TOP >作品データベース >火の山のマリア

火の山のマリア

みんなの感想/評価
火の山のマリア
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
72%
  • 良い
    8
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
353
ポジティブ指数92
公開日
2016/2/13
原題
Ixcanul
配給
エスパース・サロウ
上映時間
93分
解説/あらすじ
 
(C)LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『火の山のマリア』ラストのどんでん返しが面白い。マリアの媚を売らない仏頂面がいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『火の山のマリア』グアテマラの先住民族の娘が夫となる男が都会へ出稼ぎに行っている間に与太者とセックスして子供を孕んでしまい、母親は堕ろそうといろいろなことをやるのだけれど、お腹の子は大きくなるばかり。とある日になんかの呪いをやっている最中に蛇に噛まれれて都会の病院へ。
    いいね

    良い
  • xsizuku
    『火の山のマリア』 一定の福祉策はあるものの言葉がわからないために恩恵に預かることができない先住民や、米国を目指す若者たちという現代的な描写と、「大地に生きるたくましい母」という伝統的描写が合わさって、興味深い作品になっていた。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『火の山のマリア』なにげに観ていたオープニングでのブタの酒飲ましてやらせるシーンがあとあと効いてくるんだだな。不条理というかやるせなさもあるけれど、うーんだからどう思えばいいのかよくわからんなあ。彼らは彼らなんだろうに。
    いいね

    残念
  • SARUCO1013
    『火の山のマリア』娘の不憫さが、母の一転した態度で胸おろせた。母は強い。何としてでも生きていく。そこで生まれ育ち、一生を終えていく人の方が、やはり多数なのだろうか。またひとつ、そんな世界を見た。そこを出ようとする者がいることも。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『火の山のマリア』鑑賞。馴染みのないグアテマラ先住民家族の小さな話だが、そこに普遍的な母なる女性の熱いエナジーと悲しみを見る。出身監督ならではの暮らしに寄り添う映像と語り口。母親の存在感が素晴らしい。終盤さらにある闇を知る衝撃。マリアは何を思うのか、ずっと心に残りそうな作品。
    いいね

    良い
  • lrdpisn
    『火の山のマリア』以前はピンと来なかったけど見返してみて気づいたのは、このタイプの物語でマリアを抑圧する側に立ちそうな両親が彼らなりに娘を守ろうとしている時に、それを阻むのが「伝統的価値観」とかではなく「スペイン語社会」なんだなと。
    いいね

    良い
  • ZEROtatsuya
    『火の山のマリア』火山の近くに住む、マヤ族の末裔の家族。過酷な環境の中で下衆の子を妊娠してしまった主人公。神々と精霊の中で暮らす慎ましい生活は映画として面白いが、果たしてこれを観て何を思うべきなのか?1800円満点で1100円。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【火の山のマリア】望まぬ妊娠に右往左往する娘と母、家族の姿には大地との折り合いを付けようとする様なマヤ系原住民の野性味さえ感じたが終盤の意外な問題提起が全く違う色に塗り替える。貧富や男尊女卑の越えられぬ壁が何とも割り切れぬ。 #映画
    いいね

    良い
  • lrdpisn
    『火の山のマリア』火山というドラマチックな舞台が期待してたよりも印象的には感じられなかったな。カメラが人間よりに映しているように思えた。シチュエーション自体は普遍性のあるものなので、親が娘の味方になるのが言い方変だけど、意外だった
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『火の山のマリア』グアテマラのマヤ族の抱える様々な問題が凝縮されている。貧困の前に人権も自由も奪われる様は見ていて胸が痛くなる。ブタの種付けからしてメタファーの塊。いつ噴火する分からない火山の胎動も、マリアの内面とリンクするようだ。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • takora1973
    『火の山のマリア』観た。グアテマラのド田舎でも今どきの女子は背伸びをするもの…妊娠を知ったおかあさんの対応の変化と娘に対する愛情あるやり取りがいい感じで実はおかあさん映画?と思ったが終盤の実際にあるらしい現実を突きつける展開に唖然。マヤの少数民族の風習や火山の風景も印象深い。
    いいね

    良い
  • wakky55
    マヤ民族の母と娘を描いた物語。途中の両親の態度の変化に、これは案外いい方向に進むのか…と一瞬期待したのだけれど、知らず識らずのうちに奪われ選択肢も選択権もなく着地する。ベールの奥に隠れたマリアの表情にやり切れない、割り切れない思いを抱く。>『火の山のマリア』
    いいね

    良い
  • wakky55
    岩波ホールで『火の山のマリア』観た。日本で公開される初めてのグアテマラ映画だそう。終盤のある出来事に驚いていたのだけど、実際に社会問題にもなっているそうで、相変わらず私は何も知らないのだなあということを思い知る。 https://t.co/ckIP6PYYoY
    いいね

    良い
  • ausnichts
    はてなブログに投稿しました #はてなブログ 「火の山のマリア/ハイロ・ブスタマンテ監督」出だしはやや退屈ですが、中盤からはお母さんの存在感に惹きつけられ、そしてラストは「そっちか!?」… https://t.co/wAkBH17gKd
    いいね

    良い
  • noraneko285
    昨日レビューをUPした「コインロッカーの女」と「火の山のマリア」は共に母娘もの。同じモチーフでも国もジャンルも違うのだけど、物語の根底に流れるものはやはり共通している。 #映画 #eiga
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「火の山のマリア」ショートレビューUP!中米グアテマラの火山地帯に暮らす、マヤ族の母娘を描くハードなヒューマンドラマ。望まぬ結婚を目前にして、娘は別の男の子を妊娠してしまい、予期せぬ過酷な運命に翻弄される。 https://t.co/P8fnes91YF #映画 #eiga
    いいね

    良い
  • noraneko285
    ショートレビュー「火の山のマリア・・・・・評価額1600円」 https://t.co/2R9eNaY50e
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「火の山のマリア」特徴的なのは男尊女卑的な社会の中で男たちの存在感の無さで、何となく「ウィンターズ・ボーン」を思い出した。豊穣の大地を生む火山は、命を生み出す女性のメタファー。今は厳しい現実に翻弄されるマリアも母も、マグマを胎動させ、噴火の時を待つ火山なのだ。#映画 #eiga
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「火の山のマリア」中米グァテマラの火山地帯にある、先住民マヤ族の社会を舞台にしたハードなヒューマンドラマ。小作農の娘マリアは、金持ちの地主と結婚が決まっていたが、地元のロクデナシの子を妊娠してしまう。物語の軸となるのは、マリアと彼女を守ろうとする母親との関係だ。#映画 #eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    2318movies / tweets

    follow us