランをぎゅっとしただけのような気もするけど、最後のあの顔は意外すぎてずるい。 理解できないからこそ興味を惹かれる何かがあるんだろうなぁと思う。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【サンローラン】続) YSLのロゴそのものの様な眼鏡顔と華奢な体格線のG.ウリエル。挟むJ.レニエ=ピエールとL.ガレル=ジャック。二人の男の対照的かつ圧倒的な存在感。特にL.ガレルは男色の香りを危ないくらい放っていて見事。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【サンローラン】女性を誰よりも美しく着飾らせられるデザイナーの性的嗜好が女性に向いていない不思議。ファッション控え目。仕事ぶりとプライベートをサラリと窺わせる巧みなカット。時系列シャッフル激しい終盤は何とも幻惑的だった。 #映画
    いいね

    良い
  • garancear
    『SAINT LAURENT サンローラン』ドキュメンタリー含めると3本目のサンローラン映画。ぐっとインモラルでドラッグ酒セックスに堕ちていく。懐古シーンでH・バーガー。観念的な場面が多く好みでもないが、本人にフォーカスしており危うい魅力はギャスパー・ウリエルが勝る。 #映画
    いいね

    普通
  • towa0809
    『SAINT LAURENT サンローラン』試写会。どうしても『イヴ・サンローラン』と比べてしまうが、ストーリーも衣装も『イヴ・サンローラン』の方が好みだ。ギャスパー・ウリエルも悪くはないが、ピエール・ニネは圧倒的にハマり役だった。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...