TOP >作品データベース >蜜のあわれ

蜜のあわれ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
72%
  • 良い
    26
  • 普通
    6
  • 残念
    5
総ツイート数
3,470
ポジティブ指数91
公開日
2016/4/1
解説/あらすじ
自分のことを「あたい」と呼び、まあるいお尻と愛嬌のある顔が愛くるしい赤子(二階堂ふみ)は、共に暮らす老作家(大杉漣)を「おじさま」と呼んで、とめどないおしゃべりをして毎日を過ごしている。ふたりはかなりきわどいエロチックな会話を繰り返し、夜は身体をぴったりとくっ付けて一緒に寝たりもする。しかしなにやら様子がおかしい。赤子は普通の女とは何かが違う。普通の人間には彼女の正体がわからず、野良猫には正体がバレてしまう。そう、彼女はある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる真っ赤な金魚…。そんな赤子と老作家が静かに暮らしている中、少々怪しげな老作家の“過去の女”が現れて…。
© 2015『蜜のあわれ』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • brindledcat
    『蜜のあわれ』金魚と老作家の恋。不思議な話。これ、舞台で観たら、もっとハマるなぁと思ってしまった。
    いいね

    普通
  • WaseiG
    『蜜のあわれ』鑑賞。いわゆる新劇的な俳優たちの演技は、現代劇だと浮いてしまうことが珍しくないけれど、これが雰囲気作りに巧く使われている。この時代の物語は、こういう演技でないと!と思う。気障でもある台詞もしっくりくる。
    いいね

    普通
  • yyykkkooosss
    『蜜のあわれ』 可愛らしくファンタスティックで映像が美しく、石井岳龍監督の描く世界観にどーーっぷり漬かれた、ふわふわ夢見心地な時間に、ただただ酔いしれた。二階堂ふみさんと大杉漣さん、役者二人の魂のぶつかり合いのような作品にも感じた。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『蜜のあわれ』石井岳龍監督の「シャニダールの花」も幻想的で美しかった。昭和の文豪室生犀星の儚き人の世をここまで見せてくれてまたしても驚き。役者の力量も大きいがぐるりぐるりと回るカメラは誰の目線だろう。永瀬正敏、いい男だねえ。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『蜜のあわれ』金魚の二階堂ふみちゃんが何ともコケティッシュでカワイイ金魚でぴったりな役柄なのだが、高良健吾扮する芥川龍之介がハマり過ぎてて眼福もので少ない登場シーンを待ちわびるよw
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『蜜のあわれ』死を目前にした、生(それは性でもあり、残した作品でもある)への未練や心残り。自分も思い残すことなく人生を終えたいけれど、きっとたくさん残していくことになるのだろうなあと思ったり...二階堂ふみが本当に金魚っぽくて素敵。
    いいね

    普通
  • hinamyon
    『蜜のあわれ』老作家の妄想世界で繰り広げられる二階堂ふみお色気ショーだった。お話はぼんやりふわふわ進むので男性はいつまでたっても女の尻をおいかけてるなぁくらいでさして記憶に残らないが二階堂ふみちゃんのお尻だけは鮮明に思い出せる。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『蜜のあわれ』石井聰亙改めて石井岳龍監督の新作。室生犀星の原作。いつも思うけど、やはり純文学は映像にはむかない。金魚と老作家と幽霊…そこに絡む若手作家の芥川龍之介と秘密を知っている金魚売りの男。エロチックで耽美で映像的には綺麗だけど
    いいね

    残念
  • totiegu
    テラフォーマーズ観たときも「あ、下衆の人だー」ってなって、今回も「あ、下衆の人だー」で終わっちゃった『蜜のあわれ』 高良さんは作りすぎだなって思ったが、雰囲気漂わせるのはさすがにウマイなって思いました #twcn
    いいね

    残念
  • ta2mix910remix
    『蜜のあわれ』my映画館2016#55》正に金魚の尾びれの様な浮遊感が心地良く、幻想美ならぬ幻想艶が印象的で、シュールで“あわれ”な終盤も納得。 そう、二階堂ふみは見事なハマり役で、対照的な真木よう子とのやり取りは実に楽しかった。
    いいね

    良い
  • kyoku_shin
    『蜜のあわれ』★★★★★☆☆☆☆☆・・・凡作 よう分からん寓話で、ふみっちの魅力だけを感じる作品。
    いいね

    普通
  • cinemaANDtravel
    『蜜のあわれ』ポップで可愛らしくてちょっとHで不思議な映画だなぁ、と思いながら見ていましたが、見終わった後は老人作家の妄想は儚くて美しくて寂しいな、と思いました。 http://bit.ly/1UjOgE0
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『蜜のあわれ』二階堂ふみは、ちょっとエロさを出してそれでいてしとやかさや悪さやコギャル感や奥深いものを含めてなんでもでき恐るべし。また狂い咲きサンダーロードとは似つかぬこのような作品を石井岳龍が撮ったという驚きも。 #スカパー映画部
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    『蜜のあわれ』妖艶過ぎる金魚こと二階堂ふみの踊りとお尻とセリフに惚れるための映画です。映像美だけで見ると満足。
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【蜜のあわれ】軽やかでポップなファンタジーでもあり、エロ文芸でもある奇妙な作品。妄想と現実をゆらゆらゆらめくヒレのように漂う世界観が魅力的で、演出の効果が抜群だった。配役もこれ以外に考えられないほどハマっていた。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『蜜のあわれ』二階堂ふみはコケティッシュな振舞いが嫌味なく、妖艶さをま纏っている感が。真木よう子演じる地味系の謎の女との掛け合いが楽しい。謎の金魚売り永瀬正敏も久々ににカッコいい。役者陣は総じて良いし虚実曖昧な世界観は面白いが文学原作ゆえか会話シーンが冗長で眠くなるのが残念。
    いいね

    良い
  • spau_39
    『蜜のあわれ』0413@バルト9
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『蜜のあわれ』 二階堂ふみの小悪魔的な演技と、大杉漣の初老の作家の翻弄されての慌てっぷりが、絶妙のハーモニー。 フェティッシュな画作りで、石井岳龍は熟達の境地を見せてくれた。
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『蜜のあわれ』大杉漣さん、いいですね。「いや、人間はね、七十だろうが八十だろうが豊富に性欲があるものなんだよ。皆、口に出さないんだな。性欲とは人間の美しさが殊更目に入ることだし、その美しさが人類に芸術をね・・・・・」
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『蜜のあわれ』☆☆☆☆+.生と性に執着が強い老作家の妄想の世界.金魚を体現した二階堂ふみはもはやバケモノの域だが,まわりの俳優陣(芥川を演じた高良健吾とか)もはまってる.
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...