TOP >作品データベース >サウルの息子

サウルの息子

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    109
  • 普通
    15
  • 残念
    7
総ツイート数
6,196
ポジティブ指数89
公開日
2016/1/23
原題
Saul Fia
解説/あらすじ
1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見する。少年はすぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する。
© 2015 Laokoon Filmgroup
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • maru_a_gogo
    『サウルの息子』主人公の行動を淡々とカメラが追う映像。詳しい説明はないが伝わる。残虐なシーンはないけど緊迫感がある。絶望的な状況にあって、主人公が貫こうとしている思いが切ない😢ラストも結構驚愕の展開。ルーリグゲーザが良い。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『サウルの息子』序盤、あの悲鳴に無反応・無表情だった男が、子供の死体に見せた反応。以降は全編「お前、この状況下でそんな勝手に動き回ったら…!」のハラハラ。そしてラストシーンの読み解き…不謹慎かもだけど、ちゃんと「面白い」内容でした。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『サウルの息子』閉ざされたサウルの意識そのものの様なカメラで追う、永遠にも思えるロングショット。スクリーンを支配する無表情とボケたディテールに加え、何よりも確然とした輪郭の音声。曖昧である事がこんなにも絶望的な残酷さを演出するとは。
    いいね

    良い
  • boushi24
    『Saul fia』実際あった題材で、それは恐ろしすぎて、感想が書きづらいが、あくまでも映画。フィクション(創作)なのだと思う。ラビが偽物だったり、ひょこっと少年が出てきたりするところやラストに映画を感じる。
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『サウルの息子』#eiga ガス室で息絶えた「息子」を葬る為に奔走するカポーの物語。彼の背中と狭められた視野に隠れ、私達は陰惨な光景を明確に見ることはありません。自ら享受出来ないと知りながら、彼は「希望」に縋り続けた、そう思います。
    いいね

    良い
  • shoukichissu
    『サウルの息子』DVDで。ナチスやホロコーストを扱った映画はほとんど観たこと無いのだけれど、こういう映画見た後は少しは歴史の勉強をしようかなと思う。子どもが大きくなったら見せたいかも。
    いいね

    良い
  • mytako21
    『サウルの息子』★★★★★
    いいね

    良い
  • ryoma_in1997
    『サウルの息子』ホロコースト疑似体感ムービー。主人公の肩ごしにぼんやりと見える映像が恐怖を増幅している。
    いいね

    良い
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『サウルの息子』 ☆☆☆★★
    いいね

    普通
  • otonateikokua
    『サウルの息子』サウルが息子か分からない子供を埋葬するのに、狂気的に執念を募らせるだけ、最後良く分からない
    いいね

    普通
  • hrhtito
    『サウルの息子』サウルの行動しかり、サウルに密着した特徴的なカメラワークしかり、あまりに説明不足で何が何だか理解がついていかないまま終わってしまった。サウルの頭越しにぼんやりと映し出される情景が異常すぎるっていうことはわかったけれど
    いいね

    普通
  • adusan31
    『サウルの息子』ー。人間でいることを奪い取る状況の中で、それでも人間でありたいと願ったのか。 ラストが印象的。息をすることを忘れてしまう映画。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『サウルの息子』ー。息子は本当に息子だったのか。でも多分そんなことはどうでもよくて。何としても彼を埋葬したいと無謀な奔走をしたサウル。狂気的な執念。極限な日々の中で、それでも彼に何かを託さずにはいられなかったのか。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『サウルの息子』ー。一切の説明を排除し、そしてカメラのピントはほとんどサウルにしか合っていない。セリフも全ては訳されない。断片的に映される異常な日常。断片的であるからこそ、その異常性が迫る。
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『サウルの息子』観た。何がなんだか…サウルをずっと映してるから余計にわけがわからん。ただただ息子の埋葬したい、というだけの話を延々終盤以外特に盛り上がることもなくされても…。ユダヤ迫害が題材だったらめくら的に高評価になってない?
    いいね

    残念
  • kenkenj1
    予備知識なく見始め、途中で状況説明もないのでイライラ。独特なカメラワークと画角とサウルの無表情と子供を埋葬しようとする執念が理解できずまたもイライラ。すごく残酷なシーンがたっぷりだけどうまい具合のボケが逆に怖い。でもやっぱり映画はエンターテイメントがいいな。最後の笑顔は印象的。
    いいね

    普通
  • adzukiaddict
    『サウルの息子』見ようかどうしようかずいぶんと迷ったのですが、見て良かった。こんなカメラワークの映画は、初めてです。セリフはほとんどなく、サウルの息遣いで物語るお話でした。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『サウルの息子』鑑賞。あー、たいへんだったんだね、というのが素直な感想。あまりに主観的すぎて、それ以上の感想は持てなかった。
    いいね

    残念
  • campanello9720
    『サウルの息子』殆どの映像がサウルに向けて作られている。最後の少年登場に生きている息子に会えたかのような笑顔で、最後小屋からの銃声で幕切れ。こんな事が2度と起きないためにも伝えていかなくてはならない作品。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『サウルの息子』二度見るのはつらいけど一度は見るべき映画。冒頭からピントが合ってないような独特の映像が続きサウルに焦点が合うことで見てる側もサウルとともに映像の中で体験してるかのように。あれは本当に息子だったんだろうか。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...