TOP >作品データベース >フランス組曲

フランス組曲

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    44
  • 普通
    10
  • 残念
    1
総ツイート数
814
ポジティブ指数96
公開日
2016/1/8
原題
Suite Francaise
配給
ロングライド
上映時間
107分
解説/あらすじ
1942年にアウシュビッツでその生涯を閉じた女性作家イレーヌ・ネミロフスキーによる未完の小説を、「マリリン 7日間の恋」のミシェル・ウィリアムズ主演で映画化。「ある公爵夫人の生涯」のソウル・ディ...
Photo: Steffan (C)2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『フランス組曲』ナチスに占領されたフランス田舎町で起こる立場を越えた愛。映画はさておき、原作はアウシュビッツで命を落とした女流作家の未完の作品。疎開先で執筆された原稿と母の想いを娘が守り抜き、60年後に出版される。その奇跡に惹かれる
    いいね

    良い
  • polalain
    『フランス組曲』原作を読んでみるべきか。作品の原稿を家族が大事に保管していて、原稿がエンドロールに写しだされて一段と気分が重く。スーナールツ演じるドイツ中尉が繊細すぎて、切なく。
    いいね

    普通
  • momomikan0608
    『フランス組曲』#eiga 切ない悲恋物語。アウシュヴィッツで亡くなったユダヤ女性作家の遺作と知ると尚更に。作者は過酷な運命の中でも、人の愛情と良心を信じていたのでは。最近はこういうナチスドイツを違う角度で描いた映画が増えたと思う。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『フランス組曲』第二次大戦下に出会った禁じられた恋。言葉にしなくても目を合わせれば通じ合う。視線で愛し合う二人に泣けた http://eiga-suki.blog.jp/archives/suitefrancaise2.html
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『フランス組曲』メロドラマ的な感じかと思っていたら意外に重い。重い内容ながら、サラリとしているけれど、アウシュビッツで亡くなった原作者の、それでも人を信じようという思いは伝わってきた。マティアス・スーナールツの切なさがいい♡
    いいね

    良い
  • renn6161
    『フランス組曲』フランスに侵攻してきたドイツ兵と恋に落ちる人妻。こう書くと陳腐だがM・ウィリアムズとM・スー・ナールツの2人が演じるといい。時代背景に緊張感が漂う中、優しいピアノの音色と人々がどう生きるかを模索する姿が描かれて良作。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『フランス組曲』#eiga #movie ・・・にしても、ラストだ。ラストのあの文字!!!
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『フランス組曲』#eiga #movie 「戦争はその人間の本質を露わにする」。そうだろうなあ。かろうじて平和な時代に暮らす幸せを想いつつミシェル・ウイリアムズのもちゃっとした垢ぬけぬ魅力について考える。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『フランス組曲』#eiga #movie それにしてもクリスティン・スコット・トーマスはいい女優になった!しつこいけれど彼女はPRINCEの相手役として世に出たんだよ~~う!
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『フランス組曲』#eiga #movie またおフランスだもの、「愛こそ全て、ドロドロ」ムービーと思っていたわたくし、反省。いやラブストーリーではあるけれど、それだけじゃない。かといって重いだけでもなく。ラストで鳥肌。
    いいね

    良い
  • orange_sorbet
    『フランス組曲』良かった!戦争がなければ出会わなかった惹かれ合う2人、蹂躙されながらも必死に生きようとする人々。反戦への強い思いが胸に残る。マティアス・スーナールツの苦悩する横顔が忘れられない。K・S・トーマスに泣かされた。
    いいね

    良い
  • kaxtukori
    『フランス組曲』こりゃー恋に落ちるしかないじゃなーい、という設定なんだけど。反戦映画であった。結局は知性がすべてってことかな…
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『フランス組曲』アウシュビッツに散った作家が残した禁断のラブストーリー。夫の帰還を待つフランス女性とドイツ軍中尉の禁断の愛…戦争がなければ、こうはならなかった。そう思うと戦争とは愚かで、くだらない行為だ。恋愛物語でもあるけど反戦映画
    いいね

    普通
  • sweetest___kill
    『フランス組曲』脇を固める俳優も好きな人ばかりだったんだけど、サムライリーに似てるなと思ってたら本人だった。あとクリスティンスコットトーマス最後の行動にちょっとウルっと来ました。しかし英語にはやはり違和感を感じざるを得ない。
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『フランス組曲』予告から戦時下のメロドラマ的なものを想像してましたが、思ってたより良かった。全編に漂う切ない空気と戦争の緊張感で中だるみも全くなく見られました。これがアウシュビッツで書かれたと思うと余計切ない。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <フランス組曲>原作者がどういう想いでこの作品を綴っていたのだろう、と http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=79581309
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『フランス組曲』占領下フランス田舎の情景は目新しい、戦闘機や戦車などの再現度もなかなかでヨーロッパ映画を感じさせる佳作。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】フランス組曲みてた。◎。地主の家に嫁に来た主人公が継母の支配下で暮らしている屋敷に駐留してきた元作曲家のナチの中尉が滞在することになって、しかも出征中の夫は……という話。途中までは退屈、というか、恋愛物だったのでどうしたもんか
    いいね

    良い
  • ks_ngsk
    『フランス組曲』、事前知識なく観ましたが、よかった♪フランスで活動したイレーヌ・ネミロフスキーの小説の映画化でした。ユダヤ人であった彼女がポーランドのアウシュビッツへ収監される前に執筆した未完作。フランス人とドイツ人の悲しい恋物語。
    いいね

    良い
  • kyoku_shin
    『フランス組曲』★★★★★★★☆☆☆・・・快作
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...